410件中 11 - 20件表示
  • 八幡屋礒五郎

    八幡屋礒五郎から見た善光寺善光寺

    鬼無里村(現 長野市鬼無里)出身の初代・勘右衛門が、善光寺境内で唐辛子を売りだしたのが始まりである。のち、三代・儀左衛門の代からは境内の中でも「一等地」である御高札前に店を張ることを許される。軽くかさばらない土産物として人気を集め、御朱印を頂く御高札「善光寺参りの手形」とまで言われた。八幡屋礒五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 長野駅

    長野駅から見た善光寺善光寺

    1936年の善光寺御開帳の年に合わせて建てられた3代目長野駅舎は、撞木造りと唐破風を取り入れた日本風のデザインで、仏閣型駅舎として大社駅、奈良駅、二条駅などと並んで全国に知られていた。設計は城俊一、施工は佐藤組。鉄筋コンクリ?卜造だが、和風建築の造形美を出すために屋根の部分だけは木造だった。善光寺境内にあった如是姫像も同駅舎建設に合わせて駅前に移設された。1998年の長野冬季オリンピック開催に合わせて新幹線の開通が決まり、平成8年に4代目の橋上駅舎が完成し、保存要求もあったようだが、旧駅舎は取り壊された。このとき如是姫像も撤去されたが、観光振興のストーリー作りのため、のちに駅前広場に再び設置された。ありし日の姿は、映画『略称・連続射殺魔』(1969年)、『君よ憤怒の河を渉れ』(1976年) などで見ることができる。長野駅 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺地震

    善光寺地震から見た善光寺善光寺

    折から善光寺如来の開帳の期間にあたり、諸国から参詣客が群集し、当日の市中は最も混雑していた。その夜8時をわずかに過ぎたころ、地震が発生した。参詣客が宿泊していた旅籠(はたご)街を中心に数箇所から火の手が上がり3日延焼した、市中では家屋の倒壊焼失したもの2,094軒、震災を免れたものわずかに142軒という惨害を生じた。善光寺の如来堂、鐘楼、山門は、半壊しただけで焼失を免れたが、死者は市中のみで2,486名に達した。被害が激しかったのは、長野、権堂村、妻科村、稲荷山、鹽崎村、中尾村、牟礼、大古間、野尻等で、全震災地を通じて死者総数8,600人強、全壊家屋21,000千軒、焼失家屋は約3,400軒を数えた。飯山藩では城内の被害も多く門の倒壊や本丸の損傷、城下侍屋敷では93棟の倒壊、町方の被害は焼失547、倒壊329が幕府に報告されている。善光寺地震 フレッシュアイペディアより)

  • 妻科神社

    妻科神社から見た善光寺善光寺

    妻科神社(つましなじんじゃ)は、長野県長野市南長野にある神社。式内社で、旧社格は県社。善光寺三鎮守(善光寺三社)・善光寺七社の一社。妻科神社 フレッシュアイペディアより)

  • 秘仏

    秘仏から見た善光寺善光寺

    秘仏には、全く公開されない「絶対の秘仏」も一部にあるが、特定の日に限って公開(「御開帳」「開扉」などと称する)を行うことが多い。長野・善光寺の阿弥陀三尊像のように、本尊像は絶対の秘仏で、「御開帳」の際に姿を見せるのが「お前立ち」と称する代わりの像になっている場合もある。秘仏 フレッシュアイペディアより)

  • 阿弥陀三尊

    阿弥陀三尊から見た善光寺善光寺

    一般に三尊像を包み込むように大型の後背を付けたものを一光三尊形式と呼ぶ。鎌倉時代に浄土宗によって、善光寺の阿弥陀三尊像を模したものは一光三尊形式をとり、阿弥陀如来を本尊、両脇侍を観音、勢至とみなすと決められ、以来この形式を「善光寺式阿弥陀三尊」と呼ぶ。阿弥陀三尊 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴賀 (長野市)

    鶴賀 (長野市)から見た善光寺善光寺

    古くは北国街道(善光寺表参道)沿いに発展してきたが、1888年(明治21年)に信越本線(現 しなの鉄道北しなの線)、さらに1926年(大正15年)に長野電気鉄道線(現 長野電鉄長野線)と2本の鉄道が地区内を通るようになってからは、各駅周辺も発展を見せた。特に七瀬地区は、鉄道の町として栄えた。鶴賀 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 信濃国

    信濃国から見た善光寺善光寺

    その後の飛鳥時代には、本多善光の開基による善光寺や長谷寺などが建立され、特に善光寺は諏訪大社と並び今日においても全国的な信仰の拠り所となっている。天武天皇元年(672年)の壬申の乱には、科野の兵が土師馬手らに従い、大海人皇子(天武天皇)の側に立って活躍した。天武天皇14年(685年)には高田新家らに「束間温湯」(つかまのゆ)に行宮(あんぐう)を造らせている。持統天皇5年(691年)の「須波神」「水内神」の勅祭など、科野は大和朝廷にとって注目すべき地の一つであったことが分かる。大宝2年(702年)12月に、始めて美濃国に木曾山道を開くという記述があり、和銅6年(713年)7月には、美濃国と信濃国の国境の道が険阻であり、往還が難しいということで、木曽路が開通している。また、これらの記述の他にも、「信濃路は 今の墾道刈株に 足踏ましなむ 沓はけ我が背」(万葉集 巻14-3399 相聞 東歌)と詠まれており、飛鳥時代の末期からは、信濃国における官道の開発がすすんでいた。養老5年(721年)6月26日に南部を諏方国として分置した。天平3年(731年)3月7日に合併して元に復した。養老3年(719年)以後は美濃按察使の管轄下に置かれた。信濃国 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県道37号長野信濃線

    長野県道37号長野信濃線から見た善光寺善光寺

    長野県道37号長野信濃線(ながのけんどう37ごう ながのしなのせん)は、長野県長野市若松町から、善光寺の裏側、上水内郡飯綱町を経由し、上水内郡信濃町柏原に至る県道(主要地方道)である。長野県道37号長野信濃線 フレッシュアイペディアより)

  • 守田迺神社

    守田迺神社から見た善光寺善光寺

    本殿は旧善光寺年神堂の建物。年神堂が神仏分離に伴い健御名方富命彦神別神社(水内大社)として善光寺境内から城山に移転するのに伴い、建物のみ当社へ移築した。守田迺神社 フレッシュアイペディアより)

410件中 11 - 20件表示

「善光寺」のニューストピックワード