49件中 31 - 40件表示
  • 中西球道

    中西球道から見た唐川侑己唐川侑己

    2008年、交流戦終了直後の東京戦で先発予定だったが、直前で登板回避し、唐川侑己にマウンドを譲る。その後、リリーフとして登板するが、岩鬼に逆転サヨナラ本塁打を打たれ負け投手となる。中西球道 フレッシュアイペディアより)

  • 高濱卓也

    高濱卓也から見た唐川侑己唐川侑己

    2007年度ドラフト会議において「BIG3」と称された中田・佐藤由規・唐川侑己に話題性では劣ったが、ABCテレビの『速報!甲子園への道』などでは高濱を含めて四天王と呼ばれていた。下級生時から中心選手として活躍した実績や、広角へ打ち分ける打撃に俊足強肩の身体能力・センスを買われ、それぞれ中田と佐藤の交渉権を逃した阪神タイガースと横浜ベイスターズから外れ1巡目指名を受け、抽選で交渉権を獲得した阪神へ入団。高濱卓也 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田裕太

    吉田裕太から見た唐川侑己唐川侑己

    プロ初出場は、3月28日に行われた開幕戦の対福岡ソフトバンクホークス1回戦で、6回から出場。初先発出場は、翌3月29日の同カード2回戦。先発投手の唐川侑己とのバッテリーとなり、配球も一任されていたというが、試合は被安打10で2-5と敗れ、自身も3打席無安打と結果を残せなかった。開幕3カード目の北海道日本ハムファイターズ戦では、2回戦で同期の新人・吉原正平投手の、3回戦で同じく同期の石川歩投手の、それぞれプロ入り初勝利となるバッテリーを組み、石川歩投手からは「吉田の強気のリードで的を絞らせない投球ができた」と評価された。吉田裕太 フレッシュアイペディアより)

  • 二木康太

    二木康太から見た唐川侑己唐川侑己

    2013年10月24日、二木はドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから6位指名を受け、10月28日にロッテの関係者が二木の鹿児島情報高校を訪問した。野球部の図師賢剛監督らに指名の挨拶を行い、二木本人へはロッテの伊東勤監督からの直筆の色紙が贈られた。11月17日、二木は鹿児島市内のホテルにて契約金2000万円、年俸500万円(金額は推定)で仮契約を行い、「高卒1年目から活躍をしている唐川選手が憧れでした。1日でも早く1軍に上がれるように頑張りたいです」と抱負を述べると共に、「期待と不安の両方がありますが今は楽しみの方がはるかに多い。ストライプのユニホームを着るのは初めてで楽しみです。不安は、やっぱり初めて暮らす関東は都会なのが心配ですね」と高校生らしい初々しさもみせた。背番号は「64」に決まり、鹿児島情報高校初のプロ野球選手となった。二木康太 フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡貴裕

    藤岡貴裕から見た唐川侑己唐川侑己

    4月1日、東北楽天ゴールデンイーグルス戦(Kスタ宮城)でプロ入り初登板を果たす。150km/hを記録した直球と、内外に投げ分けたコントロール抜群のスライダー、球速差の大きいカーブを織り交ぜた投球内容で、7回2/3を投げ、打者29人に対し投球数128、被安打4、与四球2、失点2、奪三振6という内容で初勝利を挙げた。なお4回まで毎回となる6奪三振はすべて空振りで奪っている。この勝利でチームとしては1957年以来55年ぶりの開幕3連勝という記念試合になった。今期の12球団の新人投手としては、初勝利は一番乗り。試合後のヒーローインタビューで手にしたウイニングボールは「母親にあげます」と笑顔で語り、その後球場に観戦に来ていた両親へと手渡された。ロッテの新人投手の初先発初勝利は、2008年4月26日の福岡ソフトバンクホークス戦で唐川侑己が記録して以来4年ぶり、ドラフト制度以降ではチーム5人目となる。また開幕カードでの初先発初勝利は、1950年に榎原好(当時:毎日オリオンズ)が完投勝利を挙げて以来、球団史上2人目。藤岡貴裕 フレッシュアイペディアより)

  • 成田市

    成田市から見た唐川侑己唐川侑己

    唐川侑己(プロ野球選手・千葉ロッテマリーンズ)成田市 フレッシュアイペディアより)

  • 安部友裕

    安部友裕から見た唐川侑己唐川侑己

    2007年10月3日の高校生ドラフト会議で、唐川侑己の抽選に外れた広島東洋カープに1巡目指名を受けた。11月11日に契約金7000万円、年俸600万円(推定)で仮契約。背番号は60。安部友裕 フレッシュアイペディアより)

  • 松田宣浩

    松田宣浩から見た唐川侑己唐川侑己

    ''は秋山幸二新監督体制の目玉の一つとして3番打者に指名されていたが、開幕戦で一塁へ帰塁した際に右手甲を骨折し離脱。6月5日のセ・パ交流戦、広島東洋カープ戦で一軍に復帰し、勢いに乗るチームと共に活躍を見せたが、7月18日の千葉ロッテマリーンズ戦で唐川侑己から死球を受けて右手首を骨折。46試合の出場に終わった。松田宣浩 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山翔吾

    秋山翔吾から見た唐川侑己唐川侑己

    初盗塁:2011年4月20日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(QVCマリンフィールド)、3回表に二盗(投手:唐川侑己、捕手:里崎智也)秋山翔吾 フレッシュアイペディアより)

  • 岩嵜翔

    岩嵜翔から見た唐川侑己唐川侑己

    ''5月15日に一軍昇格すると、同日のQVCマリンフィールドで行われた対ロッテ戦で先発。8回7安打1失点と好投し、高校時代から一度も勝ったことのなかったライバル唐川侑己と対戦して初勝利を挙げる。これは故郷の千葉県での初勝利にもなった。8月の28日まで9試合先発し、4勝1敗、防御率3.83だったが、柳瀬明宏の右肘炎症による抹消や森福允彦、金無英の不調とも重なり、チーム事情から9月2日以降は僅差で登板する中継ぎへと配置転換された。岩嵜翔 フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示

「唐川侑己」のニューストピックワード