善光寺 ニュース&Wiki etc.

善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院である。山号は「定額山」(じょうがくさん)。 (出典:Wikipedia)

「善光寺」Q&A

  • Q&A

    日本史大喜利 -戦国時代編- 【川中島の戦い】 [川中島の戦い(かわなかじまの…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年11月30日 23:14

  • Q&A

    至急!! すみません、明日から長野へ行きます。服装についてお知恵をお貸しください!…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月29日 19:21

  • Q&A

    日本史大喜利 -戦国時代編- 【川中島の戦い】 [川中島の戦い(かわなかじまの…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2016年11月27日 22:57

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「善光寺」のつながり調べ

  • 捜査検事・近松茂道

    捜査検事・近松茂道から見た善光寺

    第6作 - ホテルメトロポリタン長野、善光寺事務所、長野電鉄、中部森林管理局、ビッグハット、ながのフィルムコミッション、長野市、須坂市、信州新町(捜査検事・近松茂道 フレッシュアイペディアより)

  • 源頼朝

    源頼朝から見た善光寺

    肖像は知名度の割には少なく、大半が近世になってからのものである。『吾妻鏡』には、宝治合戦の際に三浦泰村が北山の法華堂に立て篭もり、「絵像御影御前」で往時を談じたという記述があるが、この画像やこれを祖形とする作品は現存しない。京都神護寺蔵の肖像画(神護寺三像)は、頼朝を描いたものとして伝わり、大和絵肖像画の傑作として国宝に指定されている。平成7年(1995年)に米倉迪夫が、その画法や服装から足利直義を写した物とする学説を発表すると、像主について議論が続いている(→詳細は神護寺三像を参照のこと)。鶴岡八幡宮の白山明神に伝わっていた狩衣姿の木像は、江戸時代には頼朝像とされ、明治初期に流出し原三溪の手を経て、現在は東京国立博物館が蔵し重要文化財に指定されている(e国宝に画像と解説あり)。甲斐善光寺蔵の木造源頼朝座像は、戦国期に武田信玄によって信濃善光寺から移されたものであるが、胎内銘から文保3年(1319年)に彫られた最古の頼朝像であると考えられている。(源頼朝 フレッシュアイペディアより)

「善光寺」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「善光寺」のニューストピックワード