2717件中 11 - 20件表示
  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た四国地方四国

    電力管理法第2条および電力管理法施行令第2条において、出力5,000キロワット以上の水力発電所は原則日本発送電が開発または所有することが定められ、発電所に付属するダムについても同様の措置が取られた。このため大井ダムを始め出力が5,000キロワット以上の水力発電所に付属するダムについては「出資」という名の下に強制的な接収を受けた。また開発中の河川における発電用水利権も同様に5,000キロワット以上の発電計画を有するものは日本発送電に接収され、例えば只見川の発電用水利権を有していた東京電燈は事実上開発不可能な立場に追い込まれた。さらに1941年には配電統制令が公布され、「五大電力会社」を含む日本に存在した全ての電力会社は解散し9配電会社に統合させられた。これにより電力の国家統制が完成し、日本発送電は戦時体制維持のため活発な水力発電事業を展開する。ダム事業としては主なものとして1943年(昭和18年)の完成以来破られていない日本最大の湛水面積を有する雨竜第一ダム(雨竜川・北海道)、1945年(昭和20年)に完成した当時日本第2位の高さを有する三浦ダム(王滝川・長野県)、当時天竜川最大規模だった平岡ダム(天竜川・長野県)、当時四国地方最大規模だった長沢ダム(吉野川・高知県)などがある。しかし戦況の悪化に伴い資材・人員不足が深刻となり、平岡ダムや宮下ダム(只見川)などでは中国人や朝鮮人などを強制労働に使役させるなど非人道的な労務管理を行った。さらに空襲による設備破壊や施設酷使による設備故障も重なり、満足な電力供給が行えないまま終戦を迎えることになる。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島市

    徳島市から見た四国四国

    徳島市(とくしまし)は、日本の四国北東部に位置する都市で、徳島県の県庁所在地である。徳島市 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市

    高松市から見た四国四国

    市域の西部は香東川の土砂が堆積して出来た扇状地から成っている。東部は春日川や新川によってできた氾濫平野で、その河口部は三角州からなる海岸平野である。北東部には、瀬戸内海に突き出た卓状の台地で、治承・寿永の乱(源平合戦)である屋島や、四国本島最北端の竹居観音岬がある。市の北西部は丘陵となっている。日本で初めて国立公園に指定された瀬戸内海国立公園の中心に位置しており、その瀬戸内海には島嶼が点在する。高松市 フレッシュアイペディアより)

  • 玉野市

    玉野市から見た四国四国

    港湾都市であり、宇野港より四国方面へのフェリーが出ている。また、宇高連絡船(日本国有鉄道→四国旅客鉄道)が高松市とを結び四国への玄関口として栄えた。玉野市 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷市

    倉敷市から見た四国四国

    倉敷市(くらしきし)は、日本の中国地方、岡山県の南部に位置する市である。白壁の町並みが残る倉敷美観地区や、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋などで知られる。中国地方で三番目の人口を擁し、中核市に指定されている。倉敷市 フレッシュアイペディアより)

  • 四国中央市

    四国中央市から見た四国四国

    四国中央市(しこくちゅうおうし)は、愛媛県の東端に位置する市。四国の他の3県(香川県、高知県、徳島県)に接している。四国中央市 フレッシュアイペディアより)

  • 淡路島

    淡路島から見た四国四国

    大阪湾、播磨灘、紀伊水道に四周を囲まれ、北端の松帆崎で明石海峡に、南東端の生石鼻で紀淡海峡に、南西端の門崎(とさき)で鳴門海峡にのぞみ、本州四国連絡道路の神戸・鳴門ルートで本州・四国と繋がっている。淡路島 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスアワー

    プロレスアワーから見た四国四国

    1977年以降は、東京23区内や大都市における興行に関しても変化が生じ、宮城県スポーツセンターと愛知県体育館における興行は1977年と1978年の2年連続で行われず、宮城県スポーツセンターで行われた興行自体も1979年7月9日開催の「'79ビッグ・サマー・シリーズ」(実況生中継)が最後となった。札幌中島スポーツセンターにおける興行も、1976年までは年2〜3回のペースで行われていたが、「'77ビッグ・チャレンジ・シリーズ」以降は年1回のみとなった。1979年9月28日に行われた「'79ダイナマイト・シリーズ」川崎市体育館大会(メインは原VSロコのWWU世界ジュニアヘビー級王座戦)ではテレビ中継から外され、川崎市体育館における興行はこの興行が最後となった。後楽園ホール以外の東京23区内の会場における興行も、大田区体育館と蔵前国技館は前述の通り1978年をもって撤退した他、前述の「'79ダイナマイト・シリーズ」池袋大会が最後となり、「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」以降における東京23区内の興行は後楽園ホールのみで行われることになった。また、広島市では「'79スーパー・ファイト・シリーズ」以降、福岡市では「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」以降、それぞれ興行自体が行われなくなった。尚、1979年は大阪府立体育館と札幌中島スポーツセンターでの興行は行われなかった。同時に国際プロレスは、人気低下やそれに伴う資金難から政令市や県庁所在地の大会場を押さえるのが困難な状況となっていき、1979年には仙台市、広島市、福岡市の他にも、長野市、富山市(2都市共「'79ビッグ・チャレンジ・シリーズ」をもって撤退)、水戸市(「'79ビッグ・サマー・シリーズ」をもって撤退)、秋田市(「'79ダイナマイト・シリーズ」をもって撤退)のように、興行から撤退する県庁所在地が続出した。1980年には後述のように興行自体のキャンセルが相次ぎ、四国サーキット自体も行われなかった他、甲信越地方3県(山梨県・長野県・新潟県)の県庁所在地における興行も、同年1月4日開催の「'80新春パイオニア・シリーズ」開幕戦新潟市体育館大会(テレビ未収録)が最後となった。特に山形県、福島県、兵庫県、中国地方では、福島県は1978年以降における興行のほとんどが、浜通りや会津地方で行われ、中通りで行われた興行はごくわずかにとどまった他、兵庫県と中国地方でも、「'79デビリッシュ・ファイト・シリーズ」以降における興行のほとんどが、中国自動車道沿線の市町村、兵庫県但馬地方、鳥取県、島根県、山口県長北地方で行われ、主要都市を多く抱える山陽本線・呉線・国道2号沿線の市町村で行われた興行はごくわずかにとどまった。山形県でも、1980年以降における興行はすべて庄内地方で行われ、奥羽本線や国道13号沿線の市町村では全く興行が行われなくなった。放送する週も、1977年の50週をピークに、1978年からは減少に転じた。プロレスアワー フレッシュアイペディアより)

  • 行逢神

    行逢神から見た四国四国

    行逢神、行き逢い神(ゆきあいがみ、いきあいがみ)とは、人や動物に行きあって災いを成すとされる神霊の総称。日本全国各地に怪異として伝わっており、特に中国地方、四国に多い。行逢神 フレッシュアイペディアより)

  • クロサギ (魚)

    クロサギ (魚)から見た四国四国

    クロサギ(黒鷺)、学名 Gerres equulus は、スズキ目クロサギ科に分類される魚の一種。本州・四国・九州・朝鮮半島南部の周辺沿岸海域に分布する魚で、食用にもなる。クロサギ (魚) フレッシュアイペディアより)

2717件中 11 - 20件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード