前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示
  • 大相撲野球賭博問題

    大相撲野球賭博問題から見た嘉風雅継嘉風雅継

    嘉風雅継 (尾車) 前頭 6月27日に謹慎休場を勧告されていたが、6月28日の理事会で賭博の内容を調査委員会で再検討され、処分されないことになった。大相撲野球賭博問題 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉風

    嘉風から見た嘉風雅継嘉風雅継

    嘉風 フレッシュアイペディアより)

  • 大分県立中津工業高等学校

    大分県立中津工業高等学校から見た嘉風雅継嘉風雅継

    嘉風雅継(大相撲幕内力士)大分県立中津工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本相撲選手権大会

    全日本相撲選手権大会から見た嘉風雅継嘉風雅継

    2001年度優勝の大西雅継(嘉風雅継・日体大出)全日本相撲選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 白乃波寿洋

    白乃波寿洋から見た嘉風雅継嘉風雅継

    首に怪我を抱えているため頭から当たることができず、膝にも古傷を抱えているが、立ち合いの速さを利して一気に前に出る相撲に鋭さがあり、序ノ口から三段目までそれぞれ1場所で通過し、幕下に昇進した2004年11月場所でも優勝を果たし(この間本割21連勝を記録。三段目では7戦全勝ながら優勝決定戦で大西(現・嘉風)に敗れ優勝を逃している)、一気に幕下上位まで番付を上げた。初土俵からの負け越しは2005年3月場所のみでそれ以外の場所では勝ち越しを続け、同年5月場所では西幕下6枚目で5勝2敗とし、東十両12枚目で5勝10敗と大きく負け越した須磨ノ富士との比較で十両昇進がなるかと思われたが、翌7月場所では須磨ノ富士が十両に残留し、自身は東幕下筆頭に留められた。その7月場所では4勝3敗と勝ち越し、翌9月場所に同じ尾上部屋の把瑠都と同時に新十両に昇進した。前相撲からの所要9場所での十両昇進は史上5位タイのスピードであったものの、把瑠都が同時に所要8場所での十両昇進を果たしたためあまり話題とはならなかった。白乃波寿洋 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年9月場所

    大相撲平成22年9月場所から見た嘉風雅継嘉風雅継

    平幕の嘉風と豪風が2敗で13日目まで優勝の望みをつないだが、ともに14日目に敗れて3敗。白鵬は2番を残して4場所連続16回目の優勝が決まった。14日目、千秋楽も勝って15戦全勝、1月場所14日目からの連勝を62まで伸ばした。大相撲平成22年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年11月場所

    大相撲平成21年11月場所から見た嘉風雅継嘉風雅継

    場所前半は朝青龍、白鵬の両横綱とともに、大分県出身のご当地力士・嘉風が活躍。7日目まで勝ちっ放しの7連勝で両横綱とともに場所を引っ張り、ご当地場所を沸かせた。大相撲平成21年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た嘉風雅継嘉風雅継

    7日目の時点では白鵬と栃乃洋の2人が全勝、その下に把瑠都、琴欧洲ら1敗勢が4人という状況であったが、栃乃洋は中日の給金相撲で勝ち越しならず1敗。白鵬は嘉風や豊真将を相手に危ない場面も見られたものの、着々と白星を並べてこの場所も優勝戦線の単独トップに立った。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成20年11月場所

    大相撲平成20年11月場所から見た嘉風雅継嘉風雅継

    敢闘賞:嘉風(初)大相撲平成20年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 後ろもたれ

    後ろもたれから見た嘉風雅継嘉風雅継

    2007年5月場所7日目(5月19日) - 北桜が嘉風に勝利。後ろもたれ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
32件中 1 - 10件表示

「嘉風雅継」のニューストピックワード