2717件中 61 - 70件表示
  • キョーエイ

    キョーエイから見た四国四国

    かつてはK-1 京屋家電(家電量販店)も運営していたが、2006年に撤退、デオデオへ譲渡した(兵庫県洲本市内にあった店舗はマツヤデンキへ譲渡、2011年8月に閉店)。2007年に四国の企業として初めてマツモトキヨシとフランチャイズ契約を結んだ。キョーエイ フレッシュアイペディアより)

  • 一ノ谷の戦い

    一ノ谷の戦いから見た四国四国

    この源氏同士の抗争の間に勢力を立て直した平氏は、同年1月には大輪田泊に上陸して、かつて平清盛が都を計画した福原まで進出していた。平氏は瀬戸内海を制圧し、中国、四国、九州を支配し、数万騎の兵力を擁するまでに回復していた。平氏は同年2月には京奪回の軍を起こす予定をしていた。一ノ谷の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 本州四国連絡橋

    本州四国連絡橋から見た四国四国

    本州四国連絡橋(ほんしゅうしこくれんらくきょう)は、本州と四国を橋などで結ぶ道路・鉄道ルートである。本州四国連絡橋 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸内地方

    瀬戸内地方から見た四国四国

    瀬戸内地方 (せとうちちほう)は日本の地域を指す通称の一つである。本州西部・四国・九州に囲まれた瀬戸内海の沿岸地域を指す。通称、瀬戸内(せとうち)。瀬戸内地方 フレッシュアイペディアより)

  • 四国8の字ネットワーク

    四国8の字ネットワークから見た四国四国

    四国8の字ネットワーク(しこくはちのじネットワーク)とは、四国の高速道路ネットワークが「8の字」型であることから名付けられた愛称である。エックスハイウェイとも。四国8の字ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 松山圏

    松山圏から見た四国四国

    平成の大合併により中心地の松山市の人口が50万人を突破したため、国勢調査において都市圏(松山都市圏)として四国で唯一掲載されている。松山圏 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本高速道路

    西日本高速道路から見た四国地方四国

    日本国内ではおおむね近畿・中国・四国・九州・沖縄において旧日本道路公団(JH)が管理していた高速道路や自動車専用道路を事業範囲とする。事業範囲には福井県の一部(小浜市以西)を含み、滋賀県の一部(東近江市・甲賀市以東)を除く。なお、都市高速道路である阪神高速道路は事業範囲から除外されている。西日本高速道路 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の黙示録

    太陽の黙示録から見た四国四国

    2002年に発生した日本大震災によって本州が近畿地方〜北陸地方に位置する日本列島大断層を境に分裂した。南関東、東海地方、近畿は水没、九州地方、四国地方も二分された。その後、震災復興支援においてそれぞれ軍を派兵させていた米中両国による「分割復興決議案」が国連で採択され、日本は南日本地域(サウスエリア:アメリカ合衆国管理下)と北日本地域(ノースエリア:中華人民共和国管理下)に分割され、その後の日本政府分裂に伴い日本は事実上の分断国家となった。日米中三国による復興委員会も北日本は中国主導、南日本はアメリカ主導で再編され、それぞれ本国の意向を反映させた復興政策を行い南北日本政府は米中の傀儡政権と化してゆく。自衛隊の場合は陸上自衛隊が南北に分割された反面、米軍とつながりの深い海上自衛隊、航空自衛隊は全部隊が南日本に帰属。また在日米軍は三沢飛行場・横田飛行場・横須賀海軍施設・厚木飛行場・キャンプ座間など北日本領内の基地からは撤退している。南北間の往来は当初は自由に行われたものの米中の対立や治安の悪化などを理由に次第に規制され(渡航許可証→ビザ・パスポート)、両政府により相互承認された分離独立の動きが進むにつれ統一を求める声が強まってゆく。太陽の黙示録 フレッシュアイペディアより)

  • オカモトグループ

    オカモトグループから見た四国四国

    株式会社ヤマウチ - 香川県高松市に本社を構える。四国を中心に展開していたものの、2011年に大型M&Aにてオカモトグループ入りし、以降関西や九州へと出店領域を広げる。オカモトグループ フレッシュアイペディアより)

  • 神戸淡路鳴門自動車道

    神戸淡路鳴門自動車道から見た四国四国

    本州の神戸市から、明石海峡を渡り淡路島を縦断、さらに鳴門海峡を渡り四国の鳴門市に至る、本州四国連絡道路の3ルートのうちの1つ。神戸淡路鳴門自動車道 フレッシュアイペディアより)

2717件中 61 - 70件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード