128件中 31 - 40件表示
  • 八条院高倉

    八条院高倉から見た唐招提寺唐招提寺

    法華寺の尼となった高倉は、東寺の仏舎利一粒を所持していた。唐招提寺に参籠した折、舎利の真贋を試したいと鉄槌で舎利を打ったところ、五打にして微塵に砕けたがその破片の一つ一つから光明を発する奇瑞を見た。高倉は疑念を抱いたことを悔い、舎利の破片を集めて、以前に増して恭敬供養したという。八条院高倉 フレッシュアイペディアより)

  • 平城電気軌道

    平城電気軌道から見た唐招提寺唐招提寺

    平城電気軌道(へいじょうでんききどう)とは、1910年(明治43年)に計画された鉄道である。王寺停車場を起点とし、法隆寺・法輪寺・法起寺・慈光院・郡山城跡・薬師寺・唐招提寺・大極殿跡(平城宮跡)・法華寺などをつなぎ、若草山の南中腹まで達する路線であった。1913年に計画却下。平城電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 正平地震

    正平地震から見た唐招提寺唐招提寺

    摂津四天王寺の金堂、奈良唐招提寺、薬師寺、山城東寺など堂塔が破損、倒壊した。紀伊では湯の峯温泉の湧出が停止し、熊野山の山路や山河の破損が多く、熊野神社の社頭や仮殿が尽く破損した。正平地震 フレッシュアイペディアより)

  • 板戸

    板戸から見た唐招提寺唐招提寺

    法隆寺建立から約150年後に創建された鑑真ゆかりの寺唐招提寺(759年創建)の金堂は、鑑真の没後、8世紀末頃の建築と推定される。唐招提寺金堂の扉は、幅の狭い板を五枚縦に並べて、裏桟に釘どめした板桟戸構造になっている。扉の表面に出た釘頭を隠す為に、饅頭型の木製漆塗りの飾りを付け、扉全体の変形を防止するため金銅八双金具(装飾と補強を兼ねた建築金具の一種)を、取り付けている。板戸 フレッシュアイペディアより)

  • 朝集殿

    朝集殿から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺の講堂は、平城宮の改修にともなって、天平宝字4年(760年)ころに平城宮の東朝集殿を移築したものである。瓦葺で梁行9間、桁行4間。壁や建具のほとんどない開放的な建物であった。朝集殿として用いられていたときは切妻造であったが、移築の際、入母屋造に改造され、建具を入れている。鎌倉時代の建治元年(1275年)にも改修されているが、平城宮の建物のなかで現存する唯一の遺構としてきわめて貴重であり、国宝に指定されている。朝集殿 フレッシュアイペディアより)

  • 根本説一切有部律

    根本説一切有部律から見た唐招提寺唐招提寺

    チベット大蔵経に収録されている。漢訳の大蔵経には、義浄訳の『根本説一切有部毘奈耶』関連の典籍が収録されている(大正新脩大蔵経1442-1459番・律部)。(ちなみに、唐招提寺にある『根本説一切有部戒経』等は、国の重要文化財に指定されている。)根本説一切有部律 フレッシュアイペディアより)

  • 日本建築史

    日本建築史から見た唐招提寺唐招提寺

    東大寺(法華堂、転害門など)、正倉院正倉、唐招提寺(金堂、講堂など)、法隆寺(夢殿など)日本建築史 フレッシュアイペディアより)

  • 坂上石楯

    坂上石楯から見た唐招提寺唐招提寺

    宝亀10年(779年)5月1日に、妻の紀朝臣多継、息子の坂上忌寸氏成、娘の秋穂の三人が、故父石楯の厚恩に報じるために、大般若波羅蜜多経1部600巻を写経して納めた。このうちの巻176が唐招提寺に残り、跋語によってその事情が伝わっている。また、このことから、宝亀10年(779年)までに没したことがわかる。坂上石楯 フレッシュアイペディアより)

  • 名和昆虫博物館

    名和昆虫博物館から見た唐招提寺唐招提寺

    名和昆虫博物館は1919年(大正8年)10月26日開館。建物は開館当時のもので、洋風2階建(設計は武田五一。中の柱は唐招提寺のシロアリ被害を受けた柱であり、解体修理時に名和昆虫博物館が引き取り、シロアリの被害を残す目的で使用されている。明治洋風建築の貴重な建築物で、登録有形文化財(岐阜県第1号)に登録されている。名和昆虫博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 西ノ京

    西ノ京から見た唐招提寺唐招提寺

    かつてこのあたりには西大寺・喜光寺・唐招提寺・薬師寺などの大寺が連ねて栄えていが、現代では大半は農地・宅地となり、薬師寺や唐招提寺などがわずかにその昔の栄華をしのばせる。西大寺から喜光寺を経て、垂仁天皇陵東部を通り、唐招提寺に向かう道は、「歴史の道」として整備され、古刹を訪ねながら歩く観光道となっている。西ノ京 フレッシュアイペディアより)

128件中 31 - 40件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード