157件中 71 - 80件表示
  • せん仏

    せん仏から見た唐招提寺唐招提寺

    制作方法は、塼が古代中国で作られていた煉瓦の一種を意味するように、あらかじめ制作しておいた雌型に粘土を押し当てて形をとり、乾燥、焼成する。木像や石像と異なり、大量生産に向くメリットがある。新田部親王の邸宅跡(現唐招提寺)からは、部分的に金箔や漆で覆われた塼仏の破片が発掘されており、豪華な装飾を施したものも存在していることが判明している。せん仏 フレッシュアイペディアより)

  • 竹中大工道具館

    竹中大工道具館から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺金堂組物 - 国宝になっている唐招提寺金堂の柱や屋根を原寸大の復元模型で、高さは約7mある。竹中大工道具館 フレッシュアイペディアより)

  • 西照寺

    西照寺から見た唐招提寺唐招提寺

    百萬は春日大社の巫女で、子に十萬と呼ばれる男児があった。ある時西大寺の念仏会に家族で詣でたが、混雑の中で十萬とはぐれたという。あまりの事に狂女となった百萬は十萬を探してさまよい歩き、ついに京都嵯峨清凉寺の念仏会で再開することができた。2人は奈良に戻り睦まじく暮らしたが、後に十萬は唐招提寺の道浄上人になったとも、あるいは清凉寺の十遍上人になったとも伝わる。この伝説は後に観阿弥により謡曲・百万に仕立てられた。西照寺 フレッシュアイペディアより)

  • 講御堂寺

    講御堂寺から見た唐招提寺唐招提寺

    空海の開基と伝わり、真言宗の寺であったとされる。江戸時代中期(1740年頃?)に栄雄阿闇梨が中興し、唐招提寺末となった。荒廃していた唐招提寺の再興に尽くし、鑑真和上坐像の里帰りを実現した森本孝順(きょうじゅん)が長年住職をしていた。講御堂寺 フレッシュアイペディアより)

  • 11月17日

    11月17日から見た唐招提寺唐招提寺

    1902年 - 森本孝順、律宗の僧侶、第81世唐招提寺長老(+ 1995年)11月17日 フレッシュアイペディアより)

  • 壬生寺

    壬生寺から見た唐招提寺唐招提寺

    園城寺(三井寺)の僧快賢が、991年(正暦2年)に自身の母のために建立したとされる。京都では珍しい律宗(総本山は奈良・唐招提寺)寺院である。壬生寺 フレッシュアイペディアより)

  • 僧房

    僧房から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺礼堂 - 元の東面の僧房が、改築されて今も残る。僧房 フレッシュアイペディアより)

  • 秘仏

    秘仏から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺(奈良)鑑真和上坐像(国宝)6月5日 - 7日開扉秘仏 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺の仏像

    法隆寺の仏像から見た唐招提寺唐招提寺

    国宝。奈良時代。像高88.5センチ。夢殿堂内、壇上の北東(向かって右奥)に安置される。麻布を漆で張り重ねた脱活乾漆像。もとは彩色されていたが、ほとんど剥落している。法隆寺東院伽藍の創立者である行信の肖像で、頭頂がやや尖り、両目は吊り上がり、鼻翼が大きい、個性的な面貌に表される。両手は膝に置き、持物(じもつ)の如意を執る。この如意は角製で、造像当初のものである。礼盤形の台座は鎌倉時代の作。『法隆寺別当次第』には、永保3年(1083年)、夢殿の行信像と道詮像(後出)を仏壇下から仏壇上へ移動したとの記録がある。大江親通が嘉承元年(1106年)に南都の諸寺を巡拝した際の記録である『七大寺日記』には、行信像は「丑寅角」にあったと記されており、本像はその当時から現状とほぼ同じ位置に安置されていたことがわかる。行信については生没年を含め、生涯のくわしいことはよくわかっていない。平安時代末期の『七大寺年表』は行信の没年を天平勝宝2年(750年)とするが、実際はそれより長生きしたとする説もある。仮に行信の没年を750年とし、没後まもなく本像が作られたとすると、本像は唐招提寺の鑑真像(天平宝字7年・763年頃)より十年以上古い、日本最古の肖像彫刻ということになるが、後述のように、実際の制作年代はもう少し下るとみられている。『続日本紀』天平勝宝6年(754年)11月24日条に、「薬師寺行信」なる僧が厭魅(えんみ、呪詛によって人を殺すこと)を行ったかどで下野薬師寺に流罪になったとの記事があり、これが東院伽藍創立者の行信と同一人物か否か、同一人物である場合、流罪になった人物の肖像を作ったのはなぜかという点が疑問である。浅井和春は、天平神護2年(766年)、「薬師寺行信」と同じ時に流罪になった大神多麻呂という人物が復位したとの記事が『続紀』にあることを指摘し、この時行信の名誉も回復されたのではないかと推定した。また、その翌年にあたる神護景雲元年(767年)には行信発願の大乗経2,700巻(通称行信経)が完成している。このため浅井は、行信の復権と大乗経の完成を機として本像が作られたのではないかと想定している。法隆寺の仏像 フレッシュアイペディアより)

  • 大仏様

    大仏様から見た唐招提寺唐招提寺

    唐招提寺鼓楼 - 和様を基調とするが、頭貫等細部に大仏様が見られる。仁治元年(1240年)建立。大仏様 フレッシュアイペディアより)

157件中 71 - 80件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード