533件中 101 - 110件表示
  • 四国

    四国から見た室町時代

    平氏が都落ちした際、安徳天皇を擁して屋島を一時的な本拠地としたため、この地で源平両軍が争った。室町時代は細川氏が讃岐・阿波・土佐の三国を、河野氏が伊予をそれぞれ守護した。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見たエヌ・ティ・ティ・ドコモ四国

    香川県、愛媛県、高知県、徳島県の順。- 反時計回り(エヌ・ティ・ティ・ドコモ四国など)四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た日本国有鉄道

    国鉄時代、比較的早期に無煙化(蒸気機関車からディーゼル車輌へ置換)し、自動信号化が推進されたが、その後は設備や施設の改善が後回しにされ、国鉄末期まで四国島内の国鉄線に電化区間が存在しなかった。2006年現在でも、香川県と愛媛県を結ぶ予讃線などの一部など、積極的に電化・高速化促進した区間を除いて、島内のほとんどのJR線は未だ電化されていない。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た淡路鉄道

    四国は、古くから、畿内から地理的には比較的近距離に位置しながら、船での移動を余儀なくされていた。かつては大阪府の深日から船で淡路島の洲本市へ渡り、淡路鉄道などを利用して洲本から福良まで淡路島内を移動、福良から船やフェリーで、鳴門へ渡るというのが最も一般的なルートであった。これに関連して、淡路島の名の由来の一説に、阿波へ行くみちの意味で「阿波路島」だとする説もある。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た国道九四フェリー

    徳島・松山・高松・高知の4県庁所在地を結ぶ国道11号・国道32号・国道33号・国道55号・国道56号などが道路網の中核を成す。また国道28号・国道30号・国道317号が本州四国連絡橋を通じて本州と、国道197号が国道九四フェリーを通じて九州との間を結んでいる。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た小松島市運輸部

    しかしながら、愛媛県内と徳島近郊に限った場合は、東予やしまなみ海道沿いでは瀬戸内運輸(と子会社の瀬戸内海交通)が、中予では四国で唯一オムニバスタウンに指定されている松山市を中心に伊予鉄道が、南予では宇和島自動車と伊予鉄南予バスが、徳島近郊では徳島バスや徳島市営バス、小松島市営バスなどがそれぞれ高頻度のサービスを展開している。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た瀬戸内海交通

    しかしながら、愛媛県内と徳島近郊に限った場合は、東予やしまなみ海道沿いでは瀬戸内運輸(と子会社の瀬戸内海交通)が、中予では四国で唯一オムニバスタウンに指定されている松山市を中心に伊予鉄道が、南予では宇和島自動車と伊予鉄南予バスが、徳島近郊では徳島バスや徳島市営バス、小松島市営バスなどがそれぞれ高頻度のサービスを展開している。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た徳島市交通局

    しかしながら、愛媛県内と徳島近郊に限った場合は、東予やしまなみ海道沿いでは瀬戸内運輸(と子会社の瀬戸内海交通)が、中予では四国で唯一オムニバスタウンに指定されている松山市を中心に伊予鉄道が、南予では宇和島自動車と伊予鉄南予バスが、徳島近郊では徳島バスや徳島市営バス、小松島市営バスなどがそれぞれ高頻度のサービスを展開している。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た宇和島自動車

    しかしながら、愛媛県内と徳島近郊に限った場合は、東予やしまなみ海道沿いでは瀬戸内運輸(と子会社の瀬戸内海交通)が、中予では四国で唯一オムニバスタウンに指定されている松山市を中心に伊予鉄道が、南予では宇和島自動車と伊予鉄南予バスが、徳島近郊では徳島バスや徳島市営バス、小松島市営バスなどがそれぞれ高頻度のサービスを展開している。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た愛媛県

    四国には、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の4つの地方公共団体(県)があり、4県総人口は3,912,670人である。(表右下 四国地方も参照)四国 フレッシュアイペディアより)

533件中 101 - 110件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード