前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
381件中 1 - 10件表示
  • 四国

    四国から見た高松市

    かつては、「徳島は近畿(阪・神)を向き、高松は岡山を向き、松山は広島を向き、そして高知は太平洋(または東京)を向いている」と言われ、「四国は一つ一つ」などと風刺されることもあった。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た高知市

    徳島県のほとんどの地域や、愛媛県南予地方・高知県全域の太平洋に面した南側は、太平洋側気候に属している。太平洋沖合を流れる黒潮の影響を受けて、温暖であり、春の訪れが早く本土で最初の桜の開花宣言が高知市または宇和島市となることも少なくない。そのため、特に高知県では促成栽培が盛んであったり、プロ野球チームのキャンプ地になったりと、温暖な気候を生かした産業や行事が発達している。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た九州

    北海道・本州・九州とともに主要4島の一つでもあり、周囲約750km、最高標高1,982m、人口約393万人で、主要4島の中で最も小さい島である。世界の島の中では、バナナル島(ブラジル)に次ぐ第50位の大きさである。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た松山市

    四国瀬戸内海側は太平洋ベルト地帯に位置しており、坂出市・丸亀市・四国中央市・新居浜市・西条市・今治市および松山市などを中心に、瀬戸内工業地域が形成されている。徳島市と西条市は、新産業都市建設促進法に基づいて指定される新産業都市(工業開発の拠点地域)であった。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た淡路島

    日本は6,852の島で構成される島国であるが、日本最古の歴史書 『古事記』 (712年献上) では、「日本」を「大八島国」(おおやしまのくに)と呼び、「八つの島」の総称としている。(登場順に現代の呼称表記で、淡路(あわじ)、四国、隠岐(おき)、九州、壱岐(いき)、対馬(つしま)、佐渡、本州 )四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た徳島市

    四国瀬戸内海側は太平洋ベルト地帯に位置しており、坂出市・丸亀市・四国中央市・新居浜市・西条市・今治市および松山市などを中心に、瀬戸内工業地域が形成されている。徳島市と西条市は、新産業都市建設促進法に基づいて指定される新産業都市(工業開発の拠点地域)であった。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た本州四国連絡橋

    四国地方を構成する4県の中で、徳島県・香川県・愛媛県は島内交流と合わせて、本州四国連絡橋(本四架橋)もあり本州との交流も盛んである。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た夏目漱石

    夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台である松山市は、元より四国最大の人口を抱える都市であったが、2005年の合併で人口51万人を突破しており、四国で唯一、総務省統計局により都市圏と規定された松山都市圏を形成している(中四国においても第3位の人口規模)。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た坂本龍馬

    幕末維新において土佐藩が終始政局に関わり続け、土佐藩出身の坂本龍馬の仲介で薩長同盟がなった。戊辰戦争においても土佐藩は官軍として各地を転戦し功を挙げた。明治期の自由民権運動も元土佐藩士板垣退助らが中心として起こった。それ以前に金陵会議(四国会議)が土佐藩から提唱され、四国をまとめ上げる力となったが、わずか数年で解散を命ぜられた。愛媛県から正岡子規なる大文豪が輩出され、明治文化に貢献した。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た瀬戸大橋

    本州と最短距離に位置することや、かつて宇高連絡船が運航していたことから、現在でも多くの官庁の地方支分部局(四国を管轄する出先機関:一部松山市や高知市に所在するものもある)や、四国全域を営業区域とする四国電力やJR四国の本社、また全国的な大企業の四国本社・支社・支店などが集まっている。しかし、1988年4月10日の瀬戸大橋開通や1998年4月5日の明石海峡大橋の開通による物流網の変化で、四国の玄関口としての機能は変化しつつあり、官庁や企業の管轄エリアが中国・四国地方に拡大した結果、高松における拠点が縮小傾向にある。四国 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
381件中 1 - 10件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード