119件中 81 - 90件表示
  • 和田毅

    和田毅から見たフォークボール

    ボールの出所が見えにくい独特のフォームから最速148km/hのストレートとスライダー、チェンジアップ、カーブを投げ分ける。スライダーは横変化だけでなく縦変化のものも駆使し、2010年までは被打率1割台を記録するフォークも交えていた。日本での通算与四球率2.46とストライクゾーンに集める能力はある一方で逆球も多く、やや球質が軽く本塁打を浴びやすい。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た新潟県立新発田農業高等学校

    1991年(平成3年)、父の故郷島根県出雲市へ転居。父も大学時代日体大で活躍し、首都大学野球連盟リーグの首位打者1度・ベストナインに2度選出されている。実の弟は立教大学で活躍した。高校時代浜田高校のエースとして、1997年度の全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。初戦でエース・石川雅規を擁する秋田商と対戦。9回同点から満塁策をとるが、続く打者石川にも四球を与えてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。翌1998年(平成10年)度の全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農に勝利。続く3回戦で森本稀哲を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。次の準々決勝では古木克明を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。この前年の秋に上腕三頭筋を断裂していることもあり、この当時は120km/h程度しか出ていなかったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た最優秀新人 (日本プロ野球)

    、新人離れした投球術で1年目から先発ローテーションの一角を担い、優勝に貢献。14勝(5敗)を挙げ、新人王を満票で獲得。阪神タイガースとの日本シリーズでは3勝3敗で迎えた第7戦に先発し、史上初めて新人で完投し、日本一の胴上げ投手となった。年末のアジア野球選手権には出場。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た福岡市地下鉄七隈線

    福岡市地下鉄七隈線開通時にはイメージキャラクターとして起用されたが、当時チームのオーナー企業が移行時期で新しいユニフォームが間に合わず、スーツ姿でポスターに登場したというエピソードが残っている。また同線では彼のヘッドマークをつけた車両が走ることもある。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た亜細亜大学

    同年の全日本大学野球選手権大会では決勝で木佐貫洋・永川勝浩擁する亜大に敗れ、明治神宮野球大会でも準決勝で東北福祉大に敗れ日本一は果たせなかった。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たスライダー (球種)

    ボールの出所が見えにくい独特のフォームから最速148km/hのストレートとスライダー、チェンジアップ、カーブを投げ分ける。スライダーは横変化だけでなく縦変化のものも駆使し、2010年までは被打率1割台を記録するフォークも交えていた。日本での通算与四球率2.46とストライクゾーンに集める能力はある一方で逆球も多く、やや球質が軽く本塁打を浴びやすい。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た島根県立浜田高等学校

    1991年(平成3年)、父の故郷島根県出雲市へ転居。父も大学時代日体大で活躍し、首都大学野球連盟リーグの首位打者1度・ベストナインに2度選出されている。実の弟は立教大学で活躍した。高校時代浜田高校のエースとして、1997年度の全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。初戦でエース・石川雅規を擁する秋田商と対戦。9回同点から満塁策をとるが、続く打者石川にも四球を与えてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。翌1998年(平成10年)度の全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農に勝利。続く3回戦で森本稀哲を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。次の準々決勝では古木克明を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。この前年の秋に上腕三頭筋を断裂していることもあり、この当時は120km/h程度しか出ていなかったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た週刊和田毅 WATTI RADIO

    週刊和田毅 WATTI RADIO(オフシーズンに自らパーソナリティを務めるKBCラジオの番組)和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た人間科学部

    早稲田大学人間科学部に進学。1年秋、9月12日の東京大学戦で東京六大学初登板。同級生のトレーナーと試行錯誤を重ねて、フォームにさらに磨きをかけた。それにより高校時代には130km/hにも満たなかった球速が2か月で140km/hを超えるまでになっている。2年春から先発陣に仲間入りし、群を抜くペースで三振を奪い話題を集めた。また、打撃に優れ、高校時代はクリーンナップを務めた。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たチェンジアップ

    ボールの出所が見えにくい独特のフォームから最速148km/hのストレートとスライダー、チェンジアップ、カーブを投げ分ける。スライダーは横変化だけでなく縦変化のものも駆使し、2010年までは被打率1割台を記録するフォークも交えていた。日本での通算与四球率2.46とストライクゾーンに集める能力はある一方で逆球も多く、やや球質が軽く本塁打を浴びやすい。和田毅 フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「和田毅」のニューストピックワード