533件中 11 - 20件表示
  • 四国

    四国から見た夏目漱石

    夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台である松山市は、元より四国最大の人口を抱える都市であったが、平成の大合併により人口51万人を突破しており四国で唯一、総務省統計局により都市圏と規定された松山都市圏(72万人)を形成している(中四国においても第3位の人口規模)。国の出先機関としては四国総合通信局が存在し、これに関連して企業分野においてもNTTグループの四国支店、日本郵便グループの四国支店、NHK松山放送局(四国地方の基幹局)などが立地している。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た坂本龍馬

    幕末維新において土佐藩が終始政局に関わり続け、土佐藩出身の坂本龍馬らの仲介で薩長同盟がなった。戊辰戦争においても土佐藩は官軍として各地を転戦し功を挙げた。明治期の自由民権運動も元土佐藩士板垣退助らが中心として起こった。それ以前に金陵会議(四国会議)が土佐藩から提唱され、四国をまとめ上げる力となったが、わずか数年で解散を命ぜられた。愛媛県から正岡子規なる文豪が輩出され、明治文化に貢献した。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た総務省

    国勢調査において総務省統計局の定義する都市圏としては松山都市圏が四国で唯一掲載されている。その他、東瀬戸経済圏(瀬戸内をはさむ地域を経済的に一体としてみる統計上の呼称)などがある。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た瀬戸大橋

    本州と近距離にあることや、かつて宇高連絡船が運航していたことから、現在でも高等裁判所や高等検察庁などの官庁の地方支分部局(四国を管轄する出先機関)のほとんどが集まっている(一部松山市や高知市に所在する)。また、四国全域を営業区域とする四国電力やJR四国などの企業の本社や、全国的な大企業の四国本社・支社・支店なども高松市に立地することが多い。しかし、1988年(昭和63年)4月10日の瀬戸大橋開通や1998年(平成10年)4月5日の明石海峡大橋の開通による物流網の変化で、四国の玄関口としての機能は変化しつつあり、官庁や企業の管轄エリアが中国・四国地方に拡大した結果、高松における拠点が縮小傾向にある。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た近畿地方

    東部の徳島県は政治・経済・文化において近畿地方の影響を受けており、北東部の香川県は文化・経済の両面で岡山県や兵庫県とのつながりが深く、西部の愛媛県は広島県や九州の大分県との交流が見られる。一方で高知県は古くは京都、江戸時代以降は東京からの影響が強く、政治・文化的な中央への意識が高い。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た四国電力

    本州と近距離にあることや、かつて宇高連絡船が運航していたことから、現在でも高等裁判所や高等検察庁などの官庁の地方支分部局(四国を管轄する出先機関)のほとんどが集まっている(一部松山市や高知市に所在する)。また、四国全域を営業区域とする四国電力やJR四国などの企業の本社や、全国的な大企業の四国本社・支社・支店なども高松市に立地することが多い。しかし、1988年(昭和63年)4月10日の瀬戸大橋開通や1998年(平成10年)4月5日の明石海峡大橋の開通による物流網の変化で、四国の玄関口としての機能は変化しつつあり、官庁や企業の管轄エリアが中国・四国地方に拡大した結果、高松における拠点が縮小傾向にある。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た南海フェリー

    徳島県と和歌山県を結ぶ航路。「阿」は阿波国を、「紀」は紀伊国を指している。東四国地域においてはこの航路が瀬戸大橋開通以降も本州へ渡るメインルートであった。現在は徳島港と和歌山港を結ぶ南海フェリーがこの航路を受け継いでいる。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た明石海峡大橋

    瀬戸大橋開通で、高松に代わる新たな四国の玄関口として注目された。橋の開通と併せて、新宇多津都市などの大規模開発が当時のバブル景気の中で進められたが、その後の明石海峡大橋の開通で、自動車による流動が神戸鳴門ルートに移動する傾向が見られている。しかし鉄道では現在も四国の玄関として、車窓では高層ビルも姿を見せている。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た栗林公園

    近年では、サンポート高松建設や丸亀町商店街の再開発事業での『丸亀町グリーン』の建設、道州制施行後の道都の誘致によって、拠点都市の座を確固たるものにしようとしている。平成の大合併時には周辺の町を編入し人口42万を抱える都市となり、都市雇用圏における都市圏人口も四国最大の84万人である(中四国においても第3位の人口規模)。また、栗林公園は『ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン』に最高評価の3つ星に選定されている。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見たミシュランガイド

    近年では、サンポート高松建設や丸亀町商店街の再開発事業での『丸亀町グリーン』の建設、道州制施行後の道都の誘致によって、拠点都市の座を確固たるものにしようとしている。平成の大合併時には周辺の町を編入し人口42万を抱える都市となり、都市雇用圏における都市圏人口も四国最大の84万人である(中四国においても第3位の人口規模)。また、栗林公園は『ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン』に最高評価の3つ星に選定されている。四国 フレッシュアイペディアより)

533件中 11 - 20件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード