前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • 2014年の相撲

    2014年の相撲から見た嘉風雅継嘉風雅継

    1月15日 - 【大相撲】 初場所4日目の時天空対佐田の富士戦で、佐田の富士のまわしが二度にわたり緩んだため回し直す珍事。二度目の回し直しの際には控え力士の嘉風までが土俵に上がる事態になった。また20日に行われた9日目の時天空対翔天狼戦でも翔天狼のまわしが2回緩み、取組が中断するハプニングが発生した。2014年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成27年11月場所

    大相撲平成27年11月場所から見た嘉風雅継嘉風雅継

    先場所12勝3敗ながら優勝を果たし、自身初の連覇を目指す横綱鶴竜は初日に分の悪い嘉風に、5日目もこれまた分の悪い妙義龍にそれぞれ敗れて序盤に2敗。その後も分の悪い相手に黒星を喫し続けて、最終的には一桁白星となる9勝6敗に終わった。ただ、千秋楽には優勝を争っていた白鵬を破るなど横綱の意地は見せた。先場所12勝3敗で優勝決定戦に進出した大関照ノ富士は先場所13日目に負傷した膝の怪我が治りきっておらず、9日目を終わって4勝5敗と負けが込んでいた。しかし、その後は優勝を争っていた白鵬を長い相撲の末破るなど白星を重ねて9勝6敗に終わった。稀勢の里は9日目まで8勝1敗と優勝争いに絡んでいたが、10日目からは4連敗を喫して大幅に失速し、10勝5敗に終わった。ただ、千秋楽には優勝争いの単独トップに立っていた横綱日馬富士を破っている。琴奨菊は中日までは7勝1敗と好調だったが、9日目からは一転して4連敗を喫するなどこちらも大幅に失速し、13日目に勝ち越しを決めたが、左前脛骨筋挫傷で14日目から休場して8勝6敗1休に終わった。角番の豪栄道はまさに一進一退という状況で、千秋楽に栃煌山を破って何とか勝ち越しを決めて角番を脱出した。大相撲平成27年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成29年5月場所

    大相撲平成29年5月場所から見た嘉風雅継嘉風雅継

    3場所連続優勝の期待がかかる横綱稀勢の里は、先場所に負傷した左胸の影響が残り、初日いきなり嘉風に不覚を取った。その後は2日目・3日目と連勝はしたが、4日目に遠藤に敗れ、序盤に2敗を喫した。その後は中日まで4連勝をして6勝2敗として立ち直ったかに見えたが、勝った相撲は苦戦が続いた。その後も9日目に栃煌山に、10日目に琴奨菊にそれぞれ敗れ、9日目・10日目と連敗して6勝4敗となったところで、「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷で約1カ月の加療が必要」との診断書を日本相撲協会に提出し、翌11日目から休場となった。横綱鶴竜は、初日御嶽海に、2日目千代の国に敗れて連敗スタート。翌日遠藤に引き落としで勝利し、3日目にして初白星を得たが、4日目に嘉風に敗れ、序盤に3敗を喫して1勝3敗となった所で、「左足関節離断性骨軟骨炎で今後約1カ月のリハビリテーション加療を要する見込み」との診断書を日本相撲協会に提出し、翌5日目から休場となった。角番の大関豪栄道は、2日目高安に、3日目嘉風に敗れ序盤で2敗を喫した。その後は7日目まで4連勝をして立ち直ったかに見えたが中日から再び崩れて、11日目を終わって6勝5敗と一進一退の成績だった。しかし、その後は連勝して13日目に角番を脱出し、9勝でこの場所を終えた。休場明けの横綱白鵬は、久しぶりに好調を堅持して連戦連勝。5場所ぶりの優勝を目指す横綱日馬富士も好調を堅持して連戦連勝。先場所稀勢の里に逆転優勝を許し、雪辱に燃える大関照ノ富士は初日・2日目と連敗スタートだったが、その後は連戦連勝。今場所が大関とりの場所となる関脇高安も6日目玉鷲に敗れたのみで引き続き好調を堅持した。上位陣ではこの4人が今場所の優勝争いを演じた。大相撲平成29年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 尾車部屋

    尾車部屋から見た嘉風雅継嘉風雅継

    以降、関脇・豪風や関脇・嘉風など現在までに10人の関取を輩出している。師匠の現役時の四股名から取った「風」という字が付けられた力士が多い。2005年(平成17年)4月には閉鎖された押尾川部屋から17代押尾川(元大関・大麒麟)・11代不知火(元関脇・青葉城)および所属力士6人と床山1人を受け入れた。尾車部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲野球賭博問題

    大相撲野球賭博問題から見た嘉風雅継嘉風雅継

    嘉風雅継 (尾車) 前頭 6月27日に謹慎休場を勧告されていたが、6月28日の理事会で賭博の内容を調査委員会で再検討され、処分されないことになった。大相撲野球賭博問題 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴竜力三郎

    鶴竜力三郎から見た嘉風雅継嘉風雅継

    9月場所は2日目から日馬富士、3日目から白鵬が相次いで休場し、事実上の一人横綱となった。3日目に嘉風戦、10日目に妙義龍に敗れたものの、終盤戦2敗で照ノ富士らと優勝戦線に加わった。14日目の稀勢の里戦で、立ち合いいきなり変化したが行司待ったで不成立。2度目の立合いで又しても変化し寄り倒して勝利、単独トップに。千秋楽結びの一番、本割りで照ノ富士に敗れ12勝3敗同士の優勝決定戦に進出、決定戦では照ノ富士に勝利し9場所ぶり2回目、横綱としては初めての幕内優勝を果たした。次の11月場所で2連覇を狙うも、序盤で2敗を喫する。千秋楽では横綱昇進してからは初めて白鵬を寄り切って勝利したが、新横綱場所だった2014年5月場所以来、9場所振り日馬富士と並ぶ横綱昇進後2回目の9勝6敗に終わった。鶴竜力三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉風

    嘉風から見た嘉風雅継嘉風雅継

    嘉風 フレッシュアイペディアより)

  • 踏み出し

    踏み出しから見た嘉風雅継嘉風雅継

    2001年(平成13年)1月場所より勝負結果として採用されており、最近では2014年(平成26年)7月場所7日目の大関稀勢の里-嘉風戦(嘉風●)、同年1月場所5日目の豊響 - 大関鶴竜戦(豊響●)、2013年(平成25年)7月場所9日目の阿覧 - 嘉風戦(嘉風●)でそれぞれ記録されている。踏み出し フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た嘉風雅継嘉風雅継

    7日目の時点では白鵬と栃乃洋の2人が全勝、その下に把瑠都、琴欧洲ら1敗勢が4人という状況であったが、栃乃洋は中日に初黒星を喫した。白鵬は嘉風や豊真将を相手に危ない場面も見られたものの、着々と白星を並べてこの場所も優勝戦線の単独トップに立った。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年9月場所

    大相撲平成22年9月場所から見た嘉風雅継嘉風雅継

    平幕の嘉風と豪風が13日目まで2敗で優勝の望みをつないだが、ともに14日目に敗れて3敗となった時点で、白鵬の4場所連続16回目の優勝が決まった。14日目、千秋楽も勝って15戦全勝、1月場所14日目からの連勝を62まで伸ばした。大相撲平成22年9月場所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示

「嘉風雅継」のニューストピックワード