164件中 81 - 90件表示
  • 和田毅

    和田毅から見た阪神タイガース

    ''、1年目から先発ローテーションの一角を担い、チームの優勝に貢献。14勝(5敗)を挙げ、新人王を満票で獲得。阪神タイガースとの日本シリーズでは3勝3敗で迎えた第7戦に先発し、史上初めて新人で完投し、日本一の胴上げ投手となった。年末のアジア野球選手権には出場。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たコロラド・ロッキーズ

    'はスプリングトレーニングに招待選手として参加したが、1先発を含む3試合の登板で7失点を喫した。3月23日に自由契約となり、翌24日に契約内容を変更したマイナー契約でカブスと再契約し、AAA級アイオワ・カブスで開幕を迎えた。開幕から2試合に先発し、13回1/3で7安打1失点の成績で、4月14日にはパシフィック・コーストリーグ4月第1週の週間MVPを受賞した。6月22日にメジャー契約となり40人枠入りした。ダブルヘッダー限定ルールにより即昇降格が可能な26人目のアクティブ・ロースターの補充選手として、7月8日にメジャー昇格し、同日のダブルヘッダー2試合目となったシンシナティ・レッズ戦に先発起用されメジャーデビュー。5回を投げ5安打、自責点なしの投球を見せたが、後続の投手が逆転され勝敗はつかなかった。7月9日にAAA級アイオワへ降格した。7月23日にメジャーへ再昇格。同日のサンディエゴ・パドレス戦に先発したが、4回を5安打5失点4四球の乱調でメジャー初黒星を喫した。7月28日のコロラド・ロッキーズ戦では7回1失点でメジャー初勝利を挙げた。その後は先発ローテーションに定着。この年は13試合に登板し、4勝4敗、防御率3.25だった。オフの11月3日にカブスと年俸400万ドル+出来高の1年契約に合意。翌シーズンから背番号を67から18'へ変更することも発表した。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た読売ジャイアンツ

    ''4月8日の千葉ロッテマリーンズ戦で自己最多である15奪三振(9回1失点完投勝利)を記録。6月12日の読売ジャイアンツ戦で交流戦最多の通算18勝目を挙げる。6月26日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で3年ぶりの10勝を挙げ、オールスターには監督推薦で選出されて6年ぶり3度目の出場となった。9月8日の楽天戦で自己最多更新の15勝目を挙げた。ロッテ戦では24イニング無失点を記録。9月23日のロッテ戦で17勝目を挙げ、新人王以来となるタイトル、自身初の最多勝を獲得しチームの7年ぶりの優勝に大きく貢献。初のMVP・ベストナインにも選出された。この年はチームメイトの杉内俊哉も16勝を挙げ、の中日の今中慎二、山本昌(共に17勝)以来17年ぶり、パ・リーグではの大毎オリオンズの小野正一(22勝)、荒巻淳(17勝)以来51年ぶり、球団としては南海時代のの中谷信夫(21勝)、柚木進(19勝)して以来62年ぶりとなる同一チームの左腕2投手での15勝以上を記録。リーグ優勝を決めた最終戦では監督の秋山幸二、主将の小久保裕紀、選手会長の川?宗則、そして杉内に続いて胴上げをされた。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た広島東洋カープ

    ''は6年ぶり4度目の開幕投手を務め、8回1失点7奪三振で勝利投手となった。しかし、またもや左肘の不調で4月11日に抹消。当初は「大事ではない。1回(先発を)飛ばすだけ。安心してください」と監督の工藤公康が述べるなど軽症を強調していたものの、結局5月22日に「肘頭骨棘切除術」を行い、長期離脱を余儀なくされたが、8月11日の広島東洋カープとの2軍戦で実戦に復帰した。8月27日に福岡ヤフオク!ドームで行われた対千葉ロッテマリーンズ戦において、井口資仁から史上51人目の1500奪三振を記録。6回2安打無失点、9奪三振の圧巻の内容で3勝目を挙げた。シーズンは8試合の登板にとどまったが、負け無しの4勝を挙げ、チームの2年振りのリーグ優勝に貢献した。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た日本体育大学

