270件中 91 - 100件表示
  • 北軽井沢駅

    北軽井沢駅から見た善光寺善光寺

    1918年(大正7年)6月15日に草津軽便鉄道の地蔵川駅として開業した。その後、地蔵川駅の近接地域に開発された別荘地である「法政大学村」(現・「社団法人・北軽井沢大学村組合」、通称「大学村」)により駅舎が改築・寄贈され、1927年(昭和2年)に草津電気鉄道(1924年(大正13年)に草津軽便鉄道より社名変更)の北軽井沢駅へと改称された。駅名の由来は軽井沢の北側に位置していたため。屋根の形が信州の善光寺をモデルにした駅舎となっており、駅舎正面の欄間には、「大学村」の開村に関わりの深い「法政大学」の頭文字である“H”が刻まれている。1939年(昭和14年)4月28日に草軽電気鉄道(草津電気鉄道より社名変更)の駅となったが、1949年(昭和24年)に発生した台風による沿線各所への被害、1950年(昭和25年)および1959年(昭和34年)に発生した台風による吾妻川橋梁の流失などの度重なる災害が影響し、1960年(昭和35年)4月25日に新軽井沢駅 - 上州三原駅間廃止に伴い廃駅となった。北軽井沢駅 フレッシュアイペディアより)

  • 北野文芸座

    北野文芸座から見た善光寺善光寺

    善光寺表参道(中央通り)に面し、歌舞伎座風の外観を持つ。伝統演劇のみならず音楽や各種公演にも用いられ、長野市の都市施設として重要な役割を果たすホールである。北野文芸座 フレッシュアイペディアより)

  • 犀北館

    犀北館から見た善光寺善光寺

    長野駅から善光寺までのちょうど中間あたりに立地する、国内有数の老舗ホテル。1998年(平成10年)の長野オリンピックの際には、皇族の宿泊をはじめ、サマランチ国際オリンピック委員会会長(当時)などの重要来賓が来館した。犀北館 フレッシュアイペディアより)

  • 北野カルチュラルセンター

    北野カルチュラルセンターから見た善光寺善光寺

    長野県で初めての私設美術館として大きな役割を果たしてきた北野美術館の分館として、善光寺表参道に建設された、斬新な外観と充実した設備を整える美術館。正式名称は財団法人北野美術館別館 北野カルチュラルセンター。設計はアメリカのデザイナー・J.LEFFによる。北野カルチュラルセンター フレッシュアイペディアより)

  • 長野市立図書館

    長野市立図書館から見た善光寺善光寺

    所在地は善光寺南西の教育関連施設が集まる一角。周辺には信濃教育会館や長野県教育会館、信州大学教育学部などがある。長野市立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 長野ハリストス正教会

    長野ハリストス正教会から見た善光寺善光寺

    しかしながら20世紀初頭の日露関係の悪化、とりわけ1904年(明治37年)の日露戦争の勃発以降、ロシア正教会から伝道されていた日本の正教会を巡る環境は悪化した。日本人正教徒達は各地でロシア帝国のスパイであるとの嫌疑をかけられ、住居からの追放や、神父への襲撃、墓石や教会建物の破壊行為が各地で起こった。長野においても1906年(明治39年)に東郷平八郎が戦没者慰霊のために善光寺詣りをした頃から、長野ハリストス正教会は寂れたと伝えられている。長野ハリストス正教会 フレッシュアイペディアより)

  • 長野市少年科学センター

    長野市少年科学センターから見た善光寺善光寺

    善光寺の東隣、城山公園内に立地する子供向けの科学館である。交通・通信・電子・宇宙・生命などの分野の体験型展示があるほか、工作教室やサイエンスショー(科学実験)などのイベントがある。長野市少年科学センター フレッシュアイペディアより)

  • 大塔合戦

    大塔合戦から見た善光寺善光寺

    応永7年(1400年)7月3日、京都を出発した小笠原長秀は同属の大井光矩(佐久)のもとを経由し信濃の有力者である村上満信には特に使者を送って協力を求め、東北信の国人領主に対しても守護としての政務開始を通告。その中心地である善光寺に一族郎党200騎余を従える煌びやかな行列を組んで入る。そして信濃の国人領主達を召集して対面する。この時の対面は、相当に高圧的なものだったと伝えられている。大塔合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 旭山城

    旭山城から見た善光寺善光寺

    長尾景虎(上杉謙信)は、善光寺東側にある横山城に陣を構えていたが、謙信は付城となる葛山城を築いた。旭山城 フレッシュアイペディアより)

  • 横田城 (信濃国)

    横田城 (信濃国)から見た善光寺善光寺

    ? 応永7年(1400年)信濃守護小笠原長秀が大塔合戦で根拠地とした。室町幕府の命によって信濃国の守護として乗り込んだ小笠原氏に対して国人領主の村上氏が強訴。井上氏や高梨氏、海野氏、仁科氏等大文字一揆もが抵抗した。この鎮圧のため守護方は善光寺から横田城に押出したものの圧倒的多数の敵に包囲された。このため横田城を捨てて味方の塩崎城に合流して体勢の立て直しを図ろうと夜陰秘かに移動。しかし途中で発見分断されて長秀ら150騎余は辛うじて塩崎城に逃げ延びている。しかし逃げ遅れた300騎余は途中の大塔の古城に逃げ込んだ。だが兵糧も武器の備えも不十分なまま20日を超える篭城は乗っていた馬を殺して血を啜り生肉を食う凄惨なものであったと伝えられる。しかし救援は叶わず大塔の篭城軍は撃って出て全滅した。守護方は縁戚関係にあった大井氏の仲立ちで和睦して都へ逃げ帰ることとなった。横田城 (信濃国) フレッシュアイペディアより)

270件中 91 - 100件表示

「善光寺」のニューストピックワード