49件中 21 - 30件表示
  • 1989年のスポーツ

    1989年のスポーツから見た唐川侑己唐川侑己

    7月5日 - 唐川侑己(千葉県、野球)1989年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 本多雄一

    本多雄一から見た唐川侑己唐川侑己

    ''は、オープン戦から好調を維持し、開幕を一軍で迎えた。4月5日の対オリックス戦の延長10回同点一死二塁の場面で川越英隆から前進守備のセンターを越えるサヨナラタイムリー二塁打を放った。開幕から9試合連続安打で5試合マルチヒットなど好スタートを切った。5月2日の対千葉ロッテ戦の初回に唐川侑己から左すねに死球を受けて途中交代、福岡市内の病院で打撲と診断されたが、4試合欠場し、復帰後は調子を崩し打率.231まで下げた。5月24日から11試合連続安打と徐々に調子を取り戻し、特に5月27日のセ・パ交流戦、対巨人戦では4安打と活躍した。6月21日には自身2度目の先頭打者本塁打を記録した。8月18日の対西武戦の一塁ベースカバーの際に犠打をしたヒラム・ボカチカと交錯して右足を痛め担架で運ばれ負傷交代し、福岡市内の病院で右足大腿部の打撲と診断された。8月22日から13試合連続安打など安定し、9月3日の対オリックス戦では初回と5回に伊原正樹?前田大輔バッテリー、7回には香月良太?日高剛バッテリーから二盗を成功させ、自身初の1試合3盗塁を達成した。レギュラーシーズンは137試合に正二塁手として先発出場し、自己最多となる43盗塁(チーム2位)を記録した。本多雄一 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た唐川侑己唐川侑己

    2007年10月3日、高校生ドラフト1巡目で唐川侑己のくじを見事引き当てたバレンタインは、「ベリーエキサイティング。体も大きいし色々な球種を投げられるし、唐川君もロッテに来たいと言ってくれてるみたいだし最高だね。ブラウンに渡されたのを断ったのは、シリコンバンド(チームロゴと「Once again, All Hands to the Flag(もう一度結束―フラッグのために!)」の刻印入り灰色。ペナント奪還への意気込みの意)をしてる左手でひきたかったから。ファンのみんなと一緒にクジをひきたかったんだ。」と発言した。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • 小野慎介

    小野慎介から見た唐川侑己唐川侑己

    中学時代、野球部に所属して唐川侑己(現・千葉ロッテマリーンズ)と対戦経験がある。小野慎介 フレッシュアイペディアより)

  • 京成バス

    京成バスから見た唐川侑己唐川侑己

    なおこのバスが運行する幕01系統の路線バスでは、2006年(平成18年)3月より千葉ロッテマリーンズの選手たちの車内アナウンスを聞く事ができ、多くの注目を集めた。2011年(平成23年)現在では荻野貴司、成瀬善久らが車内アナウンスを担当している。なお、過去においてはボビー・バレンタイン、ベニー・アグバヤニ、マット・ワトソン、今江敏晃、渡辺俊介、唐川侑己、大松尚逸らが担当していた。京成バス フレッシュアイペディアより)

  • 中村勝

    中村勝から見た唐川侑己唐川侑己

    ''8月11日の千葉ロッテマリーンズ戦にて、5回3安打3四球6奪三振1失点で12球団のなかで同年の高卒ルーキーとしては初先発、初勝利。日本ハムの投手としてもエースのダルビッシュ以来となる「高卒新人投手初登板初先発初勝利」を記録。直近では対戦チームの唐川侑己以来。中村勝 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池保則

    菊池保則から見た唐川侑己唐川侑己

    小学生の時は、ドッジボールの全国大会に出場。常磐大高校では1年時からベンチ入りし、2006年秋季茨城県大会で準優勝し、関東大会に出場した。初戦で唐川侑己擁する成田高校と対戦し、相手打線を6安打に抑えるも味方打線の援護なく敗れセンバツ出場を逃した。3年時にエース兼4番として活躍。夏の茨城県大会では準決勝の東洋大牛久高校戦では16奪三振で完封勝利を挙げる。しかし決勝戦で清原大貴擁する常総学院に敗戦、甲子園出場は叶わなかった。10月3日、高校生ドラフトにて東北楽天ゴールデンイーグルスから4巡目指名を受け、入団。菊池保則 フレッシュアイペディアより)

  • 塩見貴洋

    塩見貴洋から見た唐川侑己唐川侑己

    ''、4月3日のソフトバンク戦でシーズン初登板でプロ初完封勝利を記録し、同時にチームの連敗も3で止める活躍をした。その後の交流戦以降の試合では5連敗を喫し、大量失点する場面もあるなど不安定な投球が続いていたが、7月6日の西武戦では同日に先発予定の田中将大が右脇腹痛で先発回避したのを受けて緊急で先発登板をし、5回2失点に抑えて1ヶ月半ぶりに白星を挙げた。オールスターゲームには出場辞退した唐川侑己(千葉ロッテマリーンズ)の補充要員として選出された。その後は先発ローテに復帰できず、6勝10敗と負け越し、防御率は前年よりも1点近く悪化し、規定投球回にも届かなかった。塩見貴洋 フレッシュアイペディアより)

  • 由規

    由規から見た唐川侑己唐川侑己

    2007年の高校生ドラフトでは、中田翔(大阪桐蔭)、唐川侑己(成田)と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれ、地元の楽天の他、ヤクルト・横浜・中日・巨人の5球団が1巡目で競合。抽選の結果、ヤクルトが交渉権を獲得した。ドラフト指名後の会見では、家族に対する感謝を述べた際に家族が目に入り号泣している。後にプロ入り前の激励会でも涙し、「泣き虫王子」「号泣(剛球)王子」と呼ばれる。由規 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た唐川侑己唐川侑己

    は春先から好調を維持。4月13日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、10回裏に武田久からプロ入り初のサヨナラ安打を放った。また、7月11日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、球団新記録となるチーム今季4本目のランニングホームランを放ち、こちらも球団新記録となる高卒ルーキー5勝目をあげた唐川侑己と共にヒーローインタビューを受けた。打率は3割台前半を推移していたが、8月に調子を落とし、最終的には打率.296と3割を切ってしまった。しかし、110試合に出場し、プロに入ってからは最高となる成績を収めた。なお、この年から2010年まで姓が同じ読みの根本朋久が在籍したため、「ねもとしゅんいち」とアナウンスされている(スコアボード表記は「根元」のまま。千葉マリンスタジアムでのベンチ入りメンバー紹介の時だけ「根元俊」と表記。ちなみに根本朋久は「根本朋」と表示される)。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「唐川侑己」のニューストピックワード