119件中 61 - 70件表示
  • 和田毅

    和田毅から見た早稲田大学

    早稲田大学人間科学部に進学。1年秋、9月12日の東京大学戦で東京六大学初登板。同級生のトレーナーと試行錯誤を重ねて、フォームにさらに磨きをかけた。それにより高校時代には130km/hにも満たなかった球速が2か月で140km/hを超えるまでになっている。2年春から先発陣に仲間入りし、群を抜くペースで三振を奪い話題を集めた。また、打撃に優れ、高校時代はクリーンナップを務めた。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た首都大学野球連盟

    1991年(平成3年)、父の故郷島根県出雲市へ転居。父も大学時代日体大で活躍し、首都大学野球連盟リーグの首位打者1度・ベストナインに2度選出されている。実の弟は立教大学で活躍した。高校時代浜田高校のエースとして、1997年度の全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。初戦でエース・石川雅規を擁する秋田商と対戦。9回同点から満塁策をとるが、続く打者石川にも四球を与えてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。翌1998年(平成10年)度の全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農に勝利。続く3回戦で森本稀哲を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。次の準々決勝では古木克明を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。この前年の秋に上腕三頭筋を断裂していることもあり、この当時は120km/h程度しか出ていなかったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たACジャパン

    2005年から投球数×10本(勝利投手で20本加算、完封で30本加算)のワクチンを特定非営利活動法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」を通じて寄付している。2006年からはACジャパンのワクチン支援キャンペーンに選ばれ、2008年までCMが放送されていた(CMコピーは「僕は、続ける」)。これにより、2005・06年の2年間で10万本以上のワクチンを寄付している。この活動を評価され、第8回(2006年)ゴールデンスピリット賞を受賞した。JCV代表の細川佳代子は和田の活動に「寄付の革命を起こした」と高く評価している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た故障者リスト

    、スプリングトレーニングでは左ひじの違和感を訴え2試合の登板に終わり、4月3日にDL入りして開幕を迎える。その後は傘下のマイナーで調整を続けていたが、21日にスプリングトレーニング中に痛めた箇所とは違う箇所に左ひじ痛を発症。24日に左ひじ靭帯損傷が見つかり、5月1日のルイス・ヨーカムによるセカンドオピニオンでも左ひじ靭帯の部分断裂が確認され、11日にトミー・ジョン手術を受け、そのままシーズンを終えた。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た出雲大社

    、この年から出雲市内の少年野球チームを対象とした「和田毅杯少年野球大会」を私費で開催し、優勝チームは副賞として福岡ドーム開幕戦に招待している。トレーナーと正式に専属契約を結び、福岡ソフトバンクホークス初の開幕投手として勝利。その後12勝(8敗)をあげ、ホークスではの杉浦忠以来となる新人から3年連続の2桁勝利を達成。12月20日には入団4年目の選手の年俸としては松坂大輔の1億4000万円を抜いて史上最高額となる1億4500万円(推定)で契約更改。12月10日にタレント・女優の仲根かすみと入籍したことを発表。14日には出雲大社で挙式・出雲市内の某所で披露宴を行い、翌年9月13日には長女が誕生した。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た阪神タイガース

    、新人離れした投球術で1年目から先発ローテーションの一角を担い、優勝に貢献。14勝(5敗)を挙げ、新人王を満票で獲得。阪神タイガースとの日本シリーズでは3勝3敗で迎えた第7戦に先発し、史上初めて新人で完投し、日本一の胴上げ投手となった。年末のアジア野球選手権には出場。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た東京大学

    早稲田大学人間科学部に進学。1年秋、9月12日の東京大学戦で東京六大学初登板。同級生のトレーナーと試行錯誤を重ねて、フォームにさらに磨きをかけた。それにより高校時代には130km/hにも満たなかった球速が2か月で140km/hを超えるまでになっている。2年春から先発陣に仲間入りし、群を抜くペースで三振を奪い話題を集めた。また、打撃に優れ、高校時代はクリーンナップを務めた。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た全日本大学野球選手権大会

    同年の全日本大学野球選手権大会では決勝で木佐貫洋・永川勝浩擁する亜大に敗れ、明治神宮野球大会でも準決勝で東北福祉大に敗れ日本一は果たせなかった。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た大阪近鉄バファローズ

    初登板・初先発:2003年4月1日、対大阪近鉄バファローズ2回戦(大阪ドーム)、6回2/3を5失点で敗戦投手和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たオクタゴン・ワールドワイド

    は、2年ぶりの開幕投手に指名され、5月3日の楽天戦から7月6日の西武戦までプロ入り初の7連勝、8月3日のオリックス戦で通算100勝目を達成。シーズン中も杉内俊哉、D.J.ホールトン、攝津正らと並ぶ先発の柱としてフル稼働し16勝をあげ、11月3日のCS第1戦目に登板し勝ち投手となり、チームのリーグ連覇と8年ぶりの日本一に貢献した。11月30日にはこの年取得した海外FA権行使の申請を行った。会見ではメジャーリーグ全球団から先発として投げられることを優先して移籍先を探したいと述べ、アラン・ニーロを代理人とした。和田毅 フレッシュアイペディアより)

119件中 61 - 70件表示

「和田毅」のニューストピックワード