270件中 31 - 40件表示
  • 権堂駅

    権堂駅から見た善光寺善光寺

    西側には、イトーヨーカドー長野店が併設し、隣接して秋葉神社、その先は権堂アーケードの商店街が続いており、長野駅方面から善光寺へ向かう中央通りに繋がる。長野権堂郵便局はアーケードを抜ける直前の四つ辻を右に入る。アーケード内及びその周辺も飲屋街となっている。権堂駅 フレッシュアイペディアより)

  • 守田迺神社

    守田迺神社から見た善光寺善光寺

    本殿は旧善光寺年神堂の建物。年神堂が神仏分離に伴い健御名方富命彦神別神社(水内大社)として善光寺境内から城山に移転するのに伴い、建物のみ当社へ移築した。守田迺神社 フレッシュアイペディアより)

  • 妻科神社

    妻科神社から見た善光寺善光寺

    妻科神社(つましなじんじゃ)は、長野県長野市南長野にある神社。式内社で、旧社格は県社。善光寺三鎮守(善光寺三社)・善光寺七社の一社。妻科神社 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波島橋

    丹波島橋から見た善光寺善光寺

    北国街道犀川の渡しの流れを汲む、歴史ある重要な橋である。橋の袂には北国街道内で最も古いという善光寺常夜燈(文政3年建立)が親柱のように鎮座する。現在の橋は4代目に当たる。丹波島橋 フレッシュアイペディアより)

  • 川中島の戦い

    川中島の戦いから見た善光寺善光寺

    信濃国北部、千曲川のほとりには善光寺平と呼ばれる盆地が広がる。この地には信仰を集める名刹・善光寺があり、戸隠神社や小菅神社、飯綱など修験道の聖地もあって有力な経済圏を形成していた。善光寺平の南、犀川と千曲川の合流地点から広がる地を川中島と呼ぶ。当時の川中島は、幾つかの小河川が流れる沼沢地と荒地が広がるものの洪水堆積の土壌は肥えて、米収穫高は当時の越後を上回った。鎌倉時代から始まったとされる二毛作による麦の収穫もあり、河川は鮭や鱒の溯上も多く経済的な価値は高かった。古来、交通の要衝であり、戦略上の価値も高かった。武田にとっては善光寺平以北の北信濃から越後国へとつながる要地であり、上杉にとっては千曲川沿いに東に進めば小県・佐久を通って上野・甲斐に至り、そのまま南下すれば中信地方(現在の松本平)に至る要地であった。川中島の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 若大将のゆうゆう散歩

    若大将のゆうゆう散歩から見た善光寺善光寺

    11月5・6日両日、番組開始以来初めて加山が関東を離れ、長野県(千曲市姨捨、長野市長野駅周辺)を散歩。また12・13日両日は千曲市屋代、長野市善光寺を散歩した。若大将のゆうゆう散歩 フレッシュアイペディアより)

  • 専修寺

    専修寺から見た善光寺善光寺

    浄土真宗の開祖親鸞が、関東各地の教化に入って十余年、真岡城主大内氏の懇願により建てられた寺院と伝えられる。1225年(嘉禄元年)、親鸞53歳のとき明星天子より「高田の本寺を建立せよ」「ご本尊として信濃の善光寺から一光三尊仏をお迎えせよ」との夢のお告げを得て、現在の栃木県真岡市高田の地に専修念仏の根本道場(如来堂)を建立したのが起源とする。その際、善光寺の本尊である秘仏を模造した一光三尊仏を本尊に迎え安置、親鸞門弟の中のリーダーであった真仏が管理に当たっていたものと推定されている。専修寺 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸地方 (広義)

    北陸地方 (広義)から見た善光寺善光寺

    又、平野と港が多いので、北前船が多く就航し、対近畿の海上交通も盛んであった。江戸時代の代表的な港町としては、直江津が有名である。又、江戸時代の北陸道は「北国街道」と呼ばれ、善光寺参拝の道でもあった。北陸地方 (広義) フレッシュアイペディアより)

  • 長野灯明まつり

    長野灯明まつりから見た善光寺善光寺

    長野灯明まつり フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺花回廊

    善光寺花回廊から見た善光寺善光寺

    善光寺花回廊 フレッシュアイペディアより)

270件中 31 - 40件表示

「善光寺」のニューストピックワード