1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
76件中 71 - 76件表示
  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た大般若経

    大般若経 巻第百六十七 宝亀十年願文唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た続日本紀

    続日本紀』等によれば、唐招提寺は唐僧・鑑真が天平宝字3年(759年)、新田部親王(天武天皇第7皇子)の旧宅跡を朝廷から譲り受け、寺としたものである。寺名の「招提」は、サンスクリット由来の中国語で、元来は「四方」「広い」などの意味を表す語であったが、「寺」「院」「精舎」「蘭若」などと同様、仏教寺院(私寺)を指す一般名詞として使われていた。つまり、唐招提寺という寺号は、「唐僧鑑真和上のための寺」という意味合いである。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た法華寺

    梵網会(うちわまき)(5月19日) - 鎌倉時代に唐招提寺を復興した覚盛上人を偲んで行われる行事。覚盛は殺生戒を守り、蚊も殺さなかったといわれ、その徳を偲んだ法華寺の尼僧がせめてうちわで蚊を払えるようにと霊前にうちわを供えたのが始まりといわれる。15時、ハート型をした1500枚のうちわが鼓楼より参拝者に向けばら撒かれる。このうちわは拾えた参拝者から縁起物として非常に貴重がられている。害虫よけや、雷よけなどのご利益があるとされる。撒かれるうちわは寺の手作りである。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た釉薬

    平成26年:西室跡周辺などで三彩瓦(白・緑・黄の三色釉薬(うわぐすり)を施した瓦)が見つかった。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た法華経

    法華経(開結共)10帖 覚盛筆 寛元元年・二年奥書唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

  • 唐招提寺

    唐招提寺から見た僧房

    礼堂(重要文化財) - 鼓楼の東にある南北に細長い建物。もとの僧房を弘安6年(1283年)に改築したものである。桁行19間、梁間4間、入母屋造、本瓦葺き。中央やや南寄りに馬道(めどう、土間の通路)があり、それより北の10間分が東室、南の8間は仏堂となり、隣の鼓楼(舎利殿)に安置された仏舎利を礼拝するための堂として礼堂(らいどう)と呼ばれる。礼堂内には清凉寺式釈迦如来立像(重要文化財)と日供舎利塔(重要文化財)を安置する。唐招提寺 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
76件中 71 - 76件表示

「唐招提寺」のニューストピックワード