128件中 41 - 50件表示
  • 淡墨観音

    淡墨観音から見た唐招提寺唐招提寺

    本尊は聖観世音菩薩。大正時代に折れた淡墨桜の枝を彫って製作されている。また、観音像が納められている厨子は唐招提寺の古材を使用したものである。淡墨観音 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺1200年の謎〜天平を駆けぬけた男と女たち

    唐招提寺1200年の謎〜天平を駆けぬけた男と女たちから見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺の謎について、本堂大改修の軌跡を追ったドキュメンタリーと、寺建立の軌跡の再現ドラマの2本立て構成で解明する番組である。唐招提寺1200年の謎〜天平を駆けぬけた男と女たち フレッシュアイペディアより)

  • 毘盧遮那仏

    毘盧遮那仏から見た唐招提寺唐招提寺

    真言宗などの密教における「摩訶毘盧遮那仏」(大毘盧遮那仏、Mahāvairocana(マハー・ヴァイローチャナ))は、大日如来と呼ばれ、成立の起源を、ゾロアスター教の善の最高神アフラ・マズダーに求める学説がある。仏像では、聖武天皇の発願により造られた東大寺盧舎那仏像(奈良の大仏、東大寺大仏)が有名。同様に、鑑真が開創した唐招提寺金堂の中尊も、天平時代の脱乾漆像として有名であり、鑑真が中国からもたらした盛唐様式の作風を伝える彫刻として貴重な存在である。毘盧遮那仏 フレッシュアイペディアより)

  • 森蘊

    森蘊から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺「僧坊の庭」移設 - 奈良県、京都・妙蓮寺の「十六羅漢遊行の庭」を移築、1969年。森蘊 フレッシュアイペディアより)

  • 開山堂

    開山堂から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺(奈良県奈良市)の御影堂 - 重要文化財。国宝「鑑真和上坐像」を奉安する。開山堂 フレッシュアイペディアより)

  • 行基図

    行基図から見た唐招提寺唐招提寺

    戦国時代の弘治3年(1557年)に描かれたとされる『南瞻部洲大日本国正統図』(伝香寺旧蔵、現唐招提寺所蔵)は、日本地図の周辺の外枠に郡名などの情報が記載されている。この図あるいは同一スタイルの地図が江戸時代の行基図の基本となっていく。また、この時代には屏風絵の背景などにも行基図が採用された。安土桃山時代の作とされる福井県小浜市発心寺の屏風絵などがその代表作である。行基図 フレッシュアイペディアより)

  • 善養寺 (世田谷区)

    善養寺 (世田谷区)から見た唐招提寺唐招提寺

    丸子川にかかる赤い橋(大日橋)を渡って石段を上ると、一対の海駝(かいだ)の坐像が出迎える。海駝は架空の神獣で火除けの神といい、世界でも5つしかない珍しいものという。本堂は奈良の唐招提寺金堂を模したもので、鴟尾一対が載った瓦葺き、寄棟造りの屋根が特徴である。善養寺 (世田谷区) フレッシュアイペディアより)

  • JAL音舞台シリーズ

    JAL音舞台シリーズから見た唐招提寺唐招提寺

    第22回:2009年9月5日、唐招提寺音舞台JAL音舞台シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 奈良交通奈良営業所

    奈良交通奈良営業所から見た唐招提寺唐招提寺

    63:県庁前 - 近鉄奈良駅 - 油阪船橋商店街前 - JR奈良駅 - 南添川(みなみそえかわ) - 三条大路五丁目 - 唐招提寺(六条山行きのみ) - 薬師寺東口(県庁前行きのみ) - 西の京駅 - 六条山奈良交通奈良営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良交通西大和営業所

    奈良交通西大和営業所から見た唐招提寺唐招提寺

    52:大仏殿春日大社前(法隆寺前ゆきは東大寺大仏殿・国立博物館) - 県庁東 - 近鉄奈良駅 - JR奈良駅 - 唐招提寺東口 - 薬師寺東口 - 小川町 - やまと郡山城ホール - 近鉄郡山駅 - (この間上記の51系統に同じ) - 法隆寺前奈良交通西大和営業所 フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード