2211件中 61 - 70件表示
  • 徳島工業短期大学

    徳島工業短期大学から見た四国地方四国

    徳島工業短期大学は、徳島県板野郡板野町内にある日本の私立短期大学。学校法人徳島城南学園により1973年に設置された。現在、事実上四国地方で唯一の理工系短大となっている。徳島工業短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 東海・東南海・南海連動型地震

    東海・東南海・南海連動型地震から見た四国四国

    2003年の中央防災会議では、3連動型が早朝5時に発生した場合の被害予想として、建物全壊棟数は約51万3000から56万8600棟、死者数は約2万2000から2万8300人にのぼり、経済被害は約53 - 81兆円と試算された。静岡県、愛知県などで最大震度7を観測すると予測され、茨城県から鹿児島県まで、広い範囲で津波が観測され、愛知県、静岡県には平均して4 - 5m、四国太平洋沿岸では平均10〜12m、最大30m近い波が予想される。東海・東南海・南海連動型地震 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た四国四国

    4月1日 - 四国・九州ツアー『TAKURO & his BIG GROUP with SEO 2005 〜特別追加公演 四国・九州シリーズ〜』開始。(4カ所4公演、〜4月14日まで)吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北区 (岡山市)

    北区 (岡山市)から見た四国四国

    一方で、区域の南東部に江戸時代、岡山藩池田氏の城下町として発展した中心市街地がある。現在では高層ビルが建ち並び、山陽新幹線と山陰・四国から多数の列車が発着するJR岡山駅を擁し、岡山県庁、岡山市役所等の行政機関、岡山県下最大の商業地を有しており、岡山県の政治・経済の中心はもとより、中国・四国地方における拠点の一翼を担っている。北区 (岡山市) フレッシュアイペディアより)

  • 西条市

    西条市から見た四国四国

    西条市(さいじょうし)は、愛媛県東予地方、西日本最高峰石鎚山の麓に位置する市。国の名水百選にも選出されている「うちぬき」と呼ばれる自噴水(地下水)やカブトガニなどで広く知られる。西条市が力を入れて取り組んで来た、製造業を中心とする産業振興方針を今も継承し、同市の工業出荷額は四国の市町村の中でも上位に位置する金額である。2000年代前半においては製造品出荷額等において四国最大を誇っていた時期もあったが、その後今治造船や日本食研などを擁する今治市や、番の州臨海工業団地を擁する坂出市に抜かれ、2009年時点では四国3位になっている。臨海部には国内最大級の今治造船のドックを有する。西条市 フレッシュアイペディアより)

  • 細川氏

    細川氏から見た四国四国

    南北朝時代、細川氏は足利尊氏に従い北朝・室町幕府方として活躍し、畿内・四国を中心に一門で8か国の守護職を占める有力守護大名となる。細川頼之は、管領として3代将軍足利義満をよく補佐し、以後その嫡流である京兆家は、代々管領に任ぜられ、斯波氏・畠山氏とともに三管領(三管四職)の1つに数えられた。応仁の乱では細川勝元が東軍の総帥となる。戦国時代のはじめ、その子細川政元は、将軍足利義材を退けて幕府の実権を掌握し(明応の政変)、政敵も攻め滅ぼして細川氏の全盛期を築く。細川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山市

    岡山市から見た四国四国

    広大な平野を背景に中四国のクロスポイントとして、1980年代以降の瀬戸大橋の開通、JR線の四国との直通化、山陽自動車道の開通に伴い交通インフラが急速に整備され、岡山都市圏は周辺都市圏と共に東瀬戸経済圏として成長してきた。岡山市 フレッシュアイペディアより)

  • デイリースポーツ

    デイリースポーツから見た四国四国

    その後、デイリースポーツ社が東京、大阪、神戸の3本社体制に発展し本州の各地(東海3県を除く)と四国地方で発行していく。東京(首都圏)では1975年から「夕刊デイリースポーツ」(題字は「夕刊デイリー」)(駅・コンビニなどのスタンド売り専売。宮崎県にも夕刊デイリーという新聞社があるが、全くの別物である)も発行していたが2009年11月30日付で休刊。なお東日本(静岡県以東)地域版は1992年までは東京タイムズとの提携で発行したが、同紙休刊以後は日本経済新聞系の印刷工場「日経東京製作センター」(旧・千代田総業)から発行されている。1977年には東京本社版が、次いで1980年には大阪本社版が休刊日発行(号外扱いの即売特別版)を開始した。デイリースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 東海地震

    東海地震から見た四国四国

    なお、(想定)東海地震と東南海地震(東海道 - 紀伊半島)に加えて、南海地震(紀伊半島 - 四国)もしばしば連動して発生し、更に規模の大きな巨大地震となった例があり、今後もそのような様式で発生する場合があると考えられている。東海地震 フレッシュアイペディアより)

  • じゃらん

    じゃらんから見た四国四国

    取材対象地域は近畿2府4県、北陸、中国地方5県、四国4県を中心に、東海(愛知・三重・岐阜)もカバーしているじゃらん フレッシュアイペディアより)

2211件中 61 - 70件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード