2211件中 71 - 80件表示
  • クワガタムシ

    クワガタムシから見た四国四国

    ただし、標高の高い地域にしか生息できないルリクワガタ属やツヤハダクワガタでは事情が違い、ルリクワガタ属ではルリクワガタは本州、四国、九州と全般的に生息するものの、それ以外では東北地方にコルリクワガタ、関東地方から甲信越地方にかけてトウカイコルリクワガタ(亜種)、中部地方西部から近畿地方にかけてキンキコルリクワガタ(亜種)、瀬戸内地方にニセコルリクワガタ、甲信地方にホソツヤルリクワガタ、四国九州の一部にミナミコルリクワガタ(亜種)と、かなり断続的に分布しており、ツヤハダクワガタの亜種でも似たような分布を示している。クワガタムシ フレッシュアイペディアより)

  • アサヒビール

    アサヒビールから見た四国地方四国

    四国麦酒きりっと生(四国地方 1996 - 1998年)1998年6月に四国工場が竣工したため、四国工場蔵出し生にリニューアルされた。アサヒビール フレッシュアイペディアより)

  • セグロセキレイ

    セグロセキレイから見た四国四国

    日本(北海道、本州、四国、九州)では普通に見られる留鳥または漂鳥。積雪地でも越冬する場合が多い。セグロセキレイ フレッシュアイペディアより)

  • 大宝律令

    大宝律令から見た四国四国

    7世紀後半以降、百済の滅亡など緊迫する東アジアの国際情勢の中で、倭国は中央集権化を進めることで、政権を安定させ、国家としての独立を保とうとした。そのため、近江令、飛鳥浄御原令を制定するなど、当時の政権は、唐・朝鮮半島の統治制度を参照しながら、王土王民思想に基づく国家づくりを進めていった。その集大成が大宝律令の完成であった。これにより、日本の律令制が成立したとされている。大宝律令による統治・支配は、当時の政権が支配していた領域(東北地方を除く本州、四国、九州の大部分)にほぼ一律的に及ぶこととなった。大宝律令 フレッシュアイペディアより)

  • 細川頼之

    細川頼之から見た四国四国

    足利氏の一門である細川氏の武将として、阿波、讃岐、伊予など四国地方における南朝方と戦い、観応の擾乱では幕府方に属す。管領への就任で幕政を指導し、幼少の足利義満を補佐して半済令の施行や南朝との和睦などを行う。天授5年/康暦元年(1379年)の康暦の政変で失脚するが、その後は赦免されて幕政に復帰する。細川頼之 フレッシュアイペディアより)

  • 舞子公園駅

    舞子公園駅から見た四国四国

    淡路島・四国方面からのバス乗り換え客や、JR舞子駅(快速停車駅)との競争のために直通特急を停車させているにもかかわらず、当駅の乗降人員は上記の数に留まっている(JR舞子駅の乗車人員は1日あたり21,102人)。舞子公園駅 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸大橋線

    瀬戸大橋線から見た四国四国

    1988年(昭和63年)3月20日、瀬戸大橋博覧会開催により茶屋町駅 - 児島駅間が暫定開業した。そして同年4月10日に全面開業し、従来運航されていた宇高連絡船に代わって本州と四国を結ぶ幹線鉄道として機能している。瀬戸大橋線 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷市

    倉敷市から見た四国四国

    山陽新幹線・山陽本線・山陽自動車道・国道2号が東西に横断し、山陰地方を結ぶ伯備線、四国を結ぶ瀬戸大橋・瀬戸大橋線も市内を経由しており交通・物流の結節点としての重要な地位を占めるに至っている。倉敷市 フレッシュアイペディアより)

  • 本州四国連絡橋

    本州四国連絡橋から見た四国四国

    本州四国連絡橋(ほんしゅうしこくれんらくきょう)は、本州と四国を橋などで結ぶ道路・鉄道ルートである。本州四国連絡橋 フレッシュアイペディアより)

  • 宇和島城

    宇和島城から見た四国四国

    宇和島城(うわじまじょう)は四国の愛媛県宇和島市丸之内にあった城である。江戸時代は宇和島藩の藩庁となった。国の史跡に指定されている。宇和島城 フレッシュアイペディアより)

2211件中 71 - 80件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード