前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
270件中 1 - 10件表示
  • 長野 (長野市)

    長野 (長野市)から見た善光寺善光寺

    善光寺を中心とした地域で、1879年(明治12年)時点の旧上水内郡長野町域にあたる。「長野」という市名・県名のもとになった地であり、この「長野」という地名は、長門町にある長野天神社から起こったといわれている。長野 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 南長野

    南長野から見た善光寺善光寺

    古くは、北国街道(善光寺表参道)に沿った石堂町や後町などは善光寺町の一部として町場化していたものの、それより西の現在の県町や妻科などはまだ農村であった。しかし明治に入り、1874年(明治7年)に(旧)長野県庁が西長野に置かれると、隣接する当地域も次第に市街地化し、旭町・県町といった町が新たに発足した。さらに1888年(明治21年)には、当地域の南端に長野駅が開業し、末広町が新たに発足。長野市の市街地・繁華街は善光寺周辺から徐々に南進していった。南長野 フレッシュアイペディアより)

  • 権堂町 (長野市)

    権堂町 (長野市)から見た善光寺善光寺

    善光寺の南に広がる、長野県随一の繁華街・歓楽街である。権堂町 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 長野中央通り

    長野中央通りから見た善光寺善光寺

    長野中央通り(ながのちゅうおうどおり)は、長野市中心市街地を南北に縦貫する道路の通称。長野駅前から善光寺までをほぼ一直線につなぐ長野市街地の目抜き通りであり、善光寺の表参道でもある。長野駅前・新田町交差点間が長野県道32号長野停車場線、新田町交差点・善光寺交差点間が長野市道長野中央通り線である。一般に中央通りと呼ばれる。長野中央通り フレッシュアイペディアより)

  • 川中島バス

    川中島バスから見た善光寺善光寺

    こうした中、1915年に中野を拠点としていた平穏自動車を譲り受けた宇都宮信衛は、早い時期に自動車輸送に将来を見出していたとされており、1923年には個人名義で長野市内に5路線の乗合自動車の運行を開始していた。宇都宮信衛は、長野駅・善光寺を拠点として、戸倉・信州新町(以下単に「新町」とする)・戸隠を結ぶ乗合自動車の構想を立案し、篤志家や六十三銀行の出資や賛同を得た上で、1925年に資本金10万円で川中島自動車を設立した。そして、1926年3月30日付けで乗合自動車の許可を受け、同年4月4日より長野と上山田を結ぶ路線の運行を開始した。当初は1日8往復で、運賃は片道1円52銭であった。同年5月には篠ノ井と新町、稲荷山と新町を結ぶ路線の運行を開始、さらに6月には川中島と笹平を結ぶ路線の運行が開始されている。また、乗用貸切自動車の営業も、同年4月から開始している。川中島バス フレッシュアイペディアより)

  • 長野市

    長野市から見た善光寺善光寺

    長野県北部の中心都市で、善光寺の門前町として有名である。門前町としてのみならず、周辺の観光地への前線としても重要な位置を占める。善光寺門前町を中心とする旧長野町などは上水内郡に属していたが、現在の市域はその外、旧更級郡、埴科郡、上高井郡にまたがる。長野市 フレッシュアイペディアより)

  • 上松 (長野市)

    上松 (長野市)から見た善光寺善光寺

    善光寺の北東に位置する、長野市街地を見下ろすような比較的古くからの住宅街である。上松 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 安茂里

    安茂里から見た善光寺善光寺

    松代藩の奨励で栽培が始まった杏の栽培が古くから盛んである。現在では千曲市のあんずの里(森・倉科地区)が杏の名所として有名であるが、以前は当地が森・倉科をしのぐ名所として名が通っており、善光寺の参拝客が花見に大勢立ち寄った。しかし戦後ベッドタウンとして住宅地化していくに伴って杏の木は減り、「あんずの名所」は森・倉科へ移っていった。ただ現在でも杏の生産は続いており、大字安茂里には杏にちなんで「杏花台」と名付けられた住宅地がある。安茂里 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴賀 (長野市)

    鶴賀 (長野市)から見た善光寺善光寺

    古くは北国街道(善光寺表参道)沿いに発展してきたが、1888年(明治21年)に信越本線、さらに1926年(大正15年)に長野電気鉄道線(現 長野電鉄長野線)と2本の鉄道が地区内を通るようになってからは、各駅周辺も発展を見せた。特に七瀬地区は、鉄道の町として栄えた。鶴賀 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺地震

    善光寺地震から見た善光寺善光寺

    折から善光寺如来の開帳の期間にあたり、諸国から参詣客が群集し、当日の市中は最も混雑していた。その夜8時をわずかに過ぎたころ、地震が発生した。参詣客が宿泊していた旅籠(はたご)街を中心に数箇所から火の手が上がり3日延焼した、市中では家屋の倒壊焼失したもの2,094軒、震災を免れたものわずかに142軒という惨害を生じた。善光寺の如来堂、鐘楼、山門は倒壊しただけで焼失を免れたが、死者は市中のみで2,486名に達した。被害が激しかったのは、長野、権堂村、妻科村、稲荷山、鹽崎村、中尾村、牟礼、大古間、野尻等で、全震災地を通じて死者総数8,600人強、全壊家屋21,000千軒、焼失家屋は約3,400軒を数えた。飯山藩では城内の被害も多く門の倒壊や本丸の損傷、城下侍屋敷では93棟の倒壊、町方の被害は焼失547、倒壊329が幕府に報告されている。善光寺地震 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
270件中 1 - 10件表示

「善光寺」のニューストピックワード