前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • エリアン・ヘレーラ

    エリアン・ヘレーラから見た唐川侑己唐川侑己

    2016年6月1日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)に、「7番・三塁手」としてスタメンで一軍デビュー。来日5試合目・16打席目に当たる同月5日の対千葉ロッテマリーンズ戦(横浜スタジアム)第2打席で、右投手・唐川侑己からの2点適時打によって、NPB公式戦初安打・初打点を記録した。7月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦(横浜)では、1点ビハインドの8回裏2死満塁で迎えた第4打席で、チームを逆転勝利に導く来日初本塁打を右投手のジョシュ・ルーキから放った。DeNAおよび前身球団の新外国人選手によるNPB一軍公式戦での初本塁打が満塁本塁打になった事例は、横浜大洋ホエールズ時代のフェリックス・ミヤーン()以来2例目であった。試合では二塁や三塁を守ったが、スローイングの粗さが露呈したことから、二塁手としての起用が増加。打撃面でも、2番・6番・7番打者を任されながら調子が安定せず、8月以降の試合ではスタメンを外れることもあった。通算打率は.218にとどまったものの、ヤクルト戦との相性は良く、前述の来日初本塁打を皮切りにレギュラーシーズンでの本塁打(5本)を全てこのカードで記録している。エリアン・ヘレーラ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た唐川侑己唐川侑己

    6月14日の対横浜戦で松家卓弘から本塁打を放ち、史上5人目となる両リーグ150号本塁打を達成。7月8日の対ロッテ戦では史上102人目の通算1500安打を達成したものの、チャンスで打てないことが多かった。しかし、オールスター明けからは大事な場面で打つことが増え、特に8月16日の対ロッテ戦で8回までチームは0得点、6点ビハインドの状況で唐川侑己から史上23人目の通算350号3ラン本塁打を放つと、9回裏二死の2点ビハインドの場面ではブライアン・シコースキーから同点2ラン本塁打を放った。この試合は結局、延長12回裏に小坂誠がサヨナラ打を放ったことで6点差をひっくり返した劇的な勝利を収め、この試合以降、チームは29勝16敗という飛躍的な成績を挙げた。最終的に打率は.246と低かったものの、39本塁打、107打点と両部門リーグ2位という成績で打線を牽引し、チーム史上初の2位とクライマックスシリーズ出場に貢献した。40代での本塁打30本到達は王、門田、ローズに次いで4人目。打点は前述の王、衣笠の記録を更新する実働21年目での100打点到達となった。また、41歳を迎える年での100打点到達は門田、ローズ、金本知憲の40歳を超える史上初の記録。また、本塁打は楽天移籍後の150本塁打到達となり、中日時代に記録した本塁打と合わせて史上7人目となる2球団での150本塁打も記録。クライマックスシリーズでは40代以上では初となるポストシーズン2本の本塁打、7打点を挙げたが、チームは第2ステージで日本ハムに敗れた。同年、ベストナインの指名打者部門に2年振りに選ばれた。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 大崎雄太朗

    大崎雄太朗から見た唐川侑己唐川侑己

    4月20日、9年間交際していた一般人の女性と結婚することが発表された。4月28日、対千葉ロッテマリーンズ8回戦(西武ドーム)、5回裏に唐川侑己から右越ソロプロ初本塁打を記録。6月4日対ヤクルト戦を最後に抹消され、その後は一軍の出場機会はなかった。二軍ではシーズンを通して3割をキープ。二塁を主に守った。大崎雄太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 大嶺祐太

    大嶺祐太から見た唐川侑己唐川侑己

    この年のフェニックスリーグには、一歳年下の後輩唐川侑己と共に、高卒ルーキー二年目としては異例の参加免除となった。大嶺祐太 フレッシュアイペディアより)

  • 模擬ドラフト

    模擬ドラフトから見た唐川侑己唐川侑己

    現実のドラフトにおいては佐藤由規(仙台育英高校)・中田翔(大阪桐蔭高校)唐川侑己(成田高校)の3名のみ1巡目の入札があったが、模擬ドラフトでは高濱卓也(横浜高校)も入札1巡目で指名された。また、現実のドラフトでは佐藤由規への指名が最多だったが、この模擬ドラフトでは中田への指名が半数以上となった。模擬ドラフト フレッシュアイペディアより)

  • 成田市立成田小学校

    成田市立成田小学校から見た唐川侑己唐川侑己

    唐川侑己(プロ野球選手・投手、千葉ロッテマリーンズ)- 2002年卒業成田市立成田小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 平野将光

    平野将光から見た唐川侑己唐川侑己

    の大学・社会人ドラフトで埼玉西武ライオンズから1巡目で指名を受けて入団。この年不正スカウト問題で西武は高校生ドラフトの1・2順の指名権をはく奪され、「高校BIG3」と言われた由規、中田翔、唐川侑己には指名参加できなかったため、平野により注目が集まった。なお、入団当初の背番号は19だった。平野将光 フレッシュアイペディアより)

  • 星秀和

    星秀和から見た唐川侑己唐川侑己

    初本塁打:2012年6月27日、対千葉ロッテマリーンズ9回戦(QVCマリンフィールド)、9回表に唐川侑己から右越ソロ星秀和 フレッシュアイペディアより)

  • 山田秋親

    山田秋親から見た唐川侑己唐川侑己

    5月13日の交流戦・横浜戦において負傷降板した先発・唐川侑己の後を受け、三番手として四回から登板。ダイエー時代の2004年9月8日のロッテ戦以来、2073日ぶりの勝利投手となった。前半戦は防御率1点台だった時期もあり、敗戦処理やロングリリーフとして活躍した。から2シーズン登板機会がなく2012年10月7日で戦力外通告を受けた。山田秋親 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓クラブチャンピオンシップ

    日韓クラブチャンピオンシップから見た唐川侑己唐川侑己

    ロ:○唐川(5回)- H薮田(1回)- H内(1回)- H伊藤(1回)- S小林宏(1回)日韓クラブチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「唐川侑己」のニューストピックワード