157件中 11 - 20件表示
  • 薬師如来

    薬師如来から見た唐招提寺唐招提寺

    像容は、立像・坐像ともにあり、印相は右手を施無畏(せむい)印、左手を与願印とし、左手に薬壺(やっこ)を持つのが通例である。ただし、日本での造像例を見ると、奈良・薬師寺金堂像、奈良・唐招提寺金堂像のように、古代の像では薬壷を持たないものも多い。これは、不空訳「薬師如来念誦儀軌」の伝来以降に薬壷を持つ像が造られるようになったと考えられている。単独像として祀られる場合と、日光菩薩・月光菩薩を脇侍とした薬師三尊像として安置される場合がある。また、眷属として十二神将像をともに安置することが多い。薬師如来の光背には、七体または六体、もしくは七体の同じ大きさの像容がある。これは七仏薬師といって薬師如来とその化身仏とされる。薬師如来 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤證圓

    遠藤證圓から見た唐招提寺唐招提寺

    遠藤證圓(えんどう しょうえん、1938年(昭和13年) - )は、律宗の僧侶。第82世唐招提寺長老、律宗管長。神奈川県川崎市生まれ。遠藤證圓 フレッシュアイペディアより)

  • 平城電気軌道

    平城電気軌道から見た唐招提寺唐招提寺

    平城電気軌道(へいじょうでんききどう)とは、1910年(明治43年)に計画された鉄道である。王寺停車場を起点とし、法隆寺・法輪寺・法起寺・慈光院・郡山城跡・薬師寺・唐招提寺・大極殿跡(平城宮跡)・法華寺などをつなぎ、若草山の南中腹まで達する路線であった。1913年に計画却下。平城電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 豊安

    豊安から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺に入り、鑑真の弟子である如宝に師事して戒律を修学した。815年(弘仁6年)師の如宝が没した後は唐招提寺の第5世を継ぎ、翌816年(弘仁7年)律師に任じられた。827年(天長4年)には少僧都に昇任した。830年(天長7年)には律宗を代表して淳和天皇に「戒律伝来宗旨問答」3巻を撰呈している。豊安 フレッシュアイペディアより)

  • 実範

    実範から見た唐招提寺唐招提寺

    興福寺で法相教学を、醍醐寺の厳覚と高野山の教真に真言密教を、比叡山横川の明賢から天台教学を学んだ。一時大和国忍辱山円成寺に隠棲したが、のちに中川成身院を開いて真言密教・天台・法相兼学の道場とした。また唐招提寺の荒廃を嘆き、戒律復興を唱えて1122年(保安3年)「東大寺戒壇院受戒式」を定めている。藤原忠実・藤原頼長・藤原宗忠などの帰依を受け、晩年は浄土教に傾倒し、山城国光明寺に移った。実範 フレッシュアイペディアより)

  • 泉奘

    泉奘から見た唐招提寺唐招提寺

    幼少時から僧侶となり、後に、泉涌寺の長老となる。その後、唐招提寺の長老にもなる。泉奘 フレッシュアイペディアより)

  • 朝集殿

    朝集殿から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺の講堂は、平城宮の改修にともなって、天平宝字4年(760年)ころに平城宮の東朝集殿を移築したものである。瓦葺で梁行9間、桁行4間。壁や建具のほとんどない開放的な建物であった。朝集殿として用いられていたときは切妻造であったが、移築の際、入母屋造に改造され、建具を入れている。鎌倉時代の建治元年(1275年)にも改修されているが、平城宮の建物のなかで現存する唯一の遺構としてきわめて貴重であり、国宝に指定されている。朝集殿 フレッシュアイペディアより)

  • 淡墨観音

    淡墨観音から見た唐招提寺唐招提寺

    本尊は聖観世音菩薩。大正時代に折れた淡墨桜の枝を彫って製作されている。また、観音像が納められている厨子は唐招提寺の古材を使用したものである。淡墨観音 フレッシュアイペディアより)

  • 慈眼寺 (奈良市)

    慈眼寺 (奈良市)から見た唐招提寺唐招提寺

    境内二丁四方、寺領百石余りある南都諸大寺の一つであったが、松永久秀の乱逆により荒廃し、その後復興された。(『南都年中行事』,1750)元禄5年の東大寺開眼供養の際には、薬師寺、唐招提寺、秋篠寺、当麻寺はじめ南都の諸寺と共に本尊寺宝の公開をおこなったという。(『晴歩雨眠』,1972)慈眼寺 (奈良市) フレッシュアイペディアより)

  • 今日の風土記

    今日の風土記から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺?よくぞ残した「天平のいらか」今日の風土記 フレッシュアイペディアより)

157件中 11 - 20件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード