270件中 81 - 90件表示
  • 龍鳳書房

    龍鳳書房から見た善光寺善光寺

    善光寺縁起集成(倉田邦雄編)龍鳳書房 フレッシュアイペディアより)

  • 平林 (長野市)

    平林 (長野市)から見た善光寺善光寺

    9 善光寺大門 - 市民病院 - 柳原平林 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 若槻団地

    若槻団地から見た善光寺善光寺

    16 長野駅 - 善光寺大門 - 若槻団地 - 若槻東条若槻団地 フレッシュアイペディアより)

  • 向ヶ丘 (川崎市)

    向ヶ丘 (川崎市)から見た善光寺善光寺

    この他、古くからの住民により今も講が残されている地域であり、念仏講、稲荷講、地神講、庚申待、善光寺講、御嶽講などが活動している。実際、当地域の道端には地蔵や庚申塔などを見掛けることが多く、その様子が伝わってくる。向ヶ丘 (川崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 宗休寺

    宗休寺から見た善光寺善光寺

    1798年(寛政10年)、宗休寺にて信州善光寺の出開帳が行なわれる。これが縁となり、善光寺を模したの本堂、戒壇が建てられることとなり、1818年(文政10年)に建立する。宗休寺 フレッシュアイペディアより)

  • 木曽街道

    木曽街道から見た善光寺善光寺

    『橘庵漫筆』二では、木曾街道は、かつては今のように人馬の通行は殆ど無く、昔は山姥に遭遇するなど通行困難な路であり、善光寺を詣でるにも、木曾街道を行けば百里で済むところ、命の方が大事と二百里もある北陸道を経る場合も多かったことや、かの平家でさえ京より関東に出るのに北陸道を用いたことを書いており、木曽路がたいへんに険しい道であったことを述べている。木曽街道 フレッシュアイペディアより)

  • やげん堀

    やげん堀から見た善光寺善光寺

    やげん堀 七味唐辛子本舗は七味唐辛子を製造販売する商店。法人名は合資会社中島商店。江戸時代初期より中島家が10代に亘って営んでいる。七味唐辛子の元祖で、「やげん堀」は七味唐辛子の別称としても通っている。善光寺の八幡屋礒五郎、京の七味家本舗と共に日本三大七味唐辛子に数えられる。やげん堀 フレッシュアイペディアより)

  • 浜善光寺

    浜善光寺から見た善光寺善光寺

    浜善光寺は聖武天皇の天平年間(729年?749年)に行基が越後下向の折に創建されたと伝えられている。戦国の武将上杉謙信が川中島の戦いの際、信濃国善光寺の本尊を甲斐国の武田信玄から守るために越後国に移して以来「浜善光寺」、「浜の善光寺」と呼ばれるようになった。信濃国にある善光寺に対して日本海近くの海岸部にあることから浜善光寺と呼ばれる。本尊の流転については諸説ある。浜善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 光前寺

    光前寺から見た善光寺善光寺

    光前寺(こうぜんじ)は、長野県駒ヶ根市にある天台宗の別格本山の寺院である。山号は宝積山(ほうしゃくさん)。院号は無動院。本尊は不動明王で秘仏。天台宗信濃五山(戸隠山の顕光寺・善光寺・更科八幡神宮寺・津金寺・光前寺)のひとつに数えられた。1967年(昭和42年)5月10日、庭園が国の名勝のひとつに指定された。また、霊犬早太郎説話でも知られている。光前寺 フレッシュアイペディアより)

  • 戸倉上山田温泉

    戸倉上山田温泉から見た善光寺善光寺

    明治中期に千曲川の河川敷に戸倉温泉、上山田温泉が相次いで開湯され、善光寺参りの精進落としの湯として賑わった。例年、千曲川の水害に見舞われて一時は移転を余儀なくされたが、明治末期から大正時代にかけて堤防や温泉施設の整備が進み、大正後期には現在の温泉街・繁華街が成立した。戦後間もないころは傷病兵の湯治場となり、最盛期の昭和後期には企業の団体客など年間130万人以上の観光客が訪れ、300人以上の芸妓が在籍した。戸倉上山田温泉 フレッシュアイペディアより)

270件中 81 - 90件表示

「善光寺」のニューストピックワード