270件中 71 - 80件表示
  • 長野中央通り

    長野中央通りから見た長野灯明まつり善光寺

    戦後から中央通り沿いには48基(24対)の灯籠が建っていたが、歩道部分へのアーケード設置のため撤去されていた。アーケードが撤去された現在、2009年(平成21年)の善光寺前立本尊御開帳に向けて灯籠の復元事業が進められており、同年1月時点で28基の灯籠が設置されている。灯籠はヒノキ製で、明かり部分には2008年(平成20年)2月に開かれた第5回長野灯明まつりでの「ゆめ灯り絵展」入賞者の切り絵作品がはめこまれている。長野中央通り フレッシュアイペディアより)

  • 北条時長

    北条時長から見た善光寺善光寺

    暦仁元年(1238年)、将軍藤原頼経が上洛する際、供奉人として随行。同年蔵人頭に補任され、さらに右衛門権少尉、左衛門尉と昇進した。父朝時は幕政から疎外されており、それに対する反撥から将軍頼経に近侍、随従して結びつきを深めていた。時長も父や兄北条光時らと同調して将軍に接近し、外出時の随兵や御剣役を担当した。朝時が寛元2年(1244年)に没すると、時長は兄弟らと共に信濃善光寺で供養を行っている。北条時長 フレッシュアイペディアより)

  • 北国西街道

    北国西街道から見た善光寺善光寺

    北国西街道(ほっこくにしかいどう)は信濃国に存在した脇往還で、中山道と北国街道を連絡し、松本藩や松代藩、善光寺へ向かう道のひとつとして整備された。正しくは北国西脇往還という。北国西街道 フレッシュアイペディアより)

  • 県庁通り (長野県)

    県庁通り (長野県)から見た善光寺善光寺

    県庁前交差点〜信大前交差点の区間は長野県の機関や国の機関が集中する官公庁街となっており、落ち着いた空気が漂う。しかし善光寺参拝客が増加する時期には、中央通りの迂回路として渋滞が激しくなる。県庁通り (長野県) フレッシュアイペディアより)

  • 高梨政盛

    高梨政盛から見た善光寺善光寺

    明応4年(1495年)に善光寺を巡って村上政清との間で争いとなって同寺を焼失させた。この際に政盛は澄頼とともに善光寺の本尊を本拠地に持ち帰ったとされている。高梨政盛 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄1290形蒸気機関車

    国鉄1290形蒸気機関車から見た善光寺善光寺

    1873年製の2両は官設鉄道において使用されたが、1881年製の1両は日本鉄道に引き渡され、建設工事に使用された。日本鉄道に行った1両は、官設鉄道の新橋工場で組み立てられ、現在の埼玉県川口市の善光寺(長野の善光寺の末寺)付近まで運ばれて、そこで陸揚げされたことから、「善光」(ぜんこう)の愛称が与えられている。なお、この愛称については、機関車を河上輸送していた艀が重さに耐えきれず善光寺付近で沈没してしまい、善光寺の檀家が総出で荒川の中から機関車を引き揚げたという由縁もあって付けられたものである。国鉄1290形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 稲荷山宿

    稲荷山宿から見た善光寺善光寺

    戦国末期の城跡であったが江戸時代には善光寺へと至る「善光寺街道」(北国西街道)最大の宿場町(1862年(文久2年)の記録で、家数436軒、人数1625人)として、また呉服問屋を中心とした商取引の町としても栄えた。「善光寺道名所図会」によると、「一ヶ月に九回の市が立ち、商人多く、家数も五百軒ある繁盛の地」と記されている。稲荷山宿 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山二郎

    杉山二郎から見た善光寺善光寺

    善光寺建立の謎 日本文化史の探求 信濃毎日新聞社 2006.7杉山二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 参拝

    参拝から見た善光寺善光寺

    近世になると、交通網の整備に伴い庶民の遠出が盛んになり、伊勢神宮・金刀比羅宮・善光寺などへ全国から参詣者が訪れるようになった。遠隔地への参詣には費用がかかることから、人々は講を組織し、お金を出しあって代表者が代参を行うという習慣も生まれた。また、伊勢神宮への参詣では、道中で無一文になっても沿道の人々の援助によって旅が続けられるという「抜け参り」という風習もあった。これは、援助をした人も参詣した人と同じ御利益が得られると考えられたためである。参拝 フレッシュアイペディアより)

  • TVイーハトーブ

    TVイーハトーブから見た善光寺善光寺

    共同制作先の各放送局より、各地の有名な観光地から1時間中継する。1回だけ「長野朝日放送」協力で、「善光寺御開帳」の中継もした。TVイーハトーブ フレッシュアイペディアより)

270件中 71 - 80件表示

「善光寺」のニューストピックワード