157件中 61 - 70件表示
  • 滝田 栄

    滝田栄から見た唐招提寺唐招提寺

    「新版 古寺巡礼奈良〈8〉唐招提寺」(西山明彦共著、淡交社)2010年 滝田栄 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県立西の京高等学校

    奈良県立西の京高等学校から見た唐招提寺唐招提寺

    歴史的に平城京の外京として栄えた弥生台地域に位置している関係上、校章は西ノ京にある唐招提寺・薬師寺の瓦の紋様の忍冬唐草模様からデザインしたものが採用されている。地域とのつながりが深く、「まほろば創生・なら教育特区」の一環で普通科に地域創生コースを開設した。教育課程の特例により世界史ではなく日本史が必修科目となっている。奈良県立西の京高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 覚如 (真言律宗)

    覚如 (真言律宗)から見た唐招提寺唐招提寺

    同じ、叡尊の弟子である忍性と親しかったらしく、寛元元年(1243年)に忍性が伊豆山権現に下った際に同行している。同年、忍性は自分の才覚が劣ることに憂慮し、戒律に関する章疏などを南宋から日本へ持ち帰ることで少しでも師の叡尊の役に立ちたいと思い立った。覚如もこれに同調して師の叡尊に申し入れを行うが、師の説得によって忍性は断念した。しかし、覚如はその思いを絶ちがたく、翌寛元2年(1244年)の夏安居の直後に改めて師に渡宋を志願した。その決意を知った叡尊は同じ弟子の定舜とともに渡宋を許した。更に叡尊とともに自誓受戒した同志であった唐招提寺の有盛も同行を申し入れた。かくして、3名は南宋に渡海した。4年後の宝治2年6月22日(1248年7月14日)に覚如らは律三大部(四分律行事鈔・四分律羯磨疏・四分律戒本疏)20具を持って博多に帰還した。帰国後は叡尊が鎌倉滞在中に宿所とした鎌倉の新清凉寺の長老となり、忍性とともに東国への布教活動にあたった。覚如 (真言律宗) フレッシュアイペディアより)

  • 平城遷都1300年記念事業

    平城遷都1300年記念事業から見た唐招提寺唐招提寺

    2007年 平城京フォーラム「風月同天」(松浦俊海唐招提寺長老、谷村新司、千田稔、上田正昭、王維坤西北大学教授)大阪国際会議場平城遷都1300年記念事業 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野城

    吉野城から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺の僧、照遠(しょうえん、1304年(嘉元2年)〜?)が、吉野城陥落後50日余り後に記した「述迹鈔奥書」によれば、正慶2年閏2月1日、大塔宮率いる軍勢が籠もる吉野へ出羽入道(二階堂道蘊)の軍勢数千騎が攻め入り、山内の坊舎を焼き、宮以下散り散りになる。その時に取られた大塔宮方の将兵120の首が吉野川に晒された、とある。吉野城 フレッシュアイペディアより)

  • 森本孝順

    森本孝順から見た唐招提寺唐招提寺

    森本孝順(もりもと きょうじゅん、1902年(明治35年)11月17日 - 1995年(平成7年)6月19日)は、律宗の僧侶。第81世唐招提寺長老(住職に相当)。律宗管長。奈良県磯城郡生まれ。森本孝順 フレッシュアイペディアより)

  • 律宗

    律宗から見た唐招提寺唐招提寺

    天平勝宝5年(753年)、鑑真が6度の航海の末に唐から招来され、東大寺に戒壇を開き聖武上皇や称徳天皇を初めとする人々に日本で初めて戒律を授けた。後に唐招提寺を本拠として戒律研究に専念し、南都六宗の一つとして今日まで続いている。律宗 フレッシュアイペディアより)

  • 南都六宗

    南都六宗から見た唐招提寺唐招提寺

    律宗 - 開祖:鑑真、寺院:唐招提寺南都六宗 フレッシュアイペディアより)

  • 日本建築史

    日本建築史から見た唐招提寺唐招提寺

    東大寺(法華堂、転害門など)、正倉院正倉、唐招提寺(金堂、講堂など)、法隆寺(夢殿など)日本建築史 フレッシュアイペディアより)

  • 前園実知雄

    前園実知雄から見た唐招提寺唐招提寺

    愛媛県生まれ。同志社大学文学部卒業。1969年奈良県立橿原考古学研究所勤務。太安萬侶墓、藤ノ木古墳、法隆寺、唐招提寺など多くの発掘調査をおこなう。1981?1983年の二年間、中国へ留学。前園実知雄 フレッシュアイペディアより)

157件中 61 - 70件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード