164件中 71 - 80件表示
  • 和田毅

    和田毅から見たシンシナティ・レッズ

    'はスプリングトレーニングに招待選手として参加したが、1先発を含む3試合の登板で7失点を喫した。3月23日に自由契約となり、翌24日に契約内容を変更したマイナー契約でカブスと再契約し、AAA級アイオワ・カブスで開幕を迎えた。開幕から2試合に先発し、13回1/3で7安打1失点の成績で、4月14日にはパシフィック・コーストリーグ4月第1週の週間MVPを受賞した。6月22日にメジャー契約となり40人枠入りした。ダブルヘッダー限定ルールにより即昇降格が可能な26人目のアクティブ・ロースターの補充選手として、7月8日にメジャー昇格し、同日のダブルヘッダー2試合目となったシンシナティ・レッズ戦に先発起用されメジャーデビュー。5回を投げ5安打、自責点なしの投球を見せたが、後続の投手が逆転され勝敗はつかなかった。7月9日にAAA級アイオワへ降格した。7月23日にメジャーへ再昇格。同日のサンディエゴ・パドレス戦に先発したが、4回を5安打5失点4四球の乱調でメジャー初黒星を喫した。7月28日のコロラド・ロッキーズ戦では7回1失点でメジャー初勝利を挙げた。その後は先発ローテーションに定着。この年は13試合に登板し、4勝4敗、防御率3.25だった。オフの11月3日にカブスと年俸400万ドル+出来高の1年契約に合意。翌シーズンから背番号を67から18'へ変更することも発表した。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たACジャパン

    チャリティ活動に意欲的で、2005年から投球数×10本(勝利投手で20本加算、完封で30本加算)のワクチンを特定非営利活動法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」を通じて寄付している。2006年からはACジャパンのワクチン支援キャンペーンに選ばれ、2008年までCMが放送されていた(CMコピーは「僕は、続ける」)。これにより、2005・06年の2年間で10万本以上のワクチンを寄付している。この活動を評価され、第8回(2006年)ゴールデンスピリット賞を受賞した。JCV代表の細川佳代子は和田の活動に「寄付の革命を起こした」と高く評価している。また、2011年8月30日に福島県高野連へマイクロバス1台を寄贈する事を発表した。それ以外にも、出雲市の青少年スポーツ振興に毎年300万円を寄付している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たシカゴ・カブス

    2013年12月19日にシカゴ・カブスとマイナー契約を結んだことが発表された。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た埼玉西武ライオンズ

    初勝利・初先発勝利:2003年4月9日、対西武ライオンズ2回戦(北九州市民球場)、6回5被安打無失点和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たタレント

    和田 毅(わだ つよし、1981年2月21日 - )は、島根県出雲市出身のプロ野球選手(投手)。福岡ソフトバンクホークスに所属。左投左打。夫人は元グラビアアイドルで元タレントの仲根かすみ。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たグラビアアイドル

    和田 毅(わだ つよし、1981年2月21日 - )は、島根県出雲市出身のプロ野球選手(投手)。福岡ソフトバンクホークスに所属。左投左打。夫人は元グラビアアイドルで元タレントの仲根かすみ。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たセカンドオピニオン

    ''、スプリングトレーニングでは左ひじの違和感を訴え2試合の登板に終わり、4月4日に15日間の故障者リスト入りして開幕を迎える。その後は傘下のマイナーで調整を続けていたが、21日にスプリングトレーニング中に痛めた箇所とは違う箇所に左ひじ痛を発症。24日に左ひじ靭帯損傷が見つかり、5月1日のルイス・ヨーカムによるセカンドオピニオンでも左ひじ靭帯の部分断裂が確認され、7日に60日間の故障者リストへ異動。11日にトミー・ジョン手術を受け、そのままシーズンを終えた。オフの11月2日に故障者リストから外れた。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た首都大学野球連盟

    1991年(平成3年)、島根県出雲市へ転居。高校は父の実家に近い浜田高校に進学する。なお父は日本体育大学時代、首都大学野球連盟リーグで首位打者1回・ベストナインに2度選出されている。実弟も立教大学で活躍後、2016年には浜田高校硬式野球部監督に就任している。浜田高校では度の第79回全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。初戦でエース・石川雅規を擁する秋田商業高校と対戦。3対1と2点リードで迎えた9回裏、連打を許し無死1、2塁から、3塁線への送りバントを和田が1塁へ悪送球、カバーに入った右翼手も悪送球する間にランナー2人が生還、同点に追い付かれると同時にバントしたバッターも3塁に達し、続く2人を敬遠し満塁策をとるも、続く打者石川にストレートの四球を与えてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。翌(平成10年)度の第80回全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農業高校に勝利。続く3回戦で森本稀哲を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。次の準々決勝では古木克明を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。前年の秋に上腕三頭筋を断裂していたこともあり、直球はこの当時120km/h程度であったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た故障者リスト

    ''、スプリングトレーニングでは左ひじの違和感を訴え2試合の登板に終わり、4月4日に15日間の故障者リスト入りして開幕を迎える。その後は傘下のマイナーで調整を続けていたが、21日にスプリングトレーニング中に痛めた箇所とは違う箇所に左ひじ痛を発症。24日に左ひじ靭帯損傷が見つかり、5月1日のルイス・ヨーカムによるセカンドオピニオンでも左ひじ靭帯の部分断裂が確認され、7日に60日間の故障者リストへ異動。11日にトミー・ジョン手術を受け、そのままシーズンを終えた。オフの11月2日に故障者リストから外れた。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た出雲大社

    ''、この年から出雲市内の少年野球チームを対象とした「和田毅杯少年野球大会」を私費で開催し、優勝チームは副賞として福岡ドーム開幕戦に招待している。トレーナーと正式に専属契約を結び、福岡ソフトバンクホークス初の開幕投手として勝利。その後12勝(8敗)をあげ、ホークスではの杉浦忠以来となる新人から3年連続の2桁勝利を達成。12月20日には入団4年目の選手の年俸としては松坂大輔の1億4000万円を抜いて史上最高額となる1億4,500万円(推定)で契約更改。12月10日にタレント・女優の仲根かすみと入籍したことを発表。14日には出雲大社で挙式・出雲市内の某所で披露宴を行い、翌年9月13日には長女が誕生した。和田毅 フレッシュアイペディアより)

164件中 71 - 80件表示

「和田毅」のニューストピックワード