381件中 61 - 70件表示
  • 四国

    四国から見た高松自動車道

    当初は、これら高速道路網充実の副作用としてストロー効果による大阪都市圏への経済流出の可能性が指摘され、実際に大阪圏へ直通する神戸淡路鳴門自動車道が開通した徳島県では、同圏への高速バスの利用が伸び、2008年2月時点で一日300便が運行されるなどしている。しかし、この現象はフェリーと2002年に廃止された徳島飛行場伊丹便利用者が高速バスへ移行した結果であり、大阪圏への流動数全体は横ばいか年々減少し、逆に香川県への流動が年々増加している。これと同じ懸念は高松道板野IC?高松中央IC開通した当時の香川県でも指摘され、実際に高速バスの神戸・大阪便が需要を高めているが、大阪圏への流動自体は横ばいであり、1990年まで圧倒的多数であった岡山県への流動が激減し、徳島県への流動が激増してそれを上回っている。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た高知自動車道

    以後、急速に整備が進んだ結果、2000年には四国4県庁所在地が高速道路で結ばれる「エックスハイウェイ」が完成、2002年度末には整備率が66%に達し、遂に全国水準の63%を上回った。現在は松山自動車道の南予方面への延伸、高知自動車道の高知県西部方面への延伸、四国横断自動車道の徳島県南部方面への延伸(鳴門JCT?阿南IC)、そのほか高速道路空白地帯解消のため阿南安芸自動車道や高知松山自動車道等の建設工事が順次進められており、「四国8の字ネットワーク」を目指している。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た南紀

    四国は、畿内から南西側に位置しており、海路で移動するために、五畿七道では南紀や淡路島と一緒に南海道に含まれていた。近畿・九州航路の要所であった四国の西北部に位置する伊予国の道後温泉などは、舒明天皇や斉明天皇の入浴記録(日本書紀)があるほか、山部赤人・額田王の来浴記録(万葉集)もあるなど、古くから栄えていたと思われる。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た日本の空港

    全国の空港の乗降客数は日本の空港参照四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見たお遍路さん

    弘法大師が拓いた四国巡礼・八十八箇所はお遍路さんで有名。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た積雪

    冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂がしばしば観測される。冬は小雨や小雪(みぞれ)の降る日もあるが、基本的に晴天が多い。平野部でも一冬に1?2回程度の積雪はあるが、大雪になることは少ない。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た松山自動車道

    四国は、国内で高速道路の整備が特に遅れた地方であった。四国で最初に高速道路が計画されたのは徳島自動車道であり、最初の開通は1985年、松山自動車道の三島川之江IC?土居IC間である(沿道には四国における高速道路発祥の地と書かれた看板がある)。その1986年度末における高速道路整備率は、全国が34%であったのに対し、四国は2%と非常に低い水準であった。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た日本の道州制論議

    高松市と松山市の間では以前から「四国の中心都市」という座を巡って論争が繰り返されているが、特に近年は道州制に伴う州都(道都。以下では「道都」と表記する)の誘致に関連した論争が激化している。以下の都市がそれぞれ中心とされ、競合している。(→四国の道州制論議、日本の道州制論議四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た早明浦ダム

    さめうら湖(ダム湖):高知県四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た自衛隊

    自衛隊と共用:徳島飛行場四国 フレッシュアイペディアより)

381件中 61 - 70件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード