128件中 11 - 20件表示
  • 森本孝順

    森本孝順から見た唐招提寺唐招提寺

    森本孝順(もりもと きょうじゅん 1902年(明治35年)11月17日-1995年(平成7年)6月19日)は、律宗の僧侶。第81世唐招提寺長老(住職に相当)。律宗管長。奈良県磯城郡生まれ。森本孝順 フレッシュアイペディアより)

  • 僧房

    僧房から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺礼堂 - 元の東面の僧房が、改築されて今も残る。僧房 フレッシュアイペディアより)

  • 龍穴

    龍穴から見た唐招提寺唐招提寺

    古来より陰陽道では露出した活断層は把握されており、遷都・神社を建立するに際して、その土地の構造(活断層や山の配置など)を鑑み陰陽重ならぬ土地が龍穴として選定された。不思議なことに日本国内のほとんどの大きな龍穴とされる場所には、古社が鎮座するなどしており、またその土地は天変地異とは無縁だという。伊勢神宮や唐招提寺、日光東照宮なども龍穴とされる。龍穴 フレッシュアイペディアより)

  • 安土じょう

    安土じょうから見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺と鑑真和上物語(原作:田中舘哲彦 / 協力:唐招提寺 / 汐文社)安土じょう フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤證圓

    遠藤證圓から見た唐招提寺唐招提寺

    遠藤證圓(えんどう しょうえん、1938年(昭和13年) - )は、律宗の僧侶。第82世唐招提寺長老、律宗管長。神奈川県川崎市生まれ。遠藤證圓 フレッシュアイペディアより)

  • 新田部親王

    新田部親王から見た唐招提寺唐招提寺

    新田部の邸宅のあった地は、その後鑑真に与えられ唐招提寺となった。新田部親王 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井城の戦い

    筒井城の戦いから見た唐招提寺唐招提寺

    織田軍の援軍が大和に入国したのは、2日後の同年10月10日に唐招提寺に陣を張ったと思われている。その後10月15日に豊田城が、11月15日に十市城が落城したのをはじめ、多くの大和の諸城やその城下が焼き討ちにあったり落城したりで大和は一旦久秀のに手に落ちる事になる。しかし元亀2年(1571年)8月4日、辰市城の合戦で松永軍が敗北すると、筒井軍の力は侮りがたしと見たのか明智光秀の仲介のもと織田軍への帰属が許され、順慶は筒井城に帰城できた。筒井城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 立花家扇遊

    立花家扇遊から見た唐招提寺唐招提寺

    奈良県多武岬付近の延命寺の生まれ、泉州堺の唐招提寺の僧侶となり、20歳で実家の住職になった。立花家扇遊 フレッシュアイペディアより)

  • 官寺

    官寺から見た唐招提寺唐招提寺

    『日本書紀』によれば推古天皇元年(593年)に造立が開始されている四天王寺(大阪市天王寺区)が、日本最古の官寺である。『日本書紀』天武天皇9年(680年)4月の記事に「官司治むる」「国大寺二三」という文言が見られるが、これは皇室とのつながりの深い大官大寺・弘福寺両寺と蘇我氏の氏寺でありながら飛鳥の中心寺院として大化改新以後には代わって朝廷の保護を受けた法興寺を加えた各寺院のこととされている。続いて『続日本紀』大宝2年(702年)12月の記事には、「四大寺」という文言が見られ、これは前述の3寺に薬師寺を加えた4寺を指すと考えられている。その後、平城京遷都に伴い、大官大寺は新京に移されて大安寺と改名し、法興寺も移転されて元興寺と改名された(なお、法興寺の旧施設も別院として残されて後に本元興寺として独立する)。続いて同じく天平勝宝8歳(8年、756年)には先の「四大寺」に更に興福寺・東大寺・法隆寺の3寺を加えた計7寺が「七大寺」として記されている(ただし、弘福寺を外して西大寺を加えた後世「南都七大寺」と呼ばれた寺院を指すとする説もある)。更に同じく宝亀元年(770年)4月の記事では「十二大寺」が記録されている。この12寺がどこを指すのかは不明。延暦10年(791年)には四天王寺・崇福寺と1寺(弘福寺あるいは西大寺)を加えて「十大寺」とした。更に『延喜式』においては大寺のうち、「十大寺」と唐招提寺・新薬師寺・本元興寺(法興寺から分離、現・飛鳥寺)・東寺・西寺を「十五大寺」とした。ただし、本元興寺を外して法華寺を入れる異説がある他、梵釈寺や建興寺(豊浦寺、現・向原寺)のように「十五大寺」に含まれないが待遇面では大寺の待遇を受けていた寺院や戒壇が置かれた観世音寺・下野薬師寺なども当然に大寺の待遇を受けており、この時期になると名数自体には深い意味は無かったと考えられている。官寺 フレッシュアイペディアより)

  • 岩野平三郎

    岩野平三郎から見た唐招提寺唐招提寺

    平山郁夫による薬師寺玄奘三蔵院の大唐西域壁画、東山魁夷による奈良唐招提寺御影堂の障壁画群などの用紙を漉いた。現在も多数の日本画家に紙が愛用されている。岩野平三郎 フレッシュアイペディアより)

128件中 11 - 20件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード