157件中 91 - 100件表示
  • 8月3日 (旧暦)

    8月3日 (旧暦)から見た唐招提寺唐招提寺

    天平宝字3年(ユリウス暦759年8月29日) - 鑑真が唐律招提寺(後の唐招提寺)を建立8月3日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • イスラム美術

    イスラム美術から見た唐招提寺唐招提寺

    日本へは7世紀末には唐招提寺舎利容器(国宝)としてイスラームのガラスが鑑真によりもたらされたほか、東大寺正倉院中倉に3点のイスラーム・ガラス器が収められている。中近世にも陶磁器、絨毯、織物は伝来を続けており、特に織物は名物裂として扱われた。しかしながら学問としてのイスラーム美術の確立は遅く、2009年現在もイスラーム美術の講座を持つ大学は2-3校に過ぎない。イスラム美術 フレッシュアイペディアより)

  • 細谷而楽

    細谷而楽から見た唐招提寺唐招提寺

    前橋藩士の家柄に生まれ、家業は製糸業を営む。明治30年(1897年)9月、東京美術学校予科(現東京藝術大学)に入学する。翌年には新しく開かれた塑造科へと進み担当教官である高村光雲に師事する。同期には高村光太郎(光雲の子息)がおり、ともに学業に励む。明治41年(1908年)に光雲の推薦により、文部省古社寺保存会に勤務し奈良へと移り、仏像、古美術の修復にその天分を発揮し特に、東洋独特の乾漆彫刻の伝統技術を苦心のすえ解明し、復原することに成功する。唐招提寺の乾漆仏像を修復してからは乾漆工芸家として知られ、日本国における仏像修復の貴重な存在となる。代表作に新薬師寺の塑造十二神将のうち、江戸時代の地震で失われた1体(寺伝・波夷羅大将像)を補作(1931年)。妻フクの兄、中島秋圃は日本画家である。細谷而楽 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡常一

    西岡常一から見た唐招提寺唐招提寺

    こうして復元された修羅は同年9月、大阪府藤井寺市の石川と大和川の合流部の河川敷において巨石の運搬実験が行われて無事成功した。これに感激した唐招提寺長老森本孝順の依頼を受け、翌1979年、インドから請来した大理石宝塔の運搬に用いられた。(現在は道明寺天満宮に保存)西岡はこの修羅復元に際し「昔の人の体力の強さというか優秀さといえばいいのか、それがしみじみと感じられたこと。…そして木の使い方がとてもうまいということ。…そらえらいもんやな。」と感想を述べている。西岡常一 フレッシュアイペディアより)

  • 八条院高倉

    八条院高倉から見た唐招提寺唐招提寺

    法華寺の尼となった高倉は、東寺の仏舎利一粒を所持していた。唐招提寺に参籠した折、舎利の真贋を試したいと鉄槌で舎利を打ったところ、五打にして微塵に砕けたがその破片の一つ一つから光明を発する奇瑞を見た。高倉は疑念を抱いたことを悔い、舎利の破片を集めて、以前に増して恭敬供養したという。八条院高倉 フレッシュアイペディアより)

  • 南都七大寺

    南都七大寺から見た唐招提寺唐招提寺

    法隆寺は斑鳩に所在しているため、この法隆寺の代わりに唐招提寺を入れて南都七大寺とする場合もある。また、歴史的経緯(四大寺から数を増やしていったとする見地)からして西大寺の代わりに由緒ある川原寺(現在の弘福寺)を加える場合もある。南都七大寺 フレッシュアイペディアより)

  • 葛井寺

    葛井寺から見た唐招提寺唐招提寺

    日本に現存する千手観音像としては最古のものの一つ。脇手の一部、頭上面の一部、持物のすべて、台座蓮弁の大部分などを後補とする。彫像の千手観音像は40本(合掌手2本を合わせて42本)の手で「千手」を代表させるものが多いが、本像のように実際に千本の手を表現する千手観音像は少ない(本像のほかには唐招提寺金堂像などがある)。図像的には、宝鉢手を表さず、大手を通例の42本ではなく40本に表す点が珍しい。葛井寺 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本四八

    藤本四八から見た唐招提寺唐招提寺

    1941年(昭和16年) - 兄の韶三、美術史家・美術評論家の北川桃雄と共に唐招提寺、薬師寺に赴き仏像や建築を撮影した。戦火による万が一の焼失を考えたという。これらの写真は戦時中の1944年(昭和19年)には「仏像写真展」として発表。1945年(昭和20年)に美術出版社から出版された。藤本四八 フレッシュアイペディアより)

  • 興福寺の仏像

    興福寺の仏像から見た唐招提寺唐招提寺

    厨子を含めて重要文化財に指定されている。本像は台座裏の墨書から造像の年代と経緯が明らかである。それによると、作者は木所大仏師寛慶と絵所大仏師法眼命尊であり、唐招提寺十代長老慶円を導師として、暦応3年(1340年)5月晦日に供養され、同年6月1日に唐招提寺から興福寺金堂へ移された。ヒノキの一木造で内刳りはない。彩色と截金で仕上げ、天冠、胸飾、腕釧(わんせん)は金銅造のものを取り付け、光背も金銅製である。像を納める春日厨子は像と同時期の作で、正面扉の左右に梵天・帝釈天像、奥壁に七宝山を描く。この厨子と像とは全体で吉祥天曼荼羅を形成している。興福寺の仏像 フレッシュアイペディアより)

  • 紀三井寺

    紀三井寺から見た唐招提寺唐招提寺

    千手観音立像 - 像高183.0センチメートル。平安時代、10 - 11世紀の作。本尊とともに安置される秘仏で、一木造、素地仕上げとする。千手観音の彫像は42手をもって千手とみなすのが通例だが、本像は奈良・唐招提寺像などと同様、大手42本の他に多数の小手を表す「真数千手」像である。紀三井寺 フレッシュアイペディアより)

157件中 91 - 100件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード