157件中 31 - 40件表示
  • 唐招提寺1200年の謎〜天平を駆けぬけた男と女たち

    唐招提寺1200年の謎〜天平を駆けぬけた男と女たちから見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺の謎について、本堂大改修の軌跡を追ったドキュメンタリーと、寺建立の軌跡の再現ドラマの2本立て構成で解明する番組である。唐招提寺1200年の謎〜天平を駆けぬけた男と女たち フレッシュアイペディアより)

  • 安土じょう

    安土じょうから見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺と鑑真和上物語(原作:田中舘哲彦 / 協力:唐招提寺 / 汐文社)安土じょう フレッシュアイペディアより)

  • 海老名和明

    海老名和明から見た唐招提寺唐招提寺

    『盧舎那仏坐像』 唐招提寺海老名和明 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺三郎助

    田辺三郎助から見た唐招提寺唐招提寺

    奈良の寺 19 金堂の仏像 唐招提寺 岩波書店 1973田辺三郎助 フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏のザ・ベストセレクション

    関口宏のザ・ベストセレクションから見た唐招提寺唐招提寺

    遷都1300年!唐招提寺物語「色彩が語る天平の美」関口宏のザ・ベストセレクション フレッシュアイペディアより)

  • 立花家扇遊

    立花家扇遊から見た唐招提寺唐招提寺

    奈良県多武岬付近の延命寺の生まれ、泉州堺の唐招提寺の僧侶となり、20歳で実家の住職になった。立花家扇遊 フレッシュアイペディアより)

  • 大和路

    大和路から見た唐招提寺唐招提寺

    近現代の散文においては〈大和(奈良県)のいろいろなところ〉というニュアンスをもって使われる場合が多い。1935年には、谷崎潤一郎が『旅のいろいろ』という文章で、大阪湊町駅からの関西本線に乗っての移動を、「関西線の汽車に乗って春の大和路を眺めることを楽しみの一つに数えているのである」と記述している。1940年代に、堀辰雄が『大和路・信濃路』というエッセイを発表している。堀は、1941年秋、奈良ホテルに滞在し、海龍王寺、秋篠寺、薬師寺、唐招提寺などを巡遊しながら、このエッセイを書いた。1941年には、関西急行電鉄が、『大和路叢書』というシリーズものの観光案内を出版した。写真家、入江泰吉は自著のタイトルに〈大和路〉の文言を何度も使っている。大和路 フレッシュアイペディアより)

  • 善派

    善派から見た唐招提寺唐招提寺

    西大寺の中興で深い関係が伺われる叡尊の発願により、善慶の清涼寺式釈迦如来像、善円の愛染明王像など西大寺の諸像を造立した。肖像彫刻に優れていた善春は、叡尊像を制作した。また、唐招提寺の清涼寺式釈迦如来像も、善派の作品と指摘されている。善派 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳳文化

    白鳳文化から見た唐招提寺唐招提寺

    白鳳文化(はくほうぶんか)とは、645年(大化元年)の大化の改新から710年(和銅3年)の平城京遷都までの飛鳥時代に華咲いたおおらかな文化であり、法隆寺の建築・仏像などによって代表される飛鳥文化と、東大寺の仏像、唐招提寺の建築などによって代表される天平文化との中間に位置する。なお、白鳳とは日本書紀に現れない元号(逸元号や私年号という)の一つである(しかし続日本紀には白鳳が記されている)。天武天皇の頃に使用されたと考えられており(天智天皇のときに使用されたとする説もある)、白鳳文化もこの時期に最盛期を迎えた。白鳳文化 フレッシュアイペディアより)

  • レース (手芸)

    レース (手芸)から見た唐招提寺唐招提寺

    紀元前1500年頃のエジプトでは、網状のレースや刺繍レースが使用されていた。古代ギリシア人やローマ人たちは、糸や金糸でトーガやペプラムを美しく飾った。また、日本の唐招提寺に現存する「方円彩糸花網」(ほうえんさいしかもう)は、8世紀半ば以前に中国で制作されたもので、ヨーロッパのニードルポイントレースに極めて類似した技術で作られている。このことは、ユーラシア大陸の東西それぞれに技術が伝播したことを示している。レース (手芸) フレッシュアイペディアより)

157件中 31 - 40件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード