51件中 11 - 20件表示
  • 唐川侑己

    唐川侑己から見たKARA

    KARA 『ジャンピン』(2011年 - )唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    初完封勝利:2009年5月10日、対東北楽天ゴールデンイーグルス8回戦(千葉マリンスタジアム)唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た徳島県立小松島高等学校

    2年春の甲子園では、1回戦の小松島高戦で10奪三振を奪い完封し、一気に知名度を上げた。夏の千葉大会では初戦の2回戦で市立稲毛高戦に先発。Aシードであり、優勝候補と目されていたが3-4で敗れる。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た仙台育英学園高等学校

    高校生のドラフト候補として大阪桐蔭高の中田翔、仙台育英高の佐藤由規と共に高校ビッグ3と呼ばれ、2007年のプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズと広島東洋カープから1巡目指名を受け、抽選で地元・ロッテが交渉権を獲得。同年11月6日、契約金9000万円・年俸1000万円(金額はいずれも推定)で仮契約が成立した。背番号19。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た船橋市立船橋高等学校

    高校は成田高等学校に進学。小学生のころから成田高校の試合を見に行っており、当然のようにここに入るのだと思っていたのだという。入学後ブルペンでの投球を見た尾島治信監督が、1年生ながらその抜群のコントロールに驚き、急遽4月第二週目の練習試合で投げさせたところ、2イニングで6奪三振といきなり非凡な才能を見せた。1年夏からベンチ入りし(背番号18)、同年秋から背番号1をつける。秋の千葉県大会決勝では、岩嵜翔擁する市立船橋高に勝利しセンバツ出場を決める。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た大阪桐蔭中学校・高等学校

    高校生のドラフト候補として大阪桐蔭高の中田翔、仙台育英高の佐藤由規と共に高校ビッグ3と呼ばれ、2007年のプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズと広島東洋カープから1巡目指名を受け、抽選で地元・ロッテが交渉権を獲得。同年11月6日、契約金9000万円・年俸1000万円(金額はいずれも推定)で仮契約が成立した。背番号19。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た広島東洋カープ

    高校生のドラフト候補として大阪桐蔭高の中田翔、仙台育英高の佐藤由規と共に高校ビッグ3と呼ばれ、2007年のプロ野球ドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズと広島東洋カープから1巡目指名を受け、抽選で地元・ロッテが交渉権を獲得。同年11月6日、契約金9000万円・年俸1000万円(金額はいずれも推定)で仮契約が成立した。背番号19。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た安打

    4月23日、高校ビッグ3の中で最初に一軍登録。4月26日の対ソフトバンク戦(ヤフードーム)でプロ初登板。先発で7回を投げ被安打3、四球1、奪三振5、無失点で、ドラフト制導入以後ではロッテ球団史上初の、高卒新人プロ初登板初先発初勝利を果たした。また、この勝利は平成生まれのプロ野球選手の勝利投手第1号でもあった。5月3日のプロ第2戦となった対西武戦(千葉マリン)では奪三振10、被安打3、失点1で高卒新人としてドラフト制度施行後初の無四球完投(2勝目)を達成するなど、交流戦前までは先発の柱として活躍した。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た成田高等学校・付属中学校

    高校は成田高等学校に進学。小学生のころから成田高校の試合を見に行っており、当然のようにここに入るのだと思っていたのだという。入学後ブルペンでの投球を見た尾島治信監督が、1年生ながらその抜群のコントロールに驚き、急遽4月第二週目の練習試合で投げさせたところ、2イニングで6奪三振といきなり非凡な才能を見せた。1年夏からベンチ入りし(背番号18)、同年秋から背番号1をつける。秋の千葉県大会決勝では、岩嵜翔擁する市立船橋高に勝利しセンバツ出場を決める。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

  • 唐川侑己

    唐川侑己から見た北海道日本ハムファイターズ

    5月13日の対横浜戦(横浜スタジアム)で武山真吾選手の放った打球を右手に受けて中指を骨折。当初打撲の診断だったが回復せず、改めて検査を受けた結果骨折が発覚し全治1か月と診断され登録抹消。8月12日、対日本ハム戦で復帰初勝利(6回2失点)を飾ったが、シーズン通して怪我に悩まされた。6勝はマークしたものの先発ローテションを守ることは出来なかった。また平成生まれ初となる日本シリーズ第4戦で先発登板を果たしたが、4回途中で2失点と投球内容は冴えなかった。その後チームは日本一に輝いたものの、自身は納得のいかないシーズンとなった。唐川侑己 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「唐川侑己」のニューストピックワード