39件中 21 - 30件表示
  • 野村祐輔

    野村祐輔から見た唐川侑己唐川侑己

    広陵高校へ進学後、1年生の時からベンチ入り。3年の春のセンバツでは1回戦で唐川侑己を擁する成田高校と対戦し延長戦を制するなどベスト8に進出した。3年の夏の甲子園では1回戦で第86回、第87回、第88回と夏の甲子園3年連続決勝進出中の駒大苫小牧高校に逆転勝ち、準々決勝では熊代聖人を擁する今治西高校、準決勝では田中健二朗を擁する常葉菊川高校に勝利。決勝の佐賀北高校戦では7回まで被安打1に抑えながら、8回裏に2被安打と2四球で1点を返された後、副島浩史に逆転満塁本塁打を打たれ、準優勝に終わった。試合終了後、グラウンドでは一切涙を流さなかったが、宿舎で行われた監督の中井哲之の会見中に隣で突然泣き崩れ号泣したという。同大会では、46回を投げて被安打43三振47四死球9自責点13、打者としては主に8番で起用され21打数10安打5打点だった。高校の2学年先輩には藤川俊介、1学年先輩に吉川光夫、同級生に土生翔平、1学年後輩に中田廉、上本崇司がいた。野村祐輔 フレッシュアイペディアより)

  • 倉持 明日香

    倉持明日香から見た唐川侑己唐川侑己

    父の影響で千葉ロッテマリーンズと埼玉西武ライオンズのファン。同年齢の唐川侑己(千葉ロッテ)を注目選手として挙げているほか、中島裕之(埼玉西武)のファンでもある。文化放送の『AKB48 明日までもうちょっと。』の動画サイトでは中島と里崎智也(千葉ロッテ)の打撃フォームと渡辺俊介(千葉ロッテ)の投球フォームのものまねを披露している。2010年4月23日には『CTCマリーンズナイター』にゲスト出演し、解説者として出演した父とテレビで初共演した。倉持明日香 フレッシュアイペディアより)

  • 7月5日

    7月5日から見た唐川侑己唐川侑己

    1989年 - 唐川侑己、プロ野球選手7月5日 フレッシュアイペディアより)

  • 幕張本郷駅

    幕張本郷駅から見た唐川侑己唐川侑己

    当駅に向かうバスの車内では千葉ロッテマリーンズの唐川侑己投手・荻野貴司外野手らのアナウンスが流れる。幕張本郷駅 フレッシュアイペディアより)

  • 成田市

    成田市から見た唐川侑己唐川侑己

    唐川侑己(プロ野球選手・千葉ロッテマリーンズ)成田市 フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤのA

    ダイヤのAから見た唐川侑己唐川侑己

    単行本の帯で和田毅、杉内俊哉(元福岡ソフトバンクホークス)、佐々木主浩(元横浜ベイスターズ・現解説者)や成瀬善久、唐川侑己(千葉ロッテマリーンズ)、松井秀喜(ロサンゼルス・エンゼルス)、村田修一(横浜ベイスターズ)、由規(東京ヤクルトスワローズ)、阿部慎之助、藤井秀悟、坂本勇人、澤村拓一(読売ジャイアンツ)、T-岡田(オリックス・バファローズ)、中田翔(北海道日本ハムファイターズ)、前田健太、堂林翔太(広島東洋カープ)、内川聖一(福岡ソフトバンクホークス)がコメントを寄せている。ダイヤのA フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た唐川侑己唐川侑己

    10月3日のプロ野球ドラフト会議(高校生対象)においては、佐藤由規、唐川侑己と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれ、北海道日本ハムファイターズ、阪神タイガース、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスに1巡目で指名され、抽選で交渉権を獲得した日本ハムに入団。同年11月6日、高卒新人としては史上5人目となる契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円(推定)で契約。背番号は同年オフに現役引退した田中幸雄の6を引き継いだ。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た唐川侑己唐川侑己

    1000得点:2012年5月20日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(横浜スタジアム)、1回裏に唐川侑己から左越2ラン ※史上38人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 松田宣浩

    松田宣浩から見た唐川侑己唐川侑己

    、秋山幸二新監督体制の目玉の一つとして3番打者に指名されていたものの、開幕戦で一塁へ帰塁した際に右手甲を骨折し離脱。6月5日の広島戦で一軍に復帰し、勢いに乗るチームと共に活躍を見せたが、7月18日のロッテ戦で唐川侑己から死球を受けて右手首を骨折。46試合の出場に終わった。松田宣浩 フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡貴裕

    藤岡貴裕から見た唐川侑己唐川侑己

    4月1日、東北楽天ゴールデンイーグルス戦(Kスタ宮城)でプロ入り初登板を果たす。150km/hを記録した直球と、内外に投げ分けたコントロール抜群のスライダー、球速差の大きいカーブを織り交ぜた投球内容で、7回2/3を投げ、打者29人に対し投球数128、被安打4、与四球2、失点2、奪三振6という内容で初勝利を挙げた。なお4回まで毎回となる6奪三振はすべて空振りで奪っている。この勝利でチームとしては1957年以来55年ぶりの開幕3連勝という記念試合になった。今期の12球団の新人投手としては、初勝利は一番乗り。試合後のヒーローインタビューで手にしたウイニングボールは「母親にあげます」と笑顔で語り、その後球場に観戦に来ていた両親へと手渡された。ロッテの新人投手の初先発初勝利は、2008年4月26日の福岡ソフトバンクホークス戦で唐川侑己が記録して以来4年ぶり、ドラフト制度以降ではチーム5人目となる。また開幕カードでの初先発初勝利は、1950年に榎原好(当時:毎日オリオンズ)が完投勝利を挙げて以来、球団史上2人目。藤岡貴裕 フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示

「唐川侑己」のニューストピックワード