381件中 21 - 30件表示
  • 四国

    四国から見た高速バス

    明石海峡大橋開通後、鳴門海峡に架かる大鳴門橋の交通量は瀬戸大橋を上回るようになり、新たな四国の玄関としての側面を持ち始めている。3ルートから四国入りする場合、兵庫以西(中国・九州)と兵庫以東(前者以外)の人口を比べると17%:83%であり、圧倒的に神戸鳴門ルートを選択する場面が多くなる。神戸淡路鳴門自動車道の全通直後では、鳴門IC付近にある徳島トラックステーションを利用するトラックの増加が目立った。また京阪神方面への高速バスは一端は年々増加、屈指のドル箱路線までに成長していたが、近年はETC大幅割引の影響で減便・廃止が出始めている。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た伊予鉄道

    近年では、サンポート高松建設や道州制施行後の道都の誘致によって、拠点都市の座を確固たるものにしようとしている。2006年1月には周辺の町を編入し、人口42万を抱える都市となった。高松駅の乗降客数はJRでは四国最多(ちなみに四国最多は松山市に本社がある伊予鉄道の松山市駅)であり、都市雇用圏の人口も四国最大である。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た山部赤人

    四国は、畿内から南西側に位置しており、海路で移動するために、五畿七道では南紀や淡路島と一緒に南海道に含まれていた。近畿・九州航路の要所であった四国の西北部に位置する伊予国の道後温泉などは、舒明天皇や斉明天皇の入浴記録(日本書紀)があるほか、山部赤人・額田王の来浴記録(万葉集)もあるなど、古くから栄えていたと思われる。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た三好長慶

    戦国時代の四国の大名としては、三好を拠点とし、阿波国から山城国にわたる8国を支配圏に収めた三好長慶、「土佐の小京都」とも呼ばれている中村を拠点とした土佐一条氏、伊予国道後の湯築城を本拠とした水軍を有する河野氏、讃岐の香川氏、土佐国の四国の覇者である長宗我部元親などが高名であるが、長い騒乱の末に収束に向かい、一時は長宗我部氏が四国を統一したものの、やがて豊臣秀吉により平定された。土佐の大名であった長宗我部盛親は関ヶ原の戦いで西軍につき改易された。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た長宗我部盛親

    戦国時代の四国の大名としては、三好を拠点とし、阿波国から山城国にわたる8国を支配圏に収めた三好長慶、「土佐の小京都」とも呼ばれている中村を拠点とした土佐一条氏、伊予国道後の湯築城を本拠とした水軍を有する河野氏、讃岐の香川氏、土佐国の四国の覇者である長宗我部元親などが高名であるが、長い騒乱の末に収束に向かい、一時は長宗我部氏が四国を統一したものの、やがて豊臣秀吉により平定された。土佐の大名であった長宗我部盛親は関ヶ原の戦いで西軍につき改易された。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た豊臣秀吉

    戦国時代の四国の大名としては、三好を拠点とし、阿波国から山城国にわたる8国を支配圏に収めた三好長慶、「土佐の小京都」とも呼ばれている中村を拠点とした土佐一条氏、伊予国道後の湯築城を本拠とした水軍を有する河野氏、讃岐の香川氏、土佐国の四国の覇者である長宗我部元親などが高名であるが、長い騒乱の末に収束に向かい、一時は長宗我部氏が四国を統一したものの、やがて豊臣秀吉により平定された。土佐の大名であった長宗我部盛親は関ヶ原の戦いで西軍につき改易された。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た正岡子規

    幕末維新において土佐藩が終始政局に関わり続け、土佐藩出身の坂本龍馬の仲介で薩長同盟がなった。戊辰戦争においても土佐藩は官軍として各地を転戦し功を挙げた。明治期の自由民権運動も元土佐藩士板垣退助らが中心として起こった。それ以前に金陵会議(四国会議)が土佐藩から提唱され、四国をまとめ上げる力となったが、わずか数年で解散を命ぜられた。愛媛県から正岡子規なる大文豪が輩出され、明治文化に貢献した。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た安徳天皇

    平氏が都落ちした際、安徳天皇を擁して屋島を一時的な本拠地としたため、この地で源平両軍が争った。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た弘法大師

    弘法大師が拓いた四国巡礼・八十八箇所はお遍路さんで有名。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た板垣退助

    幕末維新において土佐藩が終始政局に関わり続け、土佐藩出身の坂本龍馬の仲介で薩長同盟がなった。戊辰戦争においても土佐藩は官軍として各地を転戦し功を挙げた。明治期の自由民権運動も元土佐藩士板垣退助らが中心として起こった。それ以前に金陵会議(四国会議)が土佐藩から提唱され、四国をまとめ上げる力となったが、わずか数年で解散を命ぜられた。愛媛県から正岡子規なる大文豪が輩出され、明治文化に貢献した。四国 フレッシュアイペディアより)

381件中 21 - 30件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード