157件中 51 - 60件表示
  • 奈良県道266号奈良西の京斑鳩自転車道線

    奈良県道266号奈良西の京斑鳩自転車道線から見た唐招提寺唐招提寺

    平城宮跡を抜けて秋篠川を南進すると、西の京地区の唐招提寺や薬師寺といった寺院・名跡を仰いで大和郡山市へ入る、奈良県道266号奈良西の京斑鳩自転車道線 フレッシュアイペディアより)

  • 官寺

    官寺から見た唐招提寺唐招提寺

    舒明天皇11年(639年)から造営の始まった百済大寺(後の大官大寺・大安寺)が天皇家の発願による最初の官寺であり、奈良県桜井市の吉備池廃寺が寺跡に比定されている。『日本書紀』天武天皇9年(680年)4月の記事に「官司治むる」「国大寺二三」という文言が見られるが、これは皇室とのつながりの深い大官大寺・川原寺(現・弘福寺)両寺と蘇我氏の氏寺でありながら飛鳥の中心寺院として大化の改新以後には代わって朝廷の保護を受けた法興寺(飛鳥寺)を加えた各寺院のこととされている。続いて『続日本紀』大宝2年(702年)12月の記事には、「四大寺」という文言が見られ、これは前述の3寺に薬師寺を加えた4寺を指すと考えられている。その後、平城京遷都に伴い、大官大寺は新京に移されて大安寺と改名し、法興寺も移転されて元興寺と改名された(なお、法興寺の旧施設も別院として残されて後に本元興寺として独立する)。続いて同じく天平勝宝8歳(8年、756年)には先の「四大寺」に更に興福寺・東大寺・法隆寺の3寺を加えた計7寺が「七大寺」として記されている(ただし、川原寺を外して西大寺を加えた後世「南都七大寺」と呼ばれた寺院を指すとする説もある)。更に同じく宝亀元年(770年)4月の記事では「十二大寺」が記録されている。この12寺がどこを指すのかは不明。延暦10年(791年)には四天王寺・崇福寺と西大寺(あるいは川原寺)を加えて「十大寺」とした。更に『延喜式』においては大寺のうち、「十大寺」と唐招提寺・新薬師寺・本元興寺(法興寺から分離、現・飛鳥寺)・東寺・西寺を「十五大寺」とした。ただし、本元興寺を外して法華寺を入れる異説がある他、梵釈寺や建興寺(豊浦寺、現・向原寺)のように「十五大寺」に含まれないが待遇面では大寺の待遇を受けていた寺院や戒壇が置かれた観世音寺・下野薬師寺なども当然に大寺の待遇を受けており、この時期になると名数自体には深い意味は無かったと考えられている。官寺 フレッシュアイペディアより)

  • 正平地震

    正平地震から見た唐招提寺唐招提寺

    『後愚昧記』などには摂津四天王寺の金堂、奈良唐招提寺、薬師寺、山城東寺など堂塔が破損、倒壊したと記録される。『斑鳩嘉元記』によれば紀伊では湯の峯温泉の湧出が停止し、熊野山の山路や山河の破損が多く、『愚管記』には熊野神社の社頭や仮殿が尽く破損したとある。正平地震 フレッシュアイペディアより)

  • 竹林寺 (生駒市)

    竹林寺 (生駒市)から見た唐招提寺唐招提寺

    竹林寺は生駒山の東麓の山中に位置する。奈良時代に架橋、治水などの社会事業に奔走し、東大寺大仏の造立にも力のあった僧・行基の墓所がある寺である。行基が壮年期に営んだ小庵が後に寺院とされたものと思われる。行基は文殊菩薩の化身と信じられており、寺号は文殊菩薩の聖地である中国の五台山大聖竹林寺にちなむ。明治時代以降は廃寺同然となり、本山の唐招提寺が管理していたが、20世紀末から境内の整備が進められている。竹林寺 (生駒市) フレッシュアイペディアより)

  • 天平

    天平から見た唐招提寺唐招提寺

    奈良時代の最盛期にあたるため、東大寺、唐招提寺などに残るその時代の文化を天平文化と呼ぶことが多い。天平 フレッシュアイペディアより)

  • 球形の荒野

    球形の荒野から見た唐招提寺唐招提寺

    昭和36年のこと、奈良の唐招提寺を訪ねた芦村節子は、その芳名帳に、大戦中に外交官であった亡き叔父・野上顕一郎に相似した筆跡を発見する。名前は違っていたが、懐かしさを覚えた節子は、夫の亮一や野上未亡人・孝子にこの件を話す。彼らは野上顕一郎の死亡は確認されているとして取り合わなかったが、孝子の娘・久美子のボーイフレンドである添田彰一は、野上顕一郎の死亡前後の事情を調べてみようと試みる。しかし、当時の関係者は一様に冷淡な反応を示し、村尾課長は「ウィンストン・チャーチルに訊け」との謎めいた言葉で添田を煙に巻く。球形の荒野 フレッシュアイペディアより)

  • 獅子窟寺

    獅子窟寺から見た唐招提寺唐招提寺

    像高は92.3センチメートル。9世紀(平安時代初期)の作。カヤ材の一木造で、両脚の前部、右腕の肘から先、左手首から先などに別材を矧ぐ。ただし、右腕と左手の別材部分は後補である。像底と後頭部、背部から内刳りを行う。左脚を上にして坐し、左足先を衣で包み込む形式で、唐代彫刻や唐招提寺の盧舎那仏坐像に代表される天平彫刻の古い形式を踏襲したものとみられる。面相表現には観心寺の如意輪観音像など承和後半期(840年代)の仏像との共通点が指摘される。印相は右手を胸前に上げた施無畏印とし、左手は膝上に置くのではなく胸前まで上げて宝珠を捧げる形とする点が珍しい。前述のとおり、本像の右腕の肘から先、左手首から先と持物の宝珠は後補で、当初からこの印相であったかどうかはわからない。特に後補の右腕の角度が不自然であることから、製作当初は説法印を結んだ阿弥陀如来像であった可能性が考えられている。獅子窟寺 フレッシュアイペディアより)

  • 鑑貞

    鑑貞から見た唐招提寺唐招提寺

    画風から16世紀前半に活動したとみられる。『本朝画史』によると唐招提寺総持坊に住した律僧で、「奈良法眼」と称して周文の画法を能くし、荒い筆法は南宋の梁楷の減筆体に似るという。一方『古画備考』では、雪舟や夏珪に似て優れているとしている。事績は全く知られていないが、『多聞院日記』天文13年(1544年)6月2日に、「カンテヰ」という絵師が屏風絵を描いた、という記事が見える。この「カンテヰ」と鑑貞が同一人物かは不明だが、同時代に奈良で活躍したという点が興味深い。鑑貞 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤延男

    伊藤延男から見た唐招提寺唐招提寺

    『日本古寺美術全集 第3巻 薬師寺と唐招提寺』編著 集英社 1979伊藤延男 フレッシュアイペディアより)

  • 太平元宝

    太平元宝から見た唐招提寺唐招提寺

    大平元宝が発掘調査で見つかった事例は報告されておらず、大正時代には某家、昭和3年(1928年)に唐招提寺で宝蔵から発見され伝わる2品が現存していた。3品が伝存するとする説もある。現在はその2品の拓本が伝わるのみで、現品は行方不明となっている。しかし拓本によれば何れも『続日本紀』に記された「大平元寳」ではなく「太平元寳」と表記されており、贋物説さえ囁かれていた。一方で「大平」は「太平」と同じく天下太平を表す吉語であり、淳仁天皇の治世が太平であることを願ったものともされる。太平元宝 フレッシュアイペディアより)

157件中 51 - 60件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード