49件中 11 - 20件表示
  • 金子圭輔

    金子圭輔から見た唐川侑己唐川侑己

    開幕は一軍で迎えたが代走2試合2得点のみで4月23日に二軍へ降格した。本多雄一の首痛により5月12日に再昇格し、同日の対千葉ロッテ戦で2点ビハインド8回に代走から途中出場し、唐川侑己?里崎智也バッテリーから明石健志と重盗を成功させ、小久保裕紀のタイムリーで両者とも生還し同点とした。10回には四球で出塁し、益田直也?里崎バッテリーから二盗を成功し、これがプロ入り初のマルチ盗塁となった。5月20日の対読売ジャイアンツ戦で2番遊撃手でソフトバンク復帰後初の先発出場を果たし、7回に澤村拓一からセンター前ヒットで先頭打者として出塁し、小久保のタイムリー打により得点を記録した。主に代走で起用されたが6月4日に二軍へ降格し、7月8日に再昇格した。8月上旬に正三塁手・松田宣浩が故障離脱してからは一塁手・小久保裕紀の守備要員として代理三塁手の明石健志が一塁を守り、それに伴う三塁の守備固めとしてシーズン終了まで20試合以上起用された。金子圭輔 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグスリー

    ビッグスリーから見た唐川侑己唐川侑己

    日本の高校野球ビッグ3(2007年当時の大物選手) - 中田翔、佐藤由規、唐川侑己ビッグスリー フレッシュアイペディアより)

  • ストライクZONE!

    ストライクZONE!から見た唐川侑己唐川侑己

    投手。千葉ロッテマリーンズの唐川侑己と同姓同名。ストライクZONE! フレッシュアイペディアより)

  • しろたん

    しろたんから見た唐川侑己唐川侑己

    千葉ロッテマリーンズの唐川侑己がしろたん抱き枕の愛用者である。これを受け、2009年から同球団とのコラボレーショングッズが発売された。具体的には背番号26・ネームなしのユニフォームを着せたモデル、背番号19・「KARAKAWA」のネーム入りユニフォームを着せたモデルなどである。2010年には背ネームが「MARINES」のもの、2011年には千葉移転20シーズン記念マークを背負ったモデルが発売された。マリーンズストア及び千葉県内取り扱いショップでの限定発売(ライセンス商品のため、しろたんタウンでの取り扱いもなし)。しろたん フレッシュアイペディアより)

  • 田中智美

    田中智美から見た唐川侑己唐川侑己

    1988年1月25日、千葉県成田市出身。玉造幼稚園、成田市立成田小学校を経る。本人は走る事が苦手と自認していたが、周囲では「小さい時からかけっこが速かった」との評判だった。「成田市ロードレース大会」で小学校5年(1998年),小学校6年(1999年)と優勝し、頭角を現した。成田小学校時代の同級生にサッカー選手の船山貴之(ジェフユナイテッド市原・千葉、中学でも同級生である)、2年後輩にプロ野球選手の唐川侑己(投手、千葉ロッテマリーンズ)がいる。その後、成田市立成田中学校、千葉英和高等学校に進学するも県大会出場がやっとで、全国高等学校駅伝競走大会はおろか、インターハイなどの全国大会の出場は無かった。田中智美 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立びんご運動公園野球場

    広島県立びんご運動公園野球場から見た唐川侑己唐川侑己

    2013年6月6日 広島対ロッテ戦 (N) 4-1(勝:小野 S:ミコライオ 負:唐川) 9,525人広島県立びんご運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た唐川侑己唐川侑己

    投手:11大嶺祐太、12吉見祐治、14大谷智久、15上野大樹、17成瀬善久、19唐川侑己、21内竜也、27古谷拓哉、28根本朋久、29小野晋吾、30伊藤義弘、31渡辺俊介、41小林宏、44ヘイデン・ペン、46川越英隆、48秋親、49薮田安彦、69ビル・マーフィー2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • KWBボール

    KWBボールから見た唐川侑己唐川侑己

    唐川侑己(第4回選抜大会準優勝・第4回選手権大会出場)KWBボール フレッシュアイペディアより)

  • 2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た唐川侑己唐川侑己

    1巡目の指名は「BIG3」と称される中田翔(大阪桐蔭高、4球団)、佐藤由規(仙台育英高、5球団)、唐川侑己(成田高、2球団)の3名に指名が集中し、1巡目2回目の指名でも高濱卓也、岩嵜翔(各2球団)の2名が複数指名となった。5度の抽選開催は史上初。1巡目で単独指名が行われなかったのは、1978年のドラフト会議において江川卓(阪神、南海、近鉄、ロッテ)、森繁和(クラウンライター、ヤクルト、中日、日本ハム)、木田勇(広島、大洋、阪急)の3名に全球団(巨人はボイコット)が入札して以来29年ぶりであった。2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 野村祐輔

    野村祐輔から見た唐川侑己唐川侑己

    広陵高校へ進学後は1年時からベンチ入りした。3年の第79回選抜高等学校野球大会では1回戦で唐川侑己を擁する成田高等学校と対戦し延長戦を制するなどベスト8に進出した。夏の第89回全国高等学校野球選手権大会では1回戦で第86回、第87回、第88回と夏の甲子園3年連続決勝進出中の駒大苫小牧高等学校に逆転勝ち、準々決勝では熊代聖人を擁する今治西高等学校、準決勝では同年の春夏連覇を目指していた田中健二朗を擁する常葉学園菊川高等学校に勝利。この勝利で、「夏の甲子園4年連続決勝進出阻止」と「春夏連覇阻止」という2つの記録を達成した。決勝の佐賀北高等学校戦では7回まで被安打1に抑えながら、8回裏に2被安打と2四球で1点を返された後、副島浩史に逆転満塁本塁打を打たれ、準優勝に終わった。試合終了後、グラウンドでは一切涙を流さなかったが、宿舎で行われた監督の中井哲之の会見中に隣で突然泣き崩れ号泣したという。同大会では、46回を投げて被安打43三振47四死球9自責点13、打者としては主に8番で起用され21打数10安打5打点だった。高校の2学年先輩には藤川俊介、1学年先輩に吉川光夫、同級生に土生翔平、小林誠司、1学年後輩に中田廉、上本崇司がいた。野村祐輔 フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「唐川侑己」のニューストピックワード