410件中 91 - 100件表示
  • 開帳の雪隠

    開帳の雪隠から見た善光寺善光寺

    ふたりの男が寺院(※東西・演者によりバリエーションがある。後述)で行われている善光寺の出開帳の話をするうち、片方が新商売を思いつく。「出開帳の際、境内は多くの人で込み合うため、有料の雪隠(せっちん/せんち=トイレ)を置けば、特に立って用を足せない女性が、金を払ってでも使うのではないかと思う」開帳の雪隠 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤百太郎

    佐藤百太郎から見た善光寺善光寺

    1853年(嘉永6年)、下総国佐倉(現在の千葉県佐倉市の本町)に順天堂二代目佐藤尚中の長男として生まれる。成徳館(現在の千葉県立佐倉高等学校の前身)を経て、元治元年には横浜のヘボン塾(現在の明治学院高校の前身)で米国長老派教会系医療伝道の宣教師、ヘボン夫人から英語を学ぶ。1867年(慶応3年)、私費でサンフランシスコへ赴く。1871年(明治4年)に一度帰国するが、すぐに公費留学、ボストンのボリテクニック工芸学校で経済学を学ぶ。また1875年には狭山茶をニューヨークに輸出、その翌年には佐倉茶を輸出。1875年(明治8年)に一時帰国して森村豊、新井領一郎などに渡米を勧める。1876年(明治9年)、ニューヨークで森村豊と共に「日の出商会」を設立して雑貨商を営み、森村豊の兄森村市左衛門が日本から骨董品や陶器・提灯などを仕入れて送った。また新井領一郎とは「佐藤新井組」を共同経営して生糸貿易に着手。帰国後は大蔵省出仕。1910年、57歳で没。京都桃山の善光寺に葬られる。佐藤百太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 元善光寺

    元善光寺から見た善光寺善光寺

    その後、皇極天皇元年(642年)、勅命により本尊は芋井の里(現在の長野県長野市)へ遷座され、この寺が善光の名をとって善光寺と名付けられたことから、坐光寺は元善光寺と呼ばれるようになった。遷座された本尊の代わりに勅命によって木彫りの本尊が残され、また「毎月半ば十五日間は必ずこの故里(飯田)に帰りきて衆生を化益せん」という仏勅(お告げ)が残されたことで、「善光寺と元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣り」といわれている。元善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 井上士朗

    井上士朗から見た善光寺善光寺

    享和元年(1801年)、松兄、卓池を伴い東海道を下り、江戸で鈴木道彦、夏目成美と交流し、中仙道で善光寺、松本、諏訪、飯田を巡って帰国し、『鶴芝集』を著した。文化元年(1804年)2月、卓池、松兄と共に京都、大坂、須磨、明石、奈良を巡った。文化2年(1805年)鳴海笠寺観音に詣で、伊勢三重川李東、松坂花鳥亭、花園旭亭で句会に参加した。井上士朗 フレッシュアイペディアより)

  • 柳原神社 (長野市)

    柳原神社 (長野市)から見た善光寺善光寺

    かつては善光寺の注連縄などをここで焼いていたため、笹焼神社と通称される。健御名方命を祀っており、もとは諏訪大明神と称したが、1818年(文政元年)に現社名に改めている。柳原神社 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 若槻団地

    若槻団地から見た善光寺善光寺

    16 長野駅 - 善光寺大門 - 若槻団地中央 - 若槻東条若槻団地 フレッシュアイペディアより)

  • 茂菅

    茂菅から見た善光寺善光寺

    中山間地の集落であるが、善光寺の西方2kmほどのところに位置し、長野市の前身である旧長野町への合併も1889年(明治22年)の町村制施行時とかなり早期である。茂菅 フレッシュアイペディアより)

  • 苅部清兵衛

    苅部清兵衛から見た善光寺善光寺

    保土ヶ谷本陣・苅部氏の祖先は後北条氏の家臣で、武蔵国・鉢形城の城代家老を務めていた苅部豊前守康則。 1590年(天正18年)北条家が豊臣秀吉に敗れた時に、康則の子・苅部出羽守吉里も戦死、吉里の子・吉重は先祖の菩提を弔うため信州の善光寺に止まるが、1601年(慶長6年)吉重の二男である初代苅部清兵衛が幕府の命で先祖の領地・保土ヶ谷に戻され、保土ヶ谷宿の三役を拝命される。吉重の室、妙秀尼は樹源寺を開いている。苅部清兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • けんちん

    けんちんから見た善光寺善光寺

    豆腐をひじき、千切りの人参や昆布などと混ぜ、砂糖、醤油、塩などで味付けし、湯葉で巻いた物。伊達巻を模している。長野県北部地方のおせち素材。元は善光寺の精進料理。けんちん フレッシュアイペディアより)

  • 大河内存真

    大河内存真から見た善光寺善光寺

    文化10年(1813年)道済と改名し、12月17日独立開業し、二段席となった。文化12年(1815年)4月22日杉ノ町の豪商桔梗屋左兵衛と東国旅行に出かけ、善光寺、日光、江戸を観光し、6月帰宅した。大河内存真 フレッシュアイペディアより)

410件中 91 - 100件表示

「善光寺」のニューストピックワード