68件中 31 - 40件表示
  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た奈良時代

    唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。井上靖の小説『天平の甍』で広く知られるようになった中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を初め、多くの文化財を有する。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た学生社

    森本孝順序・徳田明本 『唐招提寺』 学生社、1998、※上記2冊は絶版につき、本書が参照しやすい。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た興福寺

    重要文化財。文化財指定名称は「旧一乗院 宸殿 殿上及び玄関」。鑑真の肖像彫刻(国宝)を安置する(開山忌前後のの6月5日 - 7日のみ公開)。建物は興福寺の有力な子院であった一乗院(廃絶)の遺構で、慶安2年(1649年)の建立。1962年までは地方裁判所の庁舎として使用され、1964年に唐招提寺に移築された。障壁画は鑑真像に奉納するため、日本画家東山魁夷によって新たに描かれたものである。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た隆平永宝

    木心乾漆薬師如来立像 - 像高336.5センチメートル。廬舎那仏像とは造像技法が異なり、木心に木屎漆(こくそうるし)を盛り上げて造形した木心乾漆像である。かつては奈良時代の作と考えられていたが、1972年の修理時に左の掌の内側に3枚の古銭が納入されているのが発見され、そのうち最も年代の下る隆平永宝が延暦15年(796年)以降の鋳造であることから、本像の制作もそれ以降、つまり平安京遷都後となる。光背はこの像のものとしては幅が広すぎ、他の像の光背を転用したものと推定されている。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た弥勒如来

    国宝。入母屋造、本瓦葺き。正面9間、側面4間。平城宮の東朝集殿を移築・改造したもので、天平宝字4年(760年)頃、平城宮の改修に伴って移築された。東朝集殿は、壁や建具のほとんどない開放的な建物で、屋根は切妻造であったが、寺院用に改造するにあたって、屋根を入母屋造とし、建具を入れている。鎌倉時代の建治元年(1275年)にも改造されているが、奈良時代宮廷建築の唯一の遺構として極めて貴重である。堂内には本尊弥勒如来坐像(重文、鎌倉時代)と、持国天、増長天立像(重文、奈良時代)を安置する。1970年に新宝蔵が完成するまでは、堂内に多数の仏像を安置していた。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た毘盧遮那仏

    唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。井上靖の小説『天平の甍』で広く知られるようになった中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を初め、多くの文化財を有する。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た本尊

    唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。井上靖の小説『天平の甍』で広く知られるようになった中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を初め、多くの文化財を有する。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た新潮選書

    東山魁夷 『唐招提寺への道』、新潮選書、1980唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た新潮文庫

    『東山魁夷小画集 唐招提寺全障壁画』、新潮文庫、1984唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た天平の甍

    唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。井上靖の小説『天平の甍』で広く知られるようになった中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を初め、多くの文化財を有する。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード