唐招提寺 ニュース&Wiki etc.

唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。井上靖の小説『天平の甍』で広く知られるようになった中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を初め、多くの文化財を有する。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「唐招提寺」のつながり調べ

  • 1902年

    1902年から見た唐招提寺

    11月17日 - 森本孝順、律宗の僧侶、第81世唐招提寺長老(+ 1995年)(1902年 フレッシュアイペディアより)

  • 鑑真

    鑑真から見た唐招提寺

    759年(天平宝字3年)、新田部親王の旧邸宅跡が与えられ唐招提寺を創建し、戒壇を設置した。鑑真は戒律の他、彫刻や薬草の造詣も深く、日本にこれらの知識も伝えた。また、悲田院を作り貧民救済にも積極的に取り組んだ。(鑑真 フレッシュアイペディアより)

「唐招提寺」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「唐招提寺」のニューストピックワード