157件中 41 - 50件表示
  • 平沢官衙遺跡

    平沢官衙遺跡から見た唐招提寺唐招提寺

    古代の文献により、校木を井桁状に組み上げる校倉は、郡衙正倉では中規模以下の倉におおいことが判明している。また、校倉は柱がないため軒先が下がりやすい。ここでは、外周柱穴列を屋根支柱と推定して、校倉で復元している。屋根は校倉建物におおい寄棟としてある。復元に際しては、東大寺や唐招提寺に現存する奈良時代の校倉を参考にしている。平沢官衙遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 善養寺 (世田谷区)

    善養寺 (世田谷区)から見た唐招提寺唐招提寺

    丸子川にかかる赤い橋(大日橋)を渡って石段を上ると、一対の海駝(かいだ)の坐像が出迎える。海駝は架空の神獣で火除けの神といい、世界でも5つしかない珍しいものという。本堂は奈良の唐招提寺金堂を模したもので、鴟尾一対が載った瓦葺き、寄棟造りの屋根が特徴である。善養寺 (世田谷区) フレッシュアイペディアより)

  • 幡随院

    幡随院から見た唐招提寺唐招提寺

    北側の丘の上に奈良の唐招提寺をイメージして建てられた阿弥陀堂・開山堂、その麓に方丈等を備えるが墓地は有しない。また、かつての学寮の伝統を継ぐ白道寮を設置して檀林学徒を育成したが現在は経済事由で中断している。幡随院 フレッシュアイペディアより)

  • 経蔵 (建築)

    経蔵 (建築)から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺経蔵 国宝、奈良時代の校倉建築、奈良県経蔵 (建築) フレッシュアイペディアより)

  • 賢憬

    賢憬から見た唐招提寺唐招提寺

    興福寺の宣教に師事して唯識法相を学ぶ一方で苦業練行を重ね、天平15年(743年)正月に「師主元興寺賢璟」として同族の子麻呂を優婆塞に貢進推挙した。754年(天平勝宝6年)唐の僧鑑真を難波に迎え、翌755年(天平勝宝7歳)には旧戒を破棄して鑑真から具足戒を受けた。758年(天平宝字2年)には唐招提寺に一切経420巻を奉納している。774年(宝亀5年)に律師に任じられている。宝亀9年(778年)頃に大和国室生山で延寿法を修して山部皇太子(後の桓武天皇)の宿痾を治したために、後に桓武天皇の深い信頼を得た。780年(宝亀11年)多度大社神宮寺に三重塔を建立、また宝亀年間(770年?780年)には室生寺を創建している。784年(延暦3年)大僧都に任じられる。延暦4年(785年)4月の最澄の戒牒や『多度神宮寺伽藍縁起並資財帳』に、ともに僧綱の一人として署名した。793年(延暦12年)遷都を行うにあたって遷都先の地を選ぶ際、山背(山城)の地に派遣されている。その際、比叡山文殊堂供養で導師をつとめている。同年11月8日に80歳で没した。賢憬 フレッシュアイペディアより)

  • 法智

    法智から見た唐招提寺唐招提寺

    天平宝字3年に鑑真が新田部親王旧邸跡に唐招提寺を建立する際に立ち会ったという。天平勝宝7年12月には東大寺から唐院に止観経を返していった。法智 フレッシュアイペディアより)

  • 開山堂

    開山堂から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺(奈良県奈良市)の御影堂 - 重要文化財。国宝「鑑真和上坐像」を奉安する。開山堂 フレッシュアイペディアより)

  • JAL音舞台シリーズ

    JAL音舞台シリーズから見た唐招提寺唐招提寺

    第22回:2009年9月5日、唐招提寺音舞台JAL音舞台シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 西川新次

    西川新次から見た唐招提寺唐招提寺

    『奈良の寺 20 鑑真像と木彫群 唐招提寺』撮影:米田太三郎 岩波書店 1975西川新次 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤圭章

    工藤圭章から見た唐招提寺唐招提寺

    『奈良の寺 18 金堂と講堂 唐招提寺』撮影:渡辺義雄,薗部澄 岩波書店 1974工藤圭章 フレッシュアイペディアより)

157件中 41 - 50件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード