2556件中 41 - 50件表示
  • 北越工業

    北越工業から見た商標商標

    商標はAIRMAN(エアマン)。北越工業 フレッシュアイペディアより)

  • 加納真実

    加納真実から見たトレードマーク商標

    加納は、路上での衣装は青いジャージ (上下とも白い2本線入り)がトレードマーク。インナーに白いTシャツ、白いソックス、白い運動靴(school-shoes brand の青い3本線入り)が基本。作品により演題を記した白いハチマキや白い割烹着、特大の黒いコート等を羽織り独特な風情とオリジナリティを漂わせる。「青いジャージ」の来歴は以下のとおり。加納真実 フレッシュアイペディアより)

  • 琴平バス

    琴平バスから見た商標商標

    またタクシー事業も行っており、2003年8月からはうどんタクシー(同社の登録商標:第4789305号)の運行を開始している。琴平バス フレッシュアイペディアより)

  • アント工業

    アント工業から見た登録商標商標

    なお、「アント」はアント工業の登録商標である(1962年(昭和37年)6月28日付登録。登録番号第591010号)。アント工業 フレッシュアイペディアより)

  • ワセリン

    ワセリンから見た商標商標

    「Vaseline」はユニリーバの商標であるが、世界各地で一般名詞化されている。英語での一般名称はpetroleum jellyであるが、日常会話では、同種の軟膏は包括してvaselineと呼ばれることの方が多い。スペイン語圏やポルトガル語圏の国々でもvaselineは一般名詞であり、ユニリーバの商品はVasenolとして売られている。ドイツでは、ユニリーバ以外の製薬会社でもVaselineとして販売している。日本では商標として登録されているが(第5280546号)、恐らくそれ以前から日本薬局方に一般名称として記載されていたためか、複数の医薬品会社から「白色ワセリン」が販売されている。ワセリン フレッシュアイペディアより)

  • ミュージック・カード

    ミュージック・カードから見た登録商標商標

    主な仕様はミュージック・カードと同じ。また、ミューカ(MU-CA)はエイベックス・グループ・ホールディングス株式会社の登録商標である。購入できる場所はカードによって異なり、各アーティストのオフィシャルサイト等で確認する必要がある。基本的にはライブ・イベント会場および各ユニット・レーベルのオフィシャルショップ、mu-moショップなどでの限定販売となっている。ミュージック・カード フレッシュアイペディアより)

  • BARレモン・ハート

    BARレモン・ハートから見たトレードマーク商標

    職業はフリーライター。コピーライターでもある。トレードマークはチョビひげ。ブランデーやウイスキー、日本酒が何から造られているか知らないなど、自他共に認める酒オンチ。いつもウイスキーのウーロン茶割り(後述)を注文し、マスターの不興を買っている。世界一酒が揃っているバーの、世界一酒の味がわからない20年来の常連客。ただ、以前に比べて最近は酒の知識も少しずつ増えてきており、飲む酒の種類も増えている。また、自分からウイスキーのウーロン茶割り以外の酒を注文することもある。対外的には酒に詳しい人物と見られるようになってきており、酒関係の相談や原稿依頼を受けることもある。BARレモン・ハート フレッシュアイペディアより)

  • うま味調味料

    うま味調味料から見た商標商標

    「化学調味料」という呼称は、昭和30年代にNHKが商標を放送内で扱うことを回避する目的で(「味の素」が商標であるため)使用したのが最初といわれている。業界団体である日本うま味調味料協会自身、1960年代後半から1985年(昭和60年)まで「日本化学調味料工業協会」と名乗っていた。うま味調味料 フレッシュアイペディアより)

  • ウェッジウッド

    ウェッジウッドから見た商標商標

    エトルリア工場では、まずブラック・バサルト(Black Basalt)が開発された。これは、当時スタフォードシャー州で作られていた黒色陶器を改良したもので、今日まで会社の主力製品の一つとなっている。さらに1774年にはジャスパーウェアが開発され、1790年にジャスパーによるポートランドの壺が作製された。この壺は1878年にウェッジウッド社の商標に組み込まれ、コーポレートアイデンティティの重要な要素となっている。ウェッジウッド フレッシュアイペディアより)

  • アバターコース

    アバターコースから見た商標商標

    アバターコースは1986年にハリー・パルマーによって創り出され、人は自分が信じていることを経験するという考えを前提としている。もともとパルマーがサイエントロジーの商標を用いて行っていたライセンス事業を発展させたもので、アバターコースの創設にあたっては、サイエントロジーとの間で訴訟が起きている。アバターコース フレッシュアイペディアより)

2556件中 41 - 50件表示

「商標登録」のニューストピックワード