270件中 51 - 60件表示
  • 上州街道

    上州街道から見た善光寺善光寺

    信州街道〜上州街道のルートは、中山道・北国街道で結ばれる高崎〜上田間のバイパスとして利用された。また、鳥居峠で分かれる大笹街道を利用することで、善光寺方面への最短経路にもなった。上州街道 フレッシュアイペディアより)

  • 法蔵寺 (長岡市)

    法蔵寺 (長岡市)から見た善光寺善光寺

    その後、蔵王堂城主により蔵王に移転し、さらに長岡城築城に伴って、元和年間中に長岡城下の上寺町に移転するが、城地の都合で現在地に再々度移転した。信濃国の善光寺中の戎善院が長岡城下に来た際にその宿坊となる。法蔵寺 (長岡市) フレッシュアイペディアより)

  • 湯田中渋温泉郷

    湯田中渋温泉郷から見た善光寺善光寺

    湯田中渋温泉郷(ゆだなかしぶおんせんきょう)は、長野県下高井郡山ノ内町(旧国信濃国)の横湯川、夜間瀬川流域に点在する9つの温泉の総称(温泉郷)である。また、沓野温泉を含めて10の温泉として扱う場合もある。旅館、ホテルも約100軒ほどあり、大型旅館や最新の都市型ホテル、和風の伝統的な木造旅館など、個性的な施設も多い。近年、湯田中、新湯田中、星川、穂波、安代の各組合で観光協会を設立、湯めぐり手形の販売を行ったり、1ヶ月以上にわたって夏祭り等を開催するなどの活動を行っている。駅周辺ではヤマアジサイの植栽をはじめている。温泉郷内の共同浴場の数は別府温泉に次ぐ国内第二位の軒数を誇る。大湯とよばれる共同浴場が六ヶ所あるのは日本ではこの温泉郷だけである。町内には温泉街が点在している。町内にある他の温泉は山ノ内町を参照のこと。また日本を代表する草津温泉へは直線距離16km、江戸時代には関所の無い道として、上州草津温泉から7里で当地宿泊、翌日に善光寺詣として利用されていた。湯田中渋温泉郷 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家つばめ (初代)

    柳家つばめ (初代)から見た善光寺善光寺

    善光寺行李詰め殺人事件」があった。こては実の妹おこうが夫に殺害され行李詰めになったセンセーショナルな事件がおき扇歌は痛く気に病み、そのためか病勢が悪化し肺炎になり静養中に腹膜炎を併発し「束の間に土となりけり春の雪」の辞世の句を残しこの世を去った。柳家つばめ (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 瑞穂春海

    瑞穂春海から見た善光寺善光寺

    1911年(明治44年)3月22日、長野県長野市に善光寺塔頭蓮華院の長男として生まれる。瑞穂春海 フレッシュアイペディアより)

  • 若槻庄

    若槻庄から見た善光寺善光寺

    応永10年(1403年)、細川兵庫助慈忠が幕府代官として善光寺横山城に入った。大塔合戦以来の信濃国の状況に対する直接統治に乗り出しての幕府の措置と考えられる。しかし村上満信や大井光矩、井上光頼、小笠原為経らをはじめ、伴野氏や須田氏らが代官の命に従わず連合して守護所を攻めようとした。このため市川氏貞らと出撃して段の原(長野市篠ノ井段の原、長野市壇田原とする説もある)での合戦となった。敗走する村上氏らを追撃して生仁城や塩崎城でも攻防戦が行われて落城させた。翌年にも代官の所領実態究明に対して高梨左馬助による強い抵抗があった。このため高梨氏の支配拠点であった桐原館(長野市桐原)や若槻城(長野市若槻)に出撃し、たちまち攻略している。さらには下芋河、替佐、蓮、東条など高梨氏支配地域への転戦が続いた。これ以後は幕府の信濃支配が安定したとされている。若槻城は、このときの攻略による敗戦で落城。若槻庄 フレッシュアイペディアより)

  • 血脈相承

    血脈相承から見た善光寺善光寺

    長野県にある善光寺では、血脈を浄土往生の認定証のように取り扱っている。血脈相承 フレッシュアイペディアより)

  • 一条智光

    一条智光から見た善光寺善光寺

    一条 智光(いちじょう ちこう、明治40年(1907年)10月23日 - 平成12年(2000年)1月25日)は、浄土宗大本山善光寺大本願の第120世法主。尼公上人。大僧正。光照院門跡兼務。一条智光 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏 (塩田流)

    北条氏 (塩田流)から見た善光寺善光寺

    祖の義政は鎌倉幕府連署として8代執権・北条時宗を支える要職にありながら、36歳で突然出家を遂げ、信濃国善光寺に遁世して所領を没収された。子の国時と、時春の子俊時は引付頭人となり、国時の子藤時は評定衆在職もあるが、寄合衆、両執権になる事はなかった。極楽寺流での家格は嫡家の赤橋家の下である。兄弟での序列は異母兄の業時より、義政が上位に位置づけられていたが、義政の遁世以降、業時の普恩寺家が嫡家に次ぐ家格となっている。北条氏 (塩田流) フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺 (台北市)

    善光寺 (台北市)から見た善光寺善光寺

    開基は信州善光寺大本願第百十七世誓円尼公上人である。日本統治時代の昭和7年(1932年)、智栄尼公が誓円尼公の遺命により、浄土宗台湾開教使の中野全能を開山住職として北投の地に創立した。境内には、「北投石」の発見者である岡本要八郎氏の頌徳碑がある。善光寺 (台北市) フレッシュアイペディアより)

270件中 51 - 60件表示

「善光寺」のニューストピックワード