    1991年(平成3年)、島根県出雲市へ転居。高校は父の実家に近い浜田高校に進学する。なお父は日本体育大学時代、首都大学野球連盟リーグで首位打者1回・ベストナインに2度選出されている。実弟も立教大学で活躍後、2016年には浜田高校硬式野球部監督に就任している。浜田高校では度の第79回全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。初戦でエース・石川雅規を擁する秋田商業高校と対戦。3対1と2点リードで迎えた9回裏、連打を許し無死1、2塁から、3塁線への送りバントを和田が1塁へ悪送球、カバーに入った右翼手も悪送球する間にランナー2人が生還、同点に追い付かれると同時にバントしたバッターも3塁に達し、続く2人を敬遠し満塁策をとるも、続く打者石川にストレートの四球を与えてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。翌(平成10年)度の第80回全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農業高校に勝利。続く3回戦で森本稀哲を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。次の準々決勝では古木克明を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。前年の秋に上腕三頭筋を断裂していたこともあり、直球はこの当時120km/h程度であったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た戦力外通告

    ''、スプリングトレーニングのテキサス・レンジャーズ戦で左太ももを痛めて降板し、4月5日に15日間の故障者リストに入った。5月20日のサンディエゴ・パドレス戦で初登板したが、6月22日のロサンゼルス・ドジャース戦で左肩に異常を訴え3回途中で降板。28日に左肩三角筋の炎症で15日間の故障者リストに入ることが発表された。7月初旬から傘下のマイナーでリハビリ登板を始めたが、8月4日にマイナー・オプションを行使されAAA級アイオワに降格。9月1日にセプテンバー・コールアップに伴い昇格するが、昇格後は1試合のリリーフ登板に終わる。チームはワイルドカードでのポストシーズン出場を果たしたが、ポストシーズンのロースターからは外れる。10月11日にDFAとなり40人枠から外れ、19日に自由契約となった。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たボルチモア・オリオールズ

    2011年12月14日にボルチモア・オリオールズと2年総額815万ドル(3年目は年俸500万ドルの球団オプション)の契約を結んだ。背番号は大学時代以来10年振りとなる18となった。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たテキサス・レンジャーズ

    ''、スプリングトレーニングのテキサス・レンジャーズ戦で左太ももを痛めて降板し、4月5日に15日間の故障者リストに入った。5月20日のサンディエゴ・パドレス戦で初登板したが、6月22日のロサンゼルス・ドジャース戦で左肩に異常を訴え3回途中で降板。28日に左肩三角筋の炎症で15日間の故障者リストに入ることが発表された。7月初旬から傘下のマイナーでリハビリ登板を始めたが、8月4日にマイナー・オプションを行使されAAA級アイオワに降格。9月1日にセプテンバー・コールアップに伴い昇格するが、昇格後は1試合のリリーフ登板に終わる。チームはワイルドカードでのポストシーズン出場を果たしたが、ポストシーズンのロースターからは外れる。10月11日にDFAとなり40人枠から外れ、19日に自由契約となった。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た東京大学

    早稲田大学人間科学部に進学。1年秋、9月12日の東京大学戦で東京六大学初登板。同級生のトレーナーと試行錯誤を重ねて、フォームにさらに磨きをかけた。それにより高校時代には130km/hにも満たなかった球速が2か月で140km/hを超えるまでになっている。2年春から先発陣に仲間入りし、群を抜くペースで三振を奪い話題を集めた。また、打撃に優れ、高校時代はクリーンナップを務めた。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た全日本大学野球選手権大会

    同年の全日本大学野球選手権大会では決勝で木佐貫洋・永川勝浩擁する亜大に敗れ、明治神宮野球大会でも準決勝で東北福祉大に敗れ日本一は果たせなかった。和田毅 フレッシュアイペディアより)

164件中 81 - 90件表示

「和田毅」のニューストピックワード