194件中 31 - 40件表示
  • 善光寺

    善光寺から見た聖王 (百済)

    白雉5年(654年)より絶対秘仏とされている善光寺の本尊、「善光寺式阿弥陀三尊」は、天竺の月蓋長者が鋳写したものとされ、百済の聖王(聖明王)を経て、献呈されたか、難波の津に漂着されたものとされる。日本に来るも廃仏派の物部氏によって捨てられる(一説に和光寺)が、本田善光に拾われ、小山善光寺から信濃の元善光寺に、次いで現在地に遷座したと伝えられる。創建時期は不明だが、近江国周辺で見られる湖東式軒丸瓦が発掘されている。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た寄付

    開帳には、寺がある場所で開催する「居開帳」の他に、大都市に出向いて開催する「出開帳」があった。出開帳には、江戸、京、大坂で開催する「三都開帳」や諸国を回る「回国開帳」がある。何れも、境内堂社の造営修復費用を賄うための、一種の募金事業として行われた。明治時代以降から2009年まで「御開帳」と呼ばれるものは、全て居開帳であったが2013年には両国回向院にて「出開帳」が開催された。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た四国八十八箇所

    寛延3年(1750年)に完成した。平成19年(2007年)に修復工事がなされ、大正から昭和にかけての修理で檜皮葺きになっていた屋根が、創建当初の栩葺きに改められた。栩葺き(とちぶき)とはサワラの板材で屋根を葺く方式である。平成の修復を記念して、平成20年4月24日から11月30日まで三門内部の特別公開が行なわれた。内部には、四国八十八箇所の各寺院の本尊の代像が安置されている。また、江戸時代から昭和に至るまでの参拝者による落書きが多数残されている。落書きのうち、江戸時代のものは2階に昇った正面にある「江戸 と組よね」や3階(仏間)の北西側の壁面にある嘉永年号のものなどである。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た鷹司誓玉

    山号は「定額山」(じょうがくさん)で、山内にある天台宗の「大勧進」と25院、浄土宗の「大本願」と14坊によって護持・運営されている。「大勧進」の住職は「貫主」(かんす)と呼ばれ、天台宗の名刹から推挙された僧侶が務めている。「大本願」は、大寺院としては珍しい尼寺である。住職は「善光寺上人」(しょうにん)と呼ばれ、門跡寺院ではないが代々公家出身者から住職を迎えている(浄土宗では大本山善光寺大本願の法主)。2014年(平成26年)現在の「善光寺上人」(「大本願上人」)は鷹司家出身の121世鷹司誓玉である。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た東日本大震災

    2013年:平成25年4/27 - 5/19 東日本大震災復幸支縁を目的に両国回向院にて「出開帳」開催。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た楊貴妃

    通説(公式HP)では、善光寺の由来は本田善光であり、本田善光が善光寺如来を信濃国に持ってきたとされているが、扶桑略記では或記(引用した)として、「秦巨勢大夫」とあり、伊呂波字類抄では「信濃国人若麻續東人」と相違がある。また、『四天王寺秘訣』には光坐寺や本善寺、『古今目録抄(太子伝)』には阿弥陀院、百済寺と多くある。また、天武天皇時に日本全国で造られた郡寺(郡家隣接寺院、水内郡は金刺舎人)の1つという指摘がある。天平勝宝8年(756年)唐の玄宗皇帝は楊貴妃の菩提を弔うため日本に使節を送り、信濃の善光寺に自筆の大般若経を奉納させたという伝承が残る。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た鶴岡八幡宮

    正安3年(1299年) - 鎌倉八幡宮との結合強化が図られた。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た京都市

    得浄明院(善光寺大本願京都別院) - 京都府京都市東山区にある。無宗派の寺院だが浄土宗鎮西派の特別寺院でもある。尼寺。善光寺より善光寺如来を勧請して創立。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た尾張国

    本尊は武田氏が織田信長に滅ぼされると、その嫡男・織田信忠によって伊奈波(善光寺 (岐阜市))へ、本能寺の変の後には織田信雄により尾張国甚目寺へ、譲り受けた徳川家康の手で遠江国鴨江寺、後に甲斐善光寺へと転々とし、1597年(慶長2年)には豊臣秀吉の命令で甲斐から京都の方広寺へと移されたが、1598年(慶長3年)に秀吉の病は本尊の祟りであるという噂から、死の前日に信濃へ帰された。この間大本願の鏡空(智淨)や智誓(誓観)、智慶という三代の尼上人らが本尊に付き従って移動したとされ、大勧進の僧集団は残って本尊不在の荒れ果てた寺地を守っていたとされる。善光寺 フレッシュアイペディアより)

  • 善光寺

    善光寺から見た園城寺

    以上の縁起伝説が平安時代後期になってから扶桑略記や伊呂波字類抄などに示された。なお10世紀中ごろ「僧妙達蘇生注記」に「水内郡善光寺」と見え、また園城寺(現在の三井寺)の荘園末寺としての存在で文献には登場する。善光寺 フレッシュアイペディアより)

194件中 31 - 40件表示

「善光寺」のニューストピックワード