唐招提寺 ニュース&Wiki etc.

唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。井上靖の小説『天平の甍』で広く知られるようになった中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を始め、多くの文化財を有する。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「唐招提寺」のつながり調べ

  • 講御堂寺

    講御堂寺から見た唐招提寺

    空海の開基と伝わり、真言宗の寺であったとされる。江戸時代中期(1740年頃?)に栄雄阿闇梨が中興し、唐招提寺末となった。荒廃していた唐招提寺の再興に尽くし、鑑真和上坐像の里帰りを実現した森本孝順(きょうじゅん)が長年住職をしていた。(講御堂寺 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良交通西大和営業所

    奈良交通西大和営業所から見た唐招提寺

    52:大仏殿春日大社前(法隆寺前ゆきは東大寺大仏殿・国立博物館) - 県庁東 - 近鉄奈良駅 - JR奈良駅 - 唐招提寺東口 - 薬師寺東口 - 小川町 - やまと郡山城ホール - 近鉄郡山駅 - (この間上記の51系統に同じ) - 法隆寺前(奈良交通西大和営業所 フレッシュアイペディアより)

「唐招提寺」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「唐招提寺」
地図情報

「唐招提寺」のニューストピックワード