410件中 71 - 80件表示
  • 武井神社

    武井神社から見た善光寺善光寺

    武井神社(たけいじんじゃ)は、長野県長野市東町に鎮座し、妻科神社・湯福神社とともに善光寺三社と言われる。その創立は定かではなく、持統5年(692年)頃ではないかという口伝もある。相殿神二柱は、後に合祀されたものである。武井神社 フレッシュアイペディアより)

  • 美和神社 (長野市)

    美和神社 (長野市)から見た善光寺善光寺

    美和神社(みわじんじゃ)は、長野県長野市三輪にある神社。式内社で、旧社格は県社。善光寺七社の一社。美和神社 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺 (岐阜市)

    善光寺 (岐阜市)から見た善光寺善光寺

    善光寺の本尊は甲州征伐後、織田信長の手で天正10年(1582年)3月に、岐阜城下の伊奈波神社の近くに移された。善光寺 (岐阜市) フレッシュアイペディアより)

  • 瑞穂春海

    瑞穂春海から見た善光寺善光寺

    1911年(明治44年)3月22日、長野県長野市に善光寺塔頭蓮華院の長男として生まれる。瑞穂春海 フレッシュアイペディアより)

  • 7月12日 (旧暦)

    7月12日 (旧暦)から見た善光寺善光寺

    宝永4年(グレゴリオ暦1707年8月9日) - 長野・善光寺の大伽藍が完成7月12日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 井深宅右衛門

    井深宅右衛門から見た善光寺善光寺

    室町時代初期の大塔合戦に井深氏の名が登場する。守護小笠原氏の一族で侍大将として善光寺に入り、現在の長野市後町(後庁ー御庁)において、もっぱら政務に携わった井深勘解由左衛門で後庁氏の名もある。大塔合戦敗戦後は小笠原氏の本拠である現在の松本市近くの岡田伊深にある伊深城山を拠点として戦国時代をむかえた。武田信玄の信濃侵攻により主家の小笠原氏が出奔したため隣接地の武田側領主である大日方氏に仲介を依頼して武田氏に従属した。井深宅右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 長野市城山動物園

    長野市城山動物園から見た善光寺善光寺

    長野市上松の城山公園内にある。同公園内には、長野市少年科学センターや長野県信濃美術館・東山魁夷館、運動施設が隣接しているほか、付近には善光寺もある。長野市城山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • ワイド信州

    ワイド信州から見た善光寺善光寺

    番組は主婦向けのコーナー、視聴者参加型コーナー、インフォメーションコーナーによって構成されていた。この番組は長野放送の技術革新に多大な貢献をしており、カラー中継車による初中継(1973年4月2日、長野市善光寺雲上殿の桜中継)、ENGシステムによる番組制作(1977年)、長野本社と松本支社を結んでの二元生放送(1980年)と、年を重ねるごとにグレードアップしていった。ワイド信州 フレッシュアイペディアより)

  • 諸九尼

    諸九尼から見た善光寺善光寺

    俳諧紀行・撰集。諸九尼は京を出発し、奥の細道を体験するべく、大旅行をし代表作「秋かぜの記」を書いた。読者を意識したので、書いていない所もある。明和8年(1771年)3月晦日、京を出発。東海道、江戸、仙台を経由し、帰りは中山道経由で9月4日石山の記載で終わっている。その年は、飢饉も震災も無かったので、無事に旅を終えたと作家の金森敦子は書いている。従者は最初は二人で、元治郎という老僕と只言(しげん)という法師であった。当時は旅行も大変な時代で、厳しい関所などで、必ず迂回して間道をいった。金森は、一行は、あまり金子をもっていなかったので、法師が托鉢もしたのではないかと書いている。京を出発し、主な経由地は、石山寺、近江八幡、愛知川、高宮、垂井、名古屋、鳴海、岡崎、國府、新城、秋葉神社、神澤、掛川、藤枝、江尻、原、箱根関所、畑、小田原、大磯、江の島、鎌倉、神奈川、江戸、木下、香取神宮、小見川、野尻、鹿島、縦山、水戸、中の湊、額田、折端、棚倉、須賀川、二本松、福島、桑折、白川、仙台、松島、(帰路一部省略)白河、那須、日光、鹿沼、出流、桐生、前橋、原の町、大笹、保科、善光寺、姥捨、中窪、諏訪、飯田、妻籠、大久手、鵠沼、垂井(省略)京である。諸九尼 フレッシュアイペディアより)

  • 田中弥助

    田中弥助から見た善光寺善光寺

    俳人として臼田亜浪の「石楠」や島田九万字の「山」に参加し、小林一茶百年祭や善光寺奉讃俳句大会などを開催した。句集に「山霊」「美穂句集」「続美穂句集」、編著「善光寺句集」などがある。田中弥助 フレッシュアイペディアより)

410件中 71 - 80件表示

「善光寺」のニューストピックワード