2211件中 81 - 90件表示
  • 西日本

    西日本から見た四国四国

    広くは近畿地方、中国地方、四国地方、九州・沖縄地方と中部地方の一部(後述)を指す。狭くは中部地方を除く場合がある。さらには近畿地方を除いた中国地方、四国地方、九州・沖縄地方を指す場合がある。また九州ないし南九州と南西諸島 を南日本とする例がある。東国に対する西国(例:西日本放送)、近畿地方(特に畿内)に対する九州地方(特に北九州、例:西日本鉄道) や、関東地方(特に南関東)に対する近畿地方(特に畿内)を指す場合もある。三重県は愛知県や岐阜県とともに東海3県として分類されることが多く、一般的には西日本に分類されている。西日本 フレッシュアイペディアより)

  • 南海地震

    南海地震から見た四国四国

    南海地震(なんかいじしん)は、紀伊半島の紀伊水道沖から四国南方沖を震源とする周期的な巨大地震の呼称。南海トラフ西側でプレート間の断層滑りが発生する低角逆断層型の地震とされる。南海地震 フレッシュアイペディアより)

  • 犬神

    犬神から見た四国四国

    犬神(いぬがみ)は、狐憑き、狐持ちなどとともに、西日本に最も広く分布する犬霊の憑き物(つきもの)。近年まで、大分県東部、島根県、四国の北東部から高知県一帯においてなお根強く見られ、狐の生息していない四国を犬神の本場であると考える説もある。また、犬神信仰の形跡は、島根県西部から山口県、九州全域、さらに薩南諸島より遠く沖縄県にかけてまで存在している。宮崎県、熊本県球磨郡、屋久島ではなまって「インガメ」、種子島では「イリガミ」とも呼ばれる。犬神 フレッシュアイペディアより)

  • 小松島市

    小松島市から見た四国四国

    市の中心地は小松島港付近であり、市役所や図書館などはそこに位置する。かつては関西から四国への玄関口として港を中心に二条通や千歳橋筋などの商店街も栄えていたが、国鉄小松島線の廃止や本四架橋の影響から航路撤退が相次いだことなどで徐々に衰退した。また、国道55号沿いに郊外型店舗(主に徳島県下で展開するキョーエイグループなど)が進出した事も衰退した一因となっている。近年は中心市街地活性化のため、東洋紡績小松島工場跡地に徳島赤十字病院を核とした複合ビルが完成している。。小松島市 フレッシュアイペディアより)

  • 小松島市

    小松島市から見た四国地方四国

    江戸時代には藍商人、明治時代からは四国地方の東側の玄関口として、市内中心部には数多くの商店、劇場および宿泊施設などが軒を連ねていた。その繁栄ぶりは人口規模を遙かに上回るものであった。しかし、その繁栄も1980年代を境として国鉄小松島線の廃止や航路の撤退などで徐々に勢いを失い、中心部の商店街は衰退していった。さらにモータリゼーションによる道路整備が行われ、1970年代に高知県高知市と徳島県徳島市を結ぶ国道55号徳島南バイパス沿いに中継地点として相次いで建設されたロードサイド店に商店街は消費者を奪われ、小松島湾周辺の商業地帯は壊滅的な打撃を受ける事となる。2000年代には東洋紡績小松島工場の閉鎖により、その跡地に徳島赤十字病院と商業施設が立地し、市内の流通拠点地点は変化している。小松島市 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方太平洋沖地震

    東北地方太平洋沖地震から見た四国四国

    日本で体に感じる揺れがなかったのは中国地方、四国地方、九州地方のそれぞれ一部と南西諸島のみ。長野市松代町の気象庁精密地震観測室は、地震発生から2時間半おきに、この地震によると見られる5回の表面波を確認。地震波は時速14000km(大気中のマッハ11相当)で地球上を5周したと見られる。東北地方太平洋沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山駅

    岡山駅から見た四国四国

    岡山県の県庁所在地・岡山市の中心部至近にあり、営業キロは東京駅から732.9km、新大阪駅から180.3kmである。本州と四国および山陰との連絡口として各方面への特急列車と接続している。新幹線は東京駅発着で山陽新幹線と東海道新幹線を直通運転する『のぞみ』、『ひかり』、新大阪駅発着の九州新幹線『みずほ』、『さくら』の全列車が停車し、さらに新幹線と在来線8方面(福山・尾道方面、新見・米子方面、津山・鳥取方面、総社方面、宇野方面、和気・上郡方面、播州赤穂方面、児島・四国方面)と市内電車2方面(東山方面・清輝橋方面)が集まり、中四国地方最大の交通の要衝となっている。岡山駅 フレッシュアイペディアより)

  • ミニストップ

    ミニストップから見た四国地方四国

    四国:徳島県(13)、香川県(31)、愛媛県(東予地方のみ)(7)ミニストップ フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市

    札幌市から見た四国四国

    夏は梅雨がなく(蝦夷梅雨という、7月後半に雨が続く現象はある)、台風の影響も少ない。1981年の石狩川の氾濫以降、大規模な河川の氾濫はない。山地に夏頃まで残る積雪が貯水の役割を果たし、水資源は豊富である。また、かつて夏は本州や四国、九州、沖縄の様に暑くならず過ごし易い気候であったものの、現在は高気圧に覆われて晴れた日に、30℃を超えることが多くなる。夏の正味期間が7月下旬-8月上旬(8月も10日を過ぎる頃には朝夕は肌寒かった)で暑くても昼間だけ、夕方には心地よい風が吹いていた1980年代後半までの様ないわゆる札幌=避暑といった快適な気候ではなくなってしまった。さらに、近年はヒートアイランド現象の進行の影響により、夜になっても気温が下がりにくい環境となり、最低気温が20℃を下回らない日(いわゆる真夏夜)の多さは、北海道随一になりつつあり、8月の最低気温の平年値は19.1℃と、北海道で最も気温が下がりにくいとされている、道南の沿岸部の多くの地点と比較しても、ほぼ同程度であるか、むしろ高めである。それでも、本州や、四国、九州、沖縄県の都市のような、最低気温が25℃を下回らない熱帯夜が観測される事は、極めて稀である。(1876年の観測開始以来2回)。札幌市 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た四国四国

    その支配地域は現在の岡山県・広島県中東部・香川県島嶼部・兵庫県播磨地方に及び、さらには四国や芸予諸島にも至っていたと推定され、県内に残されている造山古墳(岡山市北区)や作山古墳(総社市)、両宮山古墳(赤磐市)等の大型古墳からも窺えるように、強大な権力が存在していたと考えられる。岡山県 フレッシュアイペディアより)

2211件中 81 - 90件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード