2717件中 81 - 90件表示
  • 日本沈没

    日本沈没から見た四国四国

    四国を皮切りに次々と列島は海中に没し、北関東が最後の大爆発を起こして日本列島は完全に消滅する。日本沈没 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た四国地方四国

    北海道(道東南東部を除く)、東北地方北西部、能登半島、中国地方、四国地方、九州地方などで部分日食観測。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 黒崎そごう

    黒崎そごうから見た四国四国

    川の流れるレストラン街が初めて設置されたそごう店舗である。当店の開店でそごうは北海道、本州、四国、九州4島全てへの出店を達成した初の百貨店となった。黒崎そごう フレッシュアイペディアより)

  • 小松島市

    小松島市から見た四国四国

    市の中心地は徳島小松島港付近であり、市役所や図書館などが位置する。かつては関西から四国への玄関口として港を中心に二条通や千歳橋筋などの商店街も栄えていたが、国鉄小松島線の廃止や本四架橋の影響から航路撤退が相次いだこと、国道55号沿いに郊外型店舗(主に徳島県下で展開するキョーエイグループなど)が進出したことなどで徐々に衰退した。2006年頃に本格的な中心市街地活性化のため、東洋紡績小松島工場跡地に徳島赤十字病院を核とした複合ビルが完成している。小松島市 フレッシュアイペディアより)

  • 小松島市

    小松島市から見た四国地方四国

    東経135度線から約1分35秒西側に位置し、近畿地方の神戸・大阪の京阪神地区と和歌山・高松の中心部から半径100キロ圏内であり、どちらも港湾都市であることから、海上面での往来が盛んである。四国地方かつ徳島県の東側の玄関口として機能可能な位置に面しており、古くから現在も徳島市・鳴門・富岡(現:阿南市富岡地区)・日和佐と並ぶ徳島県の生産機能地帯になっている。。小松島市 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た四国四国

    南海地震(なんかいじしん)は、紀伊半島の紀伊水道沖から四国南方沖を震源域とする巨大地震の呼称。南海トラフ西側でプレート間の断層滑りが発生する低角逆断層型の地震と考えられている。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村島

    岡村島から見た四国四国

    岡村島は、日本本土(北海道・本州・四国・九州・沖縄本島)と橋で繋がっている島の中では熊本県の樋島・下須島・通詞島(ともに7橋)と並んで一番橋を渡る回数が多い(しまなみ海道を除く)。さらに、所属する県庁までの通過架橋を比較すると17橋という桁違いの橋数を誇る。岡村島 フレッシュアイペディアより)

  • 隠神刑部

    隠神刑部から見た四国四国

    四国は狸の民話・伝説が多いが、特に松山の狸は天智天皇の時代に端を発するほどの歴史を持ち、狸が狸を生んだ結果、その数は808匹にもなった。その総帥が隠神刑部である。隠神刑部は久万山の古い岩屋に住み、松山城を守護し続けていたという化け狸であり、808匹の眷属の数から「八百八狸(はっぴゃくやたぬき)」とも呼ばれる。四国最高の神通力を持っていたともいう。隠神刑部 フレッシュアイペディアより)

  • 中村時広

    中村時広から見た四国四国

    坊っちゃんスタジアムへのオールスターゲーム誘致や、フィールド・ミュージアムの考えを取り入れた。また松山市役所の行政改革にも取り組み、2000年には四国で初の総合窓口を導入し、2006年にはコールセンターを開設した。中村の市長在任中、松山市は四国内で1位かつ唯一の50万都市だったが、積極拡大政策により政令指定都市を目指したり、道州制導入後の州都を目指す考えは示さなかった(周辺に大きな都市がなく、合併を重ねても、人口規模拡大は現実的に困難であるため)。中村時広 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸大橋線

    瀬戸大橋線から見た四国四国

    1988年(昭和63年)3月20日、瀬戸大橋博覧会開催により茶屋町駅 - 児島駅間が暫定開業した。そして同年4月10日に全面開業し、従来運航されていた宇高連絡船に代わって本州と四国を結ぶ幹線鉄道として機能している。瀬戸大橋線 フレッシュアイペディアより)

2717件中 81 - 90件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード