128件中 61 - 70件表示
  • 東方文化学院

    東方文化学院から見た唐招提寺唐招提寺

    大塚に所在していた東方文化学院の施設(関野貞の案、内田祥三の設計により東京研究所として建築。唐招提寺を模して造られたという)は、そのまま東大東文研に継承・使用され、一部は外務省の研修所としても利用された。その後、東文研が1967年東大本郷キャンパス内の現在地に移転、さらに1995年外務省研修所も郊外の相模原に移転したため、土地と建物は民間に売却する予定となった。しかし、建物の文化的価値などから保存運動が始まり、始め東京大学に購入を要請したがそれは叶わず、近隣にキャンパスを持つ拓殖大学が購入することとなった。現在は、拓殖大学国際教育会館として利用されている。なお現在東大東文研正面玄関の前にある一対の獅子像は、旧東方文化学院から移設されたものである。東方文化学院 フレッシュアイペディアより)

  • 東大寺の歴史

    東大寺の歴史から見た唐招提寺唐招提寺

    そして貞享元年(1686年)、公慶は幕府の認可をもって江戸、京、大坂の大都市を中心に勧進を始め、同5年に勧進上人に任ぜられた。江戸では長寿院を、東大寺では自ら創建した子院の竜松院を拠点とし、元禄3年に大仏の頭を、元禄4年には東大寺八幡宮(手向山八幡宮)の修造がなった。大仏殿の修復は未完であったものの、元禄5年に、大仏再建をもってとりあえずの開眼供養をした。開眼導師は別当の済深法親王が、供養の導師は勧進に協力的であった興福寺一乗院門跡の真敬法親王が、結願日の導師は華厳長吏で尊勝院主の道恕大僧正が務めた。供養には諸国から多くの民衆が結集し、多数の正倉院蔵の宝物が陳列され、また同じく奈良の元興寺や璉城寺、慈眼寺、薬師寺、唐招提寺、秋篠寺なども宝物を開陳したため、大いに賑わった。『大仏殿再建記』は、この時集った民の数を20万人以上と伝えている。東大寺の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 隆光

    隆光から見た唐招提寺唐招提寺

    1658年(万治元年)仏門に入り、長谷寺・唐招提寺で修学した後、奈良・醍醐で密教を修め、儒学・老荘をも学んだ。1686年(貞享3年)5代将軍徳川綱吉の命により将軍家の祈祷寺である筑波山知足院の住職となったの機に、急速に綱吉の帰依を得た。1688年(元禄元年)には知足院を神田橋外に移して護持院と改称してその開山となった。1695年(元禄8年)には新義真言宗の僧では初めて大僧正となっている。宝永4年2月25日隠居し、駿河台成満院へ転住する。隆光 フレッシュアイペディアより)

  • 寄棟造

    寄棟造から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺金堂(奈良県)寄棟造 フレッシュアイペディアより)

  • 豊安

    豊安から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺に入り、鑑真の弟子である如宝に師事して戒律を修学した。815年(弘仁6年)師の如宝が没した後は唐招提寺の第5世を継ぎ、翌816年(弘仁7年)律師に任じられた。827年(天長4年)には少僧都に昇任した。830年(天長7年)には律宗を代表して淳和天皇に「戒律伝来宗旨問答」3巻を撰呈している。豊安 フレッシュアイペディアより)

  • 実範

    実範から見た唐招提寺唐招提寺

    興福寺で法相教学を、醍醐寺の厳覚と高野山の教真に真言密教を、比叡山横川の明賢から天台教学を学んだ。一時大和国忍辱山円成寺に隠棲したが、のちに中川成身院を開いて真言密教・天台・法相兼学の道場とした。また唐招提寺の荒廃を嘆き、戒律復興を唱えて1122年(保安3年)「東大寺戒壇院受戒式」を定めている。藤原忠実・藤原頼長・藤原宗忠などの帰依を受け、晩年は浄土教に傾倒し、山城国光明寺に移った。実範 フレッシュアイペディアより)

  • 法智

    法智から見た唐招提寺唐招提寺

    天平宝字3年に鑑真が新田部親王旧邸跡に唐招提寺を建立する際に立ち会ったという。天平勝宝7年12月には東大寺から唐院に止観経を返していった。法智 フレッシュアイペディアより)

  • 忍性

    忍性から見た唐招提寺唐招提寺

    永仁6年(1298年)律宗の祖鑑真を顕彰する東征伝絵縁起を唐招提寺に施入。鎌倉坂の下に馬病舎を建てる。極楽寺に真言院を建てる。忍性 フレッシュアイペディアより)

  • 覚盛

    覚盛から見た唐招提寺唐招提寺

    興福寺で出家し、常喜院に住して戒律を学んだ。1236年(嘉禎2年)叡尊・円晴(えんせい)・有厳(うごん)らとともに東大寺で自誓受戒して戒律を復興した。四条天皇をはじめ皇族や公卿に菩薩戒を授け。1244年(寛元2年)唐招提寺に入寺して律学の復興に尽力し、戒律復興の祖とも鑑真の再来などとも称された。1249年(建長元年)、唐招提寺にて56歳で没。弟子に良遍・証玄・円照などがいる。覚盛 フレッシュアイペディアより)

  • 凝然

    凝然から見た唐招提寺唐招提寺

    東大寺戒壇院の円照に師事して通受戒を受けたほか、華厳を宗性に、律を証玄に、真言密教を聖守・真空に、浄土教学を長西に学ぶなど博学であった。とりわけ華厳教学に通じており各所で講義を行っている。円照のあとを受けて東大寺戒壇院に住し、法隆寺や唐招提寺など南都寺院を管轄した。『八宗綱要』は日本仏教史研究に不可欠の文献である。凝然 フレッシュアイペディアより)

128件中 61 - 70件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード