2211件中 11 - 20件表示
  • 産経新聞

    産経新聞から見た四国地方四国

    2007年(平成19年)9月1日までに、リストラの一環として行われた総支局の統合、撤退に伴い東京本社管内の県域版を廃止し、「首都圏・静岡版」「北関東版」「東北版」「甲信越版」にそれぞれ統合し、東京本社管内に於いての実質的な“県版”は廃止された(首都圏・静岡版は2009年(平成21年)2月11日より県域版が復活し各都県版に分けられた)。また大阪本社管内の中国地方と四国地方の県域版も「中四国版」に統一された。発行拠点のない地域では、直売所以外にブロック紙の販売店を通じて委託販売するなどしてカバーしている。産経新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 淡路島

    淡路島から見た四国四国

    大阪湾、播磨灘、紀伊水道に四周を囲まれ、北端の松帆崎で明石海峡に、南東端の生石鼻で紀淡海峡に、南西端の門崎(とさき)で鳴門海峡にのぞみ、本州四国連絡道路の神戸・鳴門ルートで本州・四国と繋がっている。淡路島 フレッシュアイペディアより)

  • 無人島

    無人島から見た四国四国

    世界最大の無人島はカナダのデヴォン島である。面積は、カナダの島の中で第6位、世界の島の中で第27位で、九州の1.49倍、四国の3.01倍の無人島である。1無人島 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島市

    徳島市から見た四国四国

    徳島市(とくしまし)は、日本の四国北東部に位置する都市で、徳島県の県庁所在地である。旧名東郡。キャッチフレーズは「心おどる水都・とくしま」。徳島市 フレッシュアイペディアより)

  • 本州

    本州から見た四国四国

    ユーラシアの東端(欧米から極東と呼ばれる地域)そして東アジアの中でも特に東方の沿岸沖に位置し、北海道島、四国島、九州島、付随する島とともに日本列島を構成している。日本列島は日本海を囲むように弓状に伸びており(写真参照)、こうした形状はプレートの境界域に形成された列島によく見られる弧状列島の特徴である。本州 フレッシュアイペディアより)

  • 九州

    九州から見た四国四国

    北海道・本州・四国とともに主要4島の一つでもあり、これら4つの中では3番目に大きい島で、世界の島の中では、スピッツベルゲン島(ノルウェー)に次ぐ第37位の大きさである。九州 フレッシュアイペディアより)

  • アマガイ

    アマガイから見た四国四国

    アマガイ(蜑貝)、学名 Nerita japonica は、アマオブネガイ目アマオブネガイ科に分類される巻貝の一種。本州南部・四国・九州・朝鮮半島南部の海岸の岩礁や岩礫地などに見られる半球形の巻貝である。アマガイ フレッシュアイペディアより)

  • 行逢神

    行逢神から見た四国四国

    行逢神、行き逢い神(ゆきあいがみ、いきあいがみ)とは、人や動物に行きあって災いを成すとされる神霊の総称。日本全国各地に怪異として伝わっており、特に中国地方、四国に多い。行逢神 フレッシュアイペディアより)

  • カンアオイ

    カンアオイから見た四国四国

    日本固有種で、本州の関東地方から近畿地方、四国に分布する。カンアオイ フレッシュアイペディアより)

  • 養宜館

    養宜館から見た四国四国

    1336年(南朝:延元元年、北朝:建武3年)足利尊氏が京で敗れ、九州に敗走する時に細川氏を四国に派遣した。細川和氏は期待に応え、地盤を固め戦功によって阿波国、淡路国の守護となった。その後の1340年(南朝:興国元年、北朝:暦応3年)足利尊氏は細川師氏に淡路国の平定を命じた。細川師氏は現在の南あわじ市賀集周辺で南朝連合軍を破り、養宜館に入城し守護の座についた。細川師氏の後には細川氏春が守護となった。1353年(南朝:正平8年、北朝:文和2年)挙兵した南朝軍と円鏡寺原で戦いとなったが、1361年(南朝:正平16年、北朝:康安元年)細川氏春は南朝軍に降伏し、京、和泉国、四国で戦っている。その後細川氏春も降伏して再び北朝方となった。1378年(南朝:天授4年、北朝:永和4年)和泉国にわたり土丸城攻めにも参戦している。細川氏春の後は細川満春が淡路国の守護を継いだ。1391年(南朝:元中8年、北朝:明徳2年)京で反乱をおこした山名氏軍と激戦の上、勝利し幕府方を勝利に導いた。1399年(応永6年)応永の乱がおこり、堺城に籠る大内義弘を海上より攻め込み討ち取った。細川満春が没後は細川満俊、細川持親、細川成春と継いでいく。養宜館 フレッシュアイペディアより)

2211件中 11 - 20件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード