270件中 11 - 20件表示
  • 長野駅

    長野駅から見た善光寺善光寺

    善光寺口のバスのりばは1番のりばから9番のりばまであり、1 - 6番のりばはロータリー内に、7番のりばはロータリー向かいの長野大通り沿いに、9番のりばはターミナル通り沿いにそれぞれ設置されている。8番のりばは現在のところ欠番となっている。日中、中心市街地を循環運転しているコミュニティバスぐるりん号は4番のりばと7番のりばに停車し、どちらののりばから乗っても善光寺を経由する。長野駅 フレッシュアイペディアより)

  • 秘仏

    秘仏から見た善光寺善光寺

    秘仏には、全く公開されない「絶対の秘仏」も一部にあるが、特定の日に限って公開(「御開帳」「開扉」などと称する)を行うことが多い。長野・善光寺の阿弥陀三尊像のように、本尊像は絶対の秘仏で、「御開帳」の際に姿を見せるのが「お前立ち」と称する代わりの像になっている場合もある。秘仏 フレッシュアイペディアより)

  • 信濃国

    信濃国から見た善光寺善光寺

    その後の飛鳥時代には、本多善光の開基による善光寺や長谷寺などが建立され、特に善光寺は諏訪大社と並び今日においても全国的な信仰の拠り所となっている。信濃国 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡屋礒五郎

    八幡屋礒五郎から見た善光寺善光寺

    鬼無里村(現 長野市鬼無里)出身の初代・勘右衛門が、善光寺境内で唐辛子を売りだしたのが始まりである。のち、三代・儀左衛門の代からは境内の中でも「一等地」である御高札前に店を張ることを許される。軽くかさばらない土産物として人気を集め、「善光寺参りの手形」とまで言われた。八幡屋礒五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山の神温泉 (長野県)

    山の神温泉 (長野県)から見た善光寺善光寺

    山の神温泉(やまのかみおんせん)は、長野県長野市(旧国信濃国)善光寺にある温泉。山の神温泉 (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 美咲 (シンガーソングライター)

    美咲 (シンガーソングライター)から見た善光寺善光寺

    善光寺御開帳スペシャル?おらが善光寺へようこそ(2009年4月19日、長野朝日放送)美咲 (シンガーソングライター) フレッシュアイペディアより)

  • 豊前善光寺

    豊前善光寺から見た善光寺善光寺

    豊前善光寺(ぶぜんぜんこうじ)は、大分県宇佐市にある浄土宗の寺院。山号は梵天山(ぼんてんざん)。詳しくは梵天山法性院善光寺(ぼんてんざんほっしょういんぜんこうじ)と称する。長野県長野市にある善光寺をはじめとする各地の善光寺と区別するため豊前善光寺(ぶぜんぜんこうじ)と呼ばれ、芝原善光寺(しばはらぜんこうじ)、あるいは豊前芝原善光寺とも呼ばれる。豊前善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 川中島古戦場

    川中島古戦場から見た善光寺善光寺

    現在は善光寺と上信越道長野ICとを結ぶ道路(県道)に接していることもあって観光名所になっており、八幡神社参道にはみやげ物屋が並んでいる。地域在住者らによって「川中島の戦い語り部の会」と言うボランティアグループが結成されており八幡社境内でのガイドが得られ甲越合戦の解説などもしてくれる。川中島古戦場 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺式阿弥陀三尊

    善光寺式阿弥陀三尊から見た善光寺善光寺

    善光寺式阿弥陀三尊(ぜんこうじしきあみださんぞん)は、蘇我氏と物部氏によるの崇仏廃仏論争の対象となった、日本初伝の仏像と言われる信州善光寺の本尊を模した阿弥陀三尊像で、鎌倉時代以降に盛んに制作されている。善光寺式阿弥陀三尊 フレッシュアイペディアより)

  • 栗田城

    栗田城から見た善光寺善光寺

    応安2年(1369年)春山城を守る上遠野左近蔵人は守護の入国を阻もうとする村上氏らを中心とする周辺の国人衆に2ヶ月近い長期の攻撃を受けていた。このため信濃国守護でもあった関東管領上杉朝房は翌年、守護代の藤井下野入道の守備する善光寺(横山城?)に向けて出陣した。そして春山城から氷鉋(長野市川中島中氷鉋)、平柴(長野市安茂里平柴)へと陣を移して転戦した。途中の善光寺別当の栗田氏も従わないため、この城が攻められた。栗田氏はこの城で上杉軍を迎え撃って西木戸口での合戦となったが制圧された。栗田城 フレッシュアイペディアより)

270件中 11 - 20件表示

「善光寺」のニューストピックワード