1991件中 41 - 50件表示
  • アセチルサリチル酸

    アセチルサリチル酸から見た商標商標

    アセチルサリチル酸(アセチルサリチルさん、、)とは、代表的な消炎鎮痛剤の一つで非ステロイド性抗炎症薬の代名詞とも言うべき医薬品。ドイツのバイエル社 () が名付けた商標名のアスピリン () がよく知られ、日本薬局方ではアスピリンが正式名称になっている。消炎・解熱・鎮痛作用や抗血小板作用を持つ。サリチル酸を無水酢酸によりアセチル化して得られる。アセチルサリチル酸 フレッシュアイペディアより)

  • 無限軌道

    無限軌道から見た商標商標

    無限軌道には、クローラー (Crawler)、トラックベルト (Trackbelt)、履帯、キャタピラーなど、複数の呼び名がある。一般用途では、無限軌道と呼ばれる。軍事用語では、履帯(りたい)と呼ばれる。日本の法令条文(車両制限令、道路交通法施行規則等)ではキャタピラの変化したカタピラという用語が用いられている(以前は履帯という用語が用いられていた)。一般によく用いられる「キャタピラー」は米国キャタピラー社 (Caterpillar Inc.) の登録商標である。無限軌道 フレッシュアイペディアより)

  • ウェッジウッド

    ウェッジウッドから見た商標商標

    エトルリア工場では、まずブラック・バサルト(Black Basalt)が開発された。これは、当時スタフォードシャー州で作られていた黒色陶器を改良したもので、今日まで会社の主力製品の一つとなっている。さらに1774年にはジャスパーウェアが開発され、1790年にジャスパーによるポートランドの壺が作製された。この壺は1878年にウェッジウッド社の商標に組み込まれ、コーポレートアイデンティティの重要な要素となっている。ウェッジウッド フレッシュアイペディアより)

  • 高等裁判所

    高等裁判所から見た商標権商標

    特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置利用権、著作者の権利、出版権、著作隣接権若しくは育成者権に関する訴え又は不正競争(不正競争防止法第2条第1項に規定する不正競争)による営業上の利益の侵害に係る訴えについての地方裁判所の第一審判決に対する控訴で審理に専門的な知見を要するもの高等裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • キックボクシング

    キックボクシングから見た商標商標

    一般にキックボクシングとは前述の競技を指すが、場合によってはボクシングのリングを使ったプロ打撃系格闘技全般の総称を指すこともある。興行によってはムエタイ、空手、ボクシング、シュートボクシング、サバット、ドラッカ、テコンドー、散打等、様々な種類の立ち技格闘家同士が異種格闘技戦をすることもある。野口は新興プロスポーツ、「キックボクシング」を商標登録をしなかったため、追従してキックボクシングを名乗り、同様な活動をする団体が生まれた。このことによりキックボクシングはエンターテインメント的な商標とならず、プロ格闘競技種目の名称として定着した。元々は、日本ボクシング協会理事(当時)・野口修が、1960年代に興行目的でタイの国技ムエタイを日本に招致する興行プランを立案。「ムエタイ対空手」、「ムエタイ対ボクシング」の異種格闘技戦のアイデアを実現させるために、試合としてのルールを編成したものである。キックボクシング フレッシュアイペディアより)

  • AKS

    AKSから見た商標権商標

    株式会社AKS(英文社名:AKS Co., Ltd)は、東京都千代田区に本社を置く総合人材派遣会社。芸能プロダクション・レコード会社・音楽出版社・映画の企画および制作会社・ノベルティグッズの販売会社などの役割も果たす。女性アイドルグループAKB48・SKE48・HKT48の運営管理会社であるとともにこれらの商標権を保有している。各事業所については「事業所所在地」を参照。AKS フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ノリス・ファクト

    チャック・ノリス・ファクトから見た商品名商標

    2011年12月にはクリスマス・シーズンを睨み、ボビングヘッド・ドールの老舗玩具メーカー、ファンコ社からベティ・ブープ、スター・ウォーズ・シリーズ、エイブラハム・リンカーン、バラック・オバマなどのラインナップで日本でも馴染みのあるブランド「ワッキーワブラー」のニューラインナップとして、“WACKYWOBBLER - Talking CHUCK NORRIS”が発売された。『トーキング チャック・ノリス』という商品名が示す通り、厳選された6フレーズを収録。振動を加えると「真実(ファクト)」をしゃべりだす特別仕様になっている。ちなみに、音声収録はチャック・ノリス本人によって行われ、チャックの肉声による「真実」をいつでも好きなだけ聞いて楽しむ事が出来る。ファンコ社の製品に収録された6フレーズは以下の通り。チャック・ノリス・ファクト フレッシュアイペディアより)

  • ラガディ・アン&アンディ

    ラガディ・アン&アンディから見た商標登録商標

    ラガディ・アンは、1915年に商標登録され、1918年に絵本『ラガディ・アン・ストーリーズ(Raggedy Ann Stories)』として発表され、同時に手作りの抱き人形も発売されると大人気となった。シリーズ2作目の『ラガディ・アンディ・ストーリーズ(Raggedy Andy Stories)』(1920)でセーラー服と帽子姿の弟ラガディ・アンディが登場する。ラガディ・アン&アンディ フレッシュアイペディアより)

  • ビジュアルノベル

    ビジュアルノベルから見た商標登録商標

    チュンソフトが「サウンドノベル」を商標登録したのに対し、Leafは「ビジュアルノベル」を商標登録しなかった。そのため他の制作者も自由にビジュアルノベルの呼称を使える状態である。ただし、ビジュアルノベルの呼称を使う制作元はアダルトゲーム業界ではむしろ少数派である。TYPE-MOONやねこねこソフトなど一部の制作元が使うくらいで、ほとんどの制作元が「アドベンチャーゲーム」ないしは独自のジャンル名を使っている。ビジュアルノベル フレッシュアイペディアより)

  • 魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品)

    魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品)から見た商標商標

    1985年(昭和60年)12月、映画プロダクション風土舎は角野栄子の児童文学『魔女の宅急便』の長編アニメーション化の企画を立ち上げた。「宅急便」がヤマト運輸の登録商標であったことから、真っ先に同社にスポンサーを要請した。当初ヤマト運輸は難色を示したが、同社のトレードマークである黒猫が偶然にも物語に登場することから次第に前向きになりスポンサーになることを了承した。魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品) フレッシュアイペディアより)

1991件中 41 - 50件表示

「商標登録」のニューストピックワード