69件中 21 - 30件表示
  • 木村晃之助

    木村晃之助から見た嘉風雅継嘉風雅継

    2013年9月場所10日目、前頭8枚目嘉風雅継 - 同14枚目常幸龍貴之戦で、常幸龍が右から小手投げを打ち嘉風を横転させた際、嘉風の左足が晃之助の顔を直撃し、東の二字口付近に倒れ口の中を負傷した。晃之助は手で口を押さえながらも気丈に常幸龍に軍配を挙げ、勝ち名乗りを上げた1。晃之助は同場所5日目、前頭14枚目舛ノ山大晴 - 同9枚目琴勇輝一巖戦でも転倒しており、2度目のアクシデントだった。木村晃之助 フレッシュアイペディアより)

  • 白乃波寿洋

    白乃波寿洋から見た嘉風雅継嘉風雅継

    首に怪我を抱えているため頭から当たることができず、膝にも古傷を抱えているが、立合いの速さを利して一気に前に出る相撲に鋭さがあり、序ノ口から三段目までそれぞれ1場所で通過し、幕下に昇進した2004年11月場所でも優勝を果たし(この間本割21連勝を記録。三段目では7戦全勝ながら優勝決定戦で大西に敗れ優勝を逃している)、一気に幕下上位まで番付を上げた。初土俵からの負け越しは2005年3月場所のみでそれ以外の場所では勝ち越しを続け、同年5月場所では西幕下6枚目で5勝2敗とし、東十両12枚目で5勝10敗と大きく負け越した須磨ノ富士との比較で十両昇進がなるかと思われたが、翌7月場所では須磨ノ富士が十両に残留し、自身は東幕下筆頭に留められた。その7月場所では4勝3敗と勝ち越し、翌9月場所に同じ尾上部屋の把瑠都と同時に新十両に昇進した。前相撲からの所要9場所での十両昇進は史上5位タイのスピードであったものの、把瑠都が同時に所要8場所での十両昇進を果たしたためあまり話題とはならなかった。白乃波寿洋 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の相撲

    2010年の相撲から見た嘉風雅継嘉風雅継

    嘉風雅継(尾車部屋 大分県佐伯市出身)(11場所ぶり2回目) - 11勝4敗2010年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の相撲

    2008年の相撲から見た嘉風雅継嘉風雅継

    敢闘賞 嘉風雅継(尾車部屋 大分県佐伯市出身)(初受賞) - 11勝4敗2008年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た嘉風雅継嘉風雅継

    大西雅継(関脇・嘉風雅継、尾車部屋、大分県)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 琴風豪規

    琴風豪規から見た嘉風雅継嘉風雅継

    引退後は年寄・尾車を襲名し、佐渡ヶ嶽部屋から独立する形で1987年3月に尾車部屋を設立した。以降、豪風や嘉風などの関取を育てるとともに、2005年4月には押尾川親方(元大関大麒麟)が部屋経営を断念したため押尾川部屋を引き取った。2009年1月に所属関取である若麒麟(押尾川部屋からの移籍組)の大麻所持事件により委員から平年寄への二階級降格の処分を受けた。これに際して部屋の閉鎖も考えていたが、嘉風ら部屋の力士から「自分にとっての師匠は親方だけです。親方が部屋を畳むのなら自分も引退します」と諭され翻意した。取的や裏方衆にまで土下座して謝罪したという。琴風豪規 フレッシュアイペディアより)

  • 中村 (相撲)

    中村 (相撲)から見た嘉風雅継嘉風雅継

    中村(なかむら)は日本相撲協会の年寄名跡のひとつで、大阪相撲の別派である「広角組」を支援していた侠客の名字が名跡名となった。現在の所有者は嘉風雅継中村 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 藤井康生

    藤井康生から見た嘉風雅継嘉風雅継

    2017年九州・11日目の白鵬 - 嘉風戦で、立ち合い不成立と思った白鵬は、立ち合い後に力を抜くと、嘉風に一気に寄り切られた。敗れた白鵬は土俵下で右手を挙げて、審判員らにアピール。しかし、物言いはつかず、不服と思った白鵬は61秒後にようやく土俵に上がった。この白鵬の一連の所作に対し、「気持ちは分からないではないですが、この姿はもう…大横綱いけません」と苦言を呈した。藤井康生 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成29年11月場所

    大相撲平成29年11月場所から見た嘉風雅継嘉風雅継

    10日目を終わって全勝は休場明けで初日から落ち着いた相撲で白星を重ねている白鵬を、星2つの差の2敗で平幕の北勝富士と隠岐の海が追うという展開で、白鵬の独走態勢となっていた。しかし、翌11日目白鵬は嘉風に全くいい所なく敗れ1敗に。しかし、2敗の2人はいずれも勝ったため1敗で白鵬、2敗で北勝富士・隠岐の海という展開に変わり、13日目までこの展開が続いた。そして14日目、平幕の2人が共に破れて白鵬が勝てば千秋楽を待たずに白鵬の40回目の優勝が決定するという展開になった。まず最初に2敗の隠岐の海は玉鷲戦を迎えた。しかし、隠岐の海の執念及ばず、玉鷲が叩き込みで勝利して隠岐の海は3敗に。その3番後、同じく2敗の北勝富士は阿武咲戦を迎えた。その取り組みでも阿武咲が押し出しで勝利して北勝富士も3敗に後退した。結果、この時点で1敗の白鵬と次点3敗の2人の差は2つとなり、結びの一番で白鵬が勝てば白鵬の40回目の優勝が決まるという展開になった。そして迎えた結びの一番、白鵬は遠藤との対戦になった。そして白鵬は押し出しで遠藤に勝利し、2場所ぶり40回目の優勝が千秋楽を待たずに決定した。翌千秋楽も白鵬は勝利し、優勝に花を添える14勝目を挙げた。大相撲平成29年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 幕下付出

    幕下付出から見た嘉風雅継嘉風雅継

    一方で、2004年(平成6年)1月場所初土俵の大西(嘉風)雅継は、日本体育大学3年次に付出資格であるアマチュア横綱のタイトルを獲得しながら卒業を優先したため資格が失効し、4年次に3大タイトルを獲得できなかったため前相撲からのデビューとなり、「タイトルホルダー初の前相撲デビュー」として注目された。2015年(平成27年)3月場所初土俵の中村(北勝富士)大輝は、日本体育大学2年次に学生横綱、3年次に国体横綱と付出資格を2度得ながら、4年次に3大タイトルを獲得できず前相撲デビューに。その他、学生横綱では佐久間(常幸龍)貴之(日本大学2年次にタイトル獲得。2011年(平成23年)5月技量審査場所初土俵)、正代直也(東京農業大学2年次にタイトル獲得。2014年(平成26年)3月場所初土俵)が前相撲からデビューしている。幕下付出 フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「中村雅継」のニューストピックワード