32件中 11 - 20件表示
  • 山本山龍太

    山本山龍太から見た嘉風嘉風雅継

    2009年3月場所12日目、嘉風に送り出しで負けた際、後ろ立褌を引っ張られ、後ろ立褌が緩んでほとんど外れてしまい、「完全18禁でしょ。あそこは緩むんです」とコメントする。山本山龍太 フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た嘉風雅継嘉風雅継

    大西雅継(幕内・嘉風雅継・尾車部屋・大分県)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • うっちゃり

    うっちゃりから見た嘉風雅継嘉風雅継

    4日目に嘉風が翔天狼に対して審判の判定結果で成功した。うっちゃり フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアントキリング (テレビ番組)

    ジャイアントキリング (テレビ番組)から見た嘉風嘉風雅継

    ジャイアント:日馬富士、豊ノ島、嘉風、豊響、旭秀鵬、隆の山、高見盛ジャイアントキリング (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 北桜英敏

    北桜英敏から見た嘉風雅継嘉風雅継

    東十両2枚目だった2007年5月場所では、7日目の対嘉風戦で、後ろもたれという珍しい決まり手で勝利を収めた。また、12日目では幕内の玉春日に勝利した際には、懸賞金を取らずに土俵を降りてしまうという珍事を演じた。北桜英敏 フレッシュアイペディアより)

  • 小手捻り

    小手捻りから見た嘉風雅継嘉風雅継

    2001年の決まり手制定以降、幕内でこの決まり手が3度記録されており、2004年5月場所13日目で栃乃洋が朝赤龍に、2012年1月場所2日目で旭天鵬が嘉風に、2013年1月場所4日目で北太樹が旭日松に、それぞれ決めている。また、十両でも2度記録されており、2004年11月場所6日目で安美錦が大翔大に、2007年1月場所中日で光法が皇牙にそれぞれ決めている。小手捻り フレッシュアイペディアより)

  • 能登櫻和也

    能登櫻和也から見た嘉風雅継嘉風雅継

    能都町立能都中学校在学中に相撲を始める。金沢学院大学附属金沢東高校(現在の金沢学院東高校)相撲部を経て角界入りし、2004年1月場所で初土俵を踏む。同期入門には嘉風、玉鷲らがいる。初めて序二段に上がった同年5月場所12日目、君島との6番相撲に二丁投げで敗れた際に負傷したため、13日目の竜聖戦(不戦敗)と翌場所を休場、序ノ口へ落ちる。復帰2場所目の同年11月場所では序二段優勝をし、翌場所は初めての三段目昇進。しばらく三段目に定着していたが、2006年11月場所5日目の男佑戦に上手投げで敗れた際に負傷。8日目の南海力戦(不戦敗)から休場。翌場所も復帰できなかったため序二段へ陥落し、昇降格を繰り返した時期もあった。2008年7月場所に初めて三段目上位へ上がったのを機に、それまで本名をそのまま使用していた四股名を、郷里の名を入れた能登櫻へ改名する。改名場所こそ勝ち越すものの、その後は成績不振の場所も続き、序二段へ降格したが、2010年5月場所では6勝1敗と大勝ちし、翌7月場所では三段目中位まで番付を戻した。能登櫻和也 フレッシュアイペディアより)

  • 3月19日

    3月19日から見た嘉風雅継嘉風雅継

    1982年 - 嘉風雅継、大相撲力士3月19日 フレッシュアイペディアより)

  • 幕下付出

    幕下付出から見た嘉風雅継嘉風雅継

    一方で、2004年一月場所初土俵の大西(嘉風)雅継は、日本体育大学3年在学中に付出資格であるアマチュア横綱のタイトルを取りながら、卒業を優先したため失効して前相撲からのデビューとなり、「タイトルホルダー初の前相撲デビュー」として注目された。また学生横綱では、日本大学2年在学中に同タイトルを獲得した佐久間(常幸龍)貴之が、大学卒業後の2011年五月技量審査場所にて前相撲からデビューしている。幕下付出 フレッシュアイペディアより)

  • 把瑠都凱斗

    把瑠都凱斗から見た嘉風雅継嘉風雅継

    5月場所 - 新入幕、所要12場所(前相撲から)は所要11場所の琴欧州に次ぎ、板井、小錦、栃東、朝青龍、時天空、嘉風と並び歴代2位タイ。11勝4敗で優勝次点、自身初の三賞・敢闘賞を受賞。把瑠都凱斗 フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「嘉風雅継」のニューストピックワード