410件中 51 - 60件表示
  • 七味唐辛子

    七味唐辛子から見た善光寺善光寺

    うどん・そば、味噌ラーメンなどの麺類や、牛丼、湯豆腐、水炊き、豚汁などの日本料理の薬味や汁の吸口として使われることが多い。東京・浅草寺門前「やげん堀(中島商店)」、京都・清水寺門前「七味家」、長野・善光寺門前「八幡屋礒五郎」が老舗である。やげん堀・七味家・八幡屋磯五郎の三者は、日本三大七味唐辛子と称され、土産物としても重宝される。大木唐からし店も老舗である。七味唐辛子 フレッシュアイペディアより)

  • 中央高速バス

    中央高速バスから見た善光寺善光寺

    なお本項では、東京 - 長野線のうち、当初は中央高速バスの一路線として開設され、1997年以降は関越自動車道・上信越自動車道を経由となった長野線(新宿 - 善光寺・国際21線)についても記述する。中央高速バス フレッシュアイペディアより)

  • 雷電爲右エ門

    雷電爲右エ門から見た善光寺善光寺

    寛政2年(1790年)、3月場所も欠場。藩主から江戸勤番の命が下り、4月20日に江戸に下る。5月24日から泉岳寺の花相撲に出場。次いで四谷で行われた興行はより小規模な「稽古相撲」という扱いで、寺社奉行の見分も不要という新しい形態の相撲であったという。7月下旬から北陸巡業が始まり、雷電は病気のため遅れて合流。柏崎、善光寺、熊谷、鴻巣と回り、その合間を縫って大石村の故郷へ帰省している。11月場所、雷電は谷風に続き、柏戸を上回って関脇に附け出された。10日間の興行で、雷電は8勝2預の土つかず。初土俵の場所で優勝相当の好成績を上げた。8日目の小野川との対戦では、雷電の寄り倒しと小野川の打棄りとを巡って大物言いになり、勝負検査役は預りと宣告した。雷電爲右エ門 フレッシュアイペディアより)

  • 若大将のゆうゆう散歩

    若大将のゆうゆう散歩から見た善光寺善光寺

    11月5・6日両日、番組開始以来初めて加山が関東を離れ、長野県(千曲市姨捨、長野市長野駅周辺)を散歩。また12・13日両日は千曲市屋代、長野市善光寺を散歩した。若大将のゆうゆう散歩 フレッシュアイペディアより)

  • 西国三十三所

    西国三十三所から見た善光寺善光寺

    江戸時代には観音巡礼が広まり、関東の坂東三十三箇所や秩父三十四箇所と併せて日本百観音と言われるようになり、江戸時代初期からは「巡礼講」が各地で組まれ団体の巡礼が盛んに行われた。地域などから依頼を受けて三十三所を33回巡礼することで満願となる「三十三度行者」と呼ばれる職業的な巡礼者もいた。これら巡礼講や三十三度行者の満願を供養した石碑である「満願供養塔」は日本各地に残っている。江戸からの巡礼者は、まず伊勢神宮に参拝した後で第一番の青岸渡寺へ向かい、途中高野山・比叡山などにも参拝しつつ、結願の33番谷汲山を目指した。そして帰途にお礼参りとして信濃善光寺を参拝するのが通例となっていた。三十三所で巡礼を終わらせずに別の寺院にも参拝している理由としては、江戸からの行程の途中に善光寺があること、観音の本地が善光寺阿弥陀如来とされたことなどが指摘されている。一方、お礼参り(=巡礼の終了)の善光寺を敢えてしない巡礼者もいた。「巡礼の終わりは死に急ぐ」という俗信に依ってだという。西国三十三所 フレッシュアイペディアより)

  • 川中島の戦い

    川中島の戦いから見た善光寺善光寺

    信濃国北部、千曲川のほとりには長野盆地と呼ばれる盆地が広がる。この地には信仰を集める名刹・善光寺があり、戸隠神社や小菅神社、飯綱など修験道の聖地もあって有力な経済圏を形成していた。長野盆地の南、犀川と千曲川の合流地点から広がる地を川中島と呼ぶ。当時の川中島は、幾つかの小河川が流れる沼沢地と荒地が広がるものの洪水堆積の土壌は肥えて、米収穫高は当時の越後全土を上回った。鎌倉時代から始まったとされる二毛作による麦の収穫もあり、河川は鮭や鱒の溯上も多く経済的な価値は高かった。古来、交通の要衝であり、戦略上の価値も高かった。武田にとっては長野盆地以北の北信濃から越後国へとつながる要地であり、上杉にとっては千曲川沿いに東に進めば小県・佐久を通って上野・甲斐に至り、そのまま南下すれば信濃国府のあった松本盆地に至る要地であった。川中島の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 城山公園 (長野市)

    城山公園 (長野市)から見た善光寺善光寺

    城山公園(じょうやまこうえん)は、長野県長野市箱清水一丁目の善光寺東隣にある公園。城山公園 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 小林一茶

    小林一茶から見た善光寺善光寺

    4月8日(1791年5月10日)には江戸に戻り、2日後、故郷へ向けて改めて江戸を出立した。一茶は基本的に中山道を進み、碓氷峠を超え、軽井沢周辺では前述のようにかつて見た光景と一変した、天明の大噴火後の浅間山周辺の荒涼とした光景を描写している。追分宿からは中山道を離れて北国街道に入り、善光寺を参詣して4月18日(1791年5月20日)に柏原の実家に14年ぶりの帰郷を果たした。寛政三年紀行では、「父母の健やかなる顔を見ることのうれしく、めでたく、ありがたく」と記録しており、実父ばかりではなく、関係が悪かったおかげで江戸へ奉公に出なければならなかった継母に対しても、14年ぶりの再会を喜んでいる。しかし一茶はその後、継母、腹違いの弟との激しい確執が続くことになり、継母との再会を喜ぶような記述はこれが最後のこととなった。小林一茶 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸地方 (広義)

    北陸地方 (広義)から見た善光寺善光寺

    又、平野と港が多いので、北前船が多く就航し、対近畿の海上交通も盛んであった。江戸時代の代表的な港町としては、直江津が有名である。又、江戸時代の北陸道は「北国街道」と呼ばれ、善光寺参拝の道でもあった。北陸地方 (広義) フレッシュアイペディアより)

  • 長野灯明まつり

    長野灯明まつりから見た善光寺善光寺

    長野灯明まつり フレッシュアイペディアより)

410件中 51 - 60件表示

「善光寺」のニューストピックワード