2211件中 51 - 60件表示
  • 平成18年豪雪

    平成18年豪雪から見た四国地方四国

    この豪雪の特徴としては強い冬型の気圧配置が続くことで雪雲が季節風により山地まで運ばれるため山間部や内陸部に大雪をもたらす「山雪型」の特徴が顕著に現れており、北海道地方から北陸地方・山陰地方の山間部では多くの地域で冬(12月 - 2月)の降雪量や最深積雪が平年を上回った。特に新潟県の山間部にある津南町では4mを超える最深積雪を記録したのをはじめ北海道、東北地方、北陸地方、群馬県、岐阜県、長野県、中国地方などの山間部や内陸部を中心として記録的な最深積雪となる所が多く12月の時点で歴代最深積雪の記録を塗り替えた地点もあった(豪雪の記録は年間で一番積雪が増える1月後半から2月にかけて記録されることが多く、12月中に記録を更新することは珍しい)。一方、金沢市、福井市、鳥取市など日本海側沿岸部に位置する地域では最深積雪こそ平年並あるいは平年を上回るところが多かったものの冬期間の降雪量は平年並あるいは平年を下回るところが多かった。12月は日本海側山間部から内陸部、沿岸部の多くの地点で降雪量が平年を大きく上回ったものの1月中旬以降は冬型の気圧配置が長続きせず高温となる時期も多くなったこと(2005〜2006年冬のシーズンは12月よりも2月の方が高温であった)や冬型の気圧配置となっても山間部中心の降雪となったため日本海側沿岸部では1月、2月の降雪量は平年を下回り、この地域では2月中旬以降は融雪も進み3月を迎える前に積雪がなくなる地点も多かった。山間部の地域でも1月中旬以降は強い降雪のピークは超えたが、代わりに気温の変動などによる雪崩被害も増加した。また新潟市や東北地方太平洋側の仙台市や福島市でも冬の降雪量や最深積雪は平年並、あるいは平年を下回った(但し、元々これらの都市は日本海からの発達した雪雲の影響を比較的受けにくい地域であり北国と呼ばれる割に積雪はとても少ない)。このほか12月は平年の「寒気が南下してくる限界」よりも南に寒気が流れ込んだため九州地方、四国地方、中国地方瀬戸内側、近畿地方、東海地方など平年は雪が少ない地域でも大雪となった。主要都市でも鹿児島市、高知市、広島市、名古屋市など広い範囲で記録的な大雪となった。また、1月下旬には本州南岸を通過した低気圧の影響で関東地方でも大雪となった。平成18年豪雪 フレッシュアイペディアより)

  • NHK松山放送局

    NHK松山放送局から見た四国地方四国

    愛媛県内(ラジオ第2放送は山口県の周防大島も含む)向けの放送のほか、四国地方の拠点局として四国内各放送局を統括している。NHK松山放送局 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方

    東北地方から見た四国四国

    縄文時代には気候が温暖化して、東北地方も縄文中期には現在より暖かかったと考えられている。当時の採集・狩猟・漁労を中心とした生活では、西日本よりも東日本の方が生活に適しており、東北地方は関東地方や中央高地とともに縄文時代の遺跡が高密度に分布する地域として知られる。最も人口密度が低かった近畿地方・中国地方・四国地方と比べて、人口密度が最も高かった関東は30倍以上、東北も5倍〜10倍程度の人が住んでいたと見られている。そのため、1440年も続いた巨大集落である三内丸山遺跡などが存在し、栗栽培など原始的な縄文農耕も始まり、関東や中央高地などと共に縄文文化の中心を担った。東北地方 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地域

    日本の地域から見た四国四国

    諸外国では、日本の地方制度が周知されていないため、日本列島を構成する主要な4つの島である北海道・本州・四国・九州および琉球列島(奄美群島・沖縄諸島・宮古列島・八重山列島)を以ってそのまま日本の地方区分として用いる例が多い。しかし、日本国内では、北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州に分ける「八地方区分」の方が多く用いられる。歴史的な経緯・交通機関の発達・経済の変化・文化や住民の帰属意識などにより、地方・地域区分は異なるが、ここでは一般的な地方・地域区分を示す。日本の地域 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市の経済

    高松市の経済から見た四国四国

    中央官庁や、首都・東京の大企業の四国を統轄する出先機関が集中するため、「支店経済都市」とも呼ばれる。四国の交通の中心都市となっていたが、本四架橋の開通や、四国での高速交通網整備、バブル崩壊後の構造不況などが重なり、都市間競争の激化に伴って、四国における拠点性の維持が課題となっている。高松市の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 尾道市

    尾道市から見た四国四国

    1999年5月のしまなみ海道開通によって四国の今治市と陸路で結ばれ、物流面での利便性が高まり、建設中の高速道路中国横断自動車道(尾道松江線)が開通すると「瀬戸内の十字路」として更なる利便性の向上が見込まれている。尾道市 フレッシュアイペディアより)

  • 屋久島

    屋久島から見た四国四国

    面積504.88km²。円形に近い五角形をしている。鹿児島県の島としては奄美大島に次いで2番目、日本全国では9番目の面積である(北海道・本州・四国・九州を除く)。屋久島 フレッシュアイペディアより)

  • 松山城 (伊予国)

    松山城 (伊予国)から見た四国四国

    松山城(まつやまじょう)は、四国・愛媛県松山市にある城跡。別名金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)。松山城 (伊予国) フレッシュアイペディアより)

  • 明石海峡大橋

    明石海峡大橋から見た四国四国

    淡路島内のみならず、本州と四国を結ぶ3本の本州四国連絡橋(本四架橋)ルートの一つ「神戸淡路鳴門自動車道」として供用されており、四国と近畿、更には本州の各大都市間を結ぶ交通の要になっている。交通量も本四架橋の橋の中では最も多い。明石海峡大橋 フレッシュアイペディアより)

  • ヒラタクワガタ

    ヒラタクワガタから見た四国四国

    本州(山形県以南)、四国、九州、甑島列島、他14島。オス19 - 75mm、メス28.5 - 41mm。ヒラタクワガタ フレッシュアイペディアより)

2211件中 51 - 60件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード