2717件中 71 - 80件表示
  • アジサイ属

    アジサイ属から見た四国四国

    。種として認めずアジサイ に含めることもある。日本(関東より西の本州、四国、九州などの山地)、千島列島、台湾、中国南部の山地にみられる。山中で沢によく見られることからサワアジサイとも呼ばれる。ガクアジサイと比べ、花の色が多様性に富む。花序は直径7?18センチ、装飾花は直径1.7?3センチ。甘茶の原料となるが、「甘茶(アマチャ)」は分類上特定の品種を指す名称ではない。ヤマアジサイは分布域が広く、亜種としてエゾアジサイ、アマギアマチャ、ベニガク、栽培品種としてシチダンカなどがある。アジサイ属 フレッシュアイペディアより)

  • ニホンツキノワグマ

    ニホンツキノワグマから見た四国四国

    ニホンツキノワグマ(学名 U. t. japonicus)はツキノワグマの日本産亜種で日本列島の本州及び四国に生息する。ニホンツキノワグマ フレッシュアイペディアより)

  • 養宜館

    養宜館から見た四国四国

    1336年(南朝:延元元年、北朝:建武3年)足利尊氏が京で敗れ、九州に敗走する時に細川氏を四国に派遣した。細川和氏は期待に応え、地盤を固め戦功によって阿波国、淡路国の守護となった。その後の1340年(南朝:興国元年、北朝:暦応3年)足利尊氏は細川師氏に淡路国の平定を命じた。細川師氏は現在の南あわじ市賀集周辺で南朝連合軍を破り、養宜館に入城し守護の座についた。細川師氏の後には細川氏春が守護となった。1353年(南朝:正平8年、北朝:文和2年)挙兵した南朝軍と円鏡寺原で戦いとなったが、1361年(南朝:正平16年、北朝:康安元年)細川氏春は南朝軍に降伏し、京、和泉国、四国で戦っている。その後細川氏春も降伏して再び北朝方となった。1378年(南朝:天授4年、北朝:永和4年)和泉国にわたり土丸城攻めにも参戦している。細川氏春の後は細川満春が淡路国の守護を継いだ。1391年(南朝:元中8年、北朝:明徳2年)京で反乱をおこした山名氏軍と激戦の上、勝利し幕府方を勝利に導いた。1399年(応永6年)応永の乱がおこり、堺城に籠る大内義弘を海上より攻め込み討ち取った。細川満春が没後は細川満俊、細川持親、細川成春と継いでいく。養宜館 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島工業短期大学

    徳島工業短期大学から見た四国地方四国

    徳島工業短期大学は、徳島県板野郡板野町内にある日本の私立短期大学。学校法人徳島城南学園により1973年に設置された。現在、事実上四国地方で唯一の理工系短大となっている。徳島工業短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年豪雪

    平成18年豪雪から見た四国地方四国

    この豪雪の特徴としては強い冬型の気圧配置が続くことで雪雲が季節風により山地まで運ばれるため山間部や内陸部に大雪をもたらす「山雪型」の特徴が顕著に現れており、北海道地方から北陸地方・山陰地方の山間部では多くの地域で冬(12月 - 2月)の降雪量や最深積雪が平年を上回った。特に新潟県の山間部にある津南町では4mを超える最深積雪を記録したのをはじめ北海道、東北地方、北陸地方、群馬県、岐阜県、長野県、中国地方などの山間部や内陸部を中心として記録的な最深積雪となる所が多く12月の時点で歴代最深積雪の記録を塗り替えた地点もあった(豪雪の記録は年間で一番積雪が増える1月後半から2月にかけて記録されることが多く、12月中に記録を更新することは珍しい)。一方、金沢市、福井市、鳥取市など日本海側沿岸部に位置する地域では最深積雪こそ平年並あるいは平年を上回るところが多かったものの冬期間の降雪量は平年並あるいは平年を下回るところが多かった。12月は日本海側山間部から内陸部、沿岸部の多くの地点で降雪量が平年を大きく上回ったものの1月中旬以降は冬型の気圧配置が長続きせず高温となる時期も多くなったこと(2005〜2006年冬のシーズンは12月よりも2月の方が高温であった)や冬型の気圧配置となっても山間部中心の降雪となったため日本海側沿岸部では1月、2月の降雪量は平年を下回り、この地域では2月中旬以降は融雪も進み3月を迎える前に積雪がなくなる地点も多かった。山間部の地域でも1月中旬以降は強い降雪のピークは超えたが、代わりに気温の変動などによる雪崩被害も増加した。また新潟市や東北地方太平洋側の仙台市や福島市でも冬の降雪量や最深積雪は平年並、あるいは平年を下回った(但し、元々これらの都市は日本海からの発達した雪雲の影響を比較的受けにくい地域であり北国と呼ばれる割に積雪はとても少ない)。このほか12月は平年の「寒気が南下してくる限界」よりも南に寒気が流れ込んだため九州地方、四国地方、中国地方瀬戸内側、近畿地方、東海地方など平年は雪が少ない地域でも大雪となった。主要都市でも鹿児島市、高知市、広島市、名古屋市など広い範囲で記録的な大雪となった。また、1月下旬には本州南岸を通過した低気圧の影響で関東地方でも大雪となった。平成18年豪雪 フレッシュアイペディアより)

  • 三木市

    三木市から見た四国地方四国

    昭和時代から生産がおこなわれ、吉川町地区が山田錦発祥の里である。主に肥料もちや水持ちが良好な神戸層群が位置する別所町・細川町・口吉川町・吉川町で生産され、生産量は日本一である。「酒米の王様」と呼ばれ、品質も最高ランクであるとされている。北海道・関東地方・四国地方などに酒米用として出荷している。集落と蔵元との契約栽培である村米制度が残り、吉川町市野瀬がこの制度の発祥地である。三木市 フレッシュアイペディアより)

  • ミニストップ

    ミニストップから見た四国地方四国

    四国:徳島県(21)、香川県(36)、愛媛県(東予地方のみ)(10)ミニストップ フレッシュアイペディアより)

  • 岡山駅

    岡山駅から見た四国四国

    岡山県の県庁所在地・岡山市の中心駅であり、営業キロは東京駅から732.9km、新大阪駅から180.3kmである。東海道・山陽新幹線の全営業列車が停車し、新幹線と四国および山陰との連絡口として各方面への特急列車が発着するターミナル駅である。新幹線および在来線7方面(福山・尾道方面、和気・上郡・相生方面(以上山陽本線)、新見・米子・松江・出雲方面(伯備線)、児島・宇野・四国方面(瀬戸大橋線・宇野線)、津山・鳥取方面(津山線)、総社方面(吉備線)、播州赤穂方面(赤穂線))と市内電車2方面(東山方面・清輝橋方面)が集まる中四国地方最大の鉄道の要衝となっている。岡山駅 フレッシュアイペディアより)

  • 今治市

    今治市から見た四国地方四国

    古くから瀬戸内海の海上交通の要所であったことから平安時代以前は伊予国国府が置かれ、江戸時代は今治藩今治城の城下町として発展した。1920年2月に今治町と日吉村が合併し、今治市が誕生した。現在の今治市域は四国本土の高縄半島北東部と芸予諸島の一部から成っている。人口は松山市に次ぐ愛媛県下第2位で、四国地方では各県庁所在地(松山市・高松市・高知市・徳島市)に次ぐ第5位の規模である。今治市 フレッシュアイペディアより)

  • 舞子公園駅

    舞子公園駅から見た四国四国

    淡路島・四国方面からのバス乗り換え客や、JR舞子駅(快速停車駅)との競争のために直通特急を停車させているにもかかわらず、当駅の乗降人員は上記の数に留まっている(JR舞子駅の乗車人員は1日あたり21,102人)。舞子公園駅 フレッシュアイペディアより)

2717件中 71 - 80件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード