前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示
  • 善光寺

    善光寺から見たダライ・ラマ14世

    2008年(平成20年)のチベット騒乱を受けて、善光寺は同じ仏教徒としての反対の意味とそれに伴う参拝客への危害が及ぶなどの混乱回避を理由に、当初予定していた北京オリンピックの聖火リレーの出発式会場に善光寺境内の不使用を長野市に求めた。2008年4月18日には、善光寺は出発式会場から辞退を表明した 上、聖火リレーの時間に合わせてチベット騒乱の犠牲者(中国人およびチベット人双方の犠牲者)への追悼法要を実施した。同年11月、出発式会場辞退への感謝の印として、ダライ・ラマ14世より釈迦像が贈られた。この像は、翌2009年3月から、忠霊殿で一般公開されている。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た東日本旅客鉄道

    東日本旅客鉄道信越本線長野駅よりバスで「善光寺大門」、もしくは「大門南」下車(100円)。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た武田信玄

    特に戦国時代の、善光寺平は信濃侵攻を行う甲斐国の武田晴信(信玄)と北信国衆を庇護する越後国の上杉謙信の争いの舞台となり、寺は兵火を被り荒廃した。この後、善光寺仏は寺地を地方に流転することになるが、行く先については諸説ある。一説には、善光寺の焼失を懸念した信玄により本尊は善光寺別当の栗田氏と共に武田氏居館のある甲府へ移され、この時に建てられたのが今日の甲府市にある甲斐善光寺であるという。別の説では、善光寺を保護したのは上杉謙信であり、本尊は越後国直江津(現在の上越市)に移され、その寺跡には十念寺(浜善光寺)が大本願別院として法燈を伝えている。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た高梨政盛

    明応4年(1495年) - 北信濃支配勢力者の村上政清と高梨政盛、澄頼とが善光寺を巡って争い焼失。高梨氏が本尊を本拠地に持ち去る。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た織田信長

    本尊は、さらに織田信長の手で岐阜へ、豊臣秀吉により京の都へ、更に徳川家康の手で尾張へ移されるなど転々としたが、1598年(慶長3年)秀吉の死の前日に信濃へ帰された。この間大本願の尼衆は本尊に付き従って移動し、大勧進の僧集団は残って本尊不在の荒れ果てた寺地を守っていたとされる。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た宗貞国

    応仁3年(1468年) - 善光寺の住職、善峰が対馬の宗貞国を通じて李氏朝鮮と交渉。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た徳川家康

    本尊は、さらに織田信長の手で岐阜へ、豊臣秀吉により京の都へ、更に徳川家康の手で尾張へ移されるなど転々としたが、1598年(慶長3年)秀吉の死の前日に信濃へ帰された。この間大本願の尼衆は本尊に付き従って移動し、大勧進の僧集団は残って本尊不在の荒れ果てた寺地を守っていたとされる。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た八百屋お七

    享保7年、善光寺聖・法誉円信が全国から喜捨を集めて造立した延命地蔵尊で、明暦の大火を出したといわれる八百屋お七の霊を慰めたものという伝承が伝えられているため、俗に「八百屋お七のぬれ仏」とも呼ばれている。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た道鏡

    善光寺に関する縁起については、院政期に書かれたとされる『伊呂波字類抄』にその引用があり、その記述には日本の仏教公伝の旧説とされる552年から丁度50年後の602年(推古天皇10年)に若麻績東人(本田善光)が仏像を入手して信濃に持ち帰り、更に166年を経た768年(神護景雲2年)に至ったことが記されている。『伊呂波字類抄』が参照した原典は、768年に書かれた善光寺の「古縁起」であったと見られている。田島公は推古天皇の時代、信濃国の大部分はヤマト王権(大和朝廷)の支配下にあって他の東国諸国とともに貢納を行っていたと推定されること(「東国の調」)、768年前後には称徳天皇・道鏡の下で仏教振興政策が取られており、既存寺院の把握も行われていたことから、本田善光の説話は全くの創作ではなく、768年に作成された善光寺の「古縁起」のモデルとなった伝承が存在したと唱えている。善光寺のものと確証が得られている訳ではないが境内の遺跡から古代寺院の古瓦が出土しており9世紀の物と鑑定されている。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た孝謙天皇

    善光寺に関する縁起については、院政期に書かれたとされる『伊呂波字類抄』にその引用があり、その記述には日本の仏教公伝の旧説とされる552年から丁度50年後の602年(推古天皇10年)に若麻績東人(本田善光)が仏像を入手して信濃に持ち帰り、更に166年を経た768年(神護景雲2年)に至ったことが記されている。『伊呂波字類抄』が参照した原典は、768年に書かれた善光寺の「古縁起」であったと見られている。田島公は推古天皇の時代、信濃国の大部分はヤマト王権(大和朝廷)の支配下にあって他の東国諸国とともに貢納を行っていたと推定されること(「東国の調」)、768年前後には称徳天皇・道鏡の下で仏教振興政策が取られており、既存寺院の把握も行われていたことから、本田善光の説話は全くの創作ではなく、768年に作成された善光寺の「古縁起」のモデルとなった伝承が存在したと唱えている。善光寺のものと確証が得られている訳ではないが境内の遺跡から古代寺院の古瓦が出土しており9世紀の物と鑑定されている。善光寺 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示

「善光寺」のニューストピックワード