381件中 71 - 80件表示
  • 四国

    四国から見た中予地方

    徳島県の吉野川流域以北、香川県全域、愛媛県東予地方、中予地方の、瀬戸内海に面した北側は、瀬戸内海式気候に属する温暖寡雨な気候であり、台風等の直撃も比較的少ない。そのため、オリーブやミカンの栽培が盛んである。その反面、大規模な河川は太平洋や紀伊水道に流れ込む形となっているため、水資源に恵まれず、過去幾度かの渇水に見舞われてきた。このため、満濃池を初めとするため池が多数造られている。その中でも特に、香川県は古来から水不足に悩まされ続けており、渇水対策として吉野川の水を送水するための香川用水が建設されたほどである。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た

    が本州との往来を不便にしていたが、陸においても、この島の地形は島内の往来を阻んだ。鉄道・道路共に、四国山地に平行して本州から九州に向け東西に伸びる中央構造線に阻まれ、長大トンネルの土木技術が確立するまで整備に困難を極めた。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た近畿

    四国は、畿内から南西側に位置しており、海路で移動するために、五畿七道では南紀や淡路島と一緒に南海道に含まれていた。近畿・九州航路の要所であった四国の西北部に位置する伊予国の道後温泉などは、舒明天皇や斉明天皇の入浴記録(日本書紀)があるほか、山部赤人・額田王の来浴記録(万葉集)もあるなど、古くから栄えていたと思われる。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た洪水

    年間降水量が多いことから林業も盛んであるが、一方で高知県および徳島県南部では、台風の来襲や集中豪雨も多い。このため、室戸台風などの大型台風が直撃し、洪水などの被害を受けている。また、愛媛県南予地方及び高知県幡多地方では、冬は関門海峡からの季節風の影響で曇りや雨、雪の日が他の太平洋側の地域に比べると多くなっている。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た関西国際空港

    本四架橋ができるまでは、本州との大量輸送手段は船舶しかなく、また、四国内のJRは単線区間が多く運行本数に限界があることや、新幹線へは岡山駅での乗り換えを強いられることもあり、従来から航空需要は高く、4県の県庁所在地近郊には中型機以上の航空機が離発着できる空港が整備されている。地理的に遠距離の東京方面を中心に路線を伸ばしているが、松山や高知では近畿圏から距離があることから大阪便も好調であり、また、九州路線もあるほか、松山からは上海とソウル、高松からはソウルへの国際定期便が就航している。なお、高松空港と徳島飛行場の直線距離は約55km、徳島飛行場と関西国際空港は約65km、高松空港と岡山空港は約62kmと近接している。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た土星

    四国 - 土星の衛星タイタンにある地名。2005年8月、四国に形が似ている事から命名された。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た香川用水

    徳島県の吉野川流域以北、香川県全域、愛媛県東予地方、中予地方の、瀬戸内海に面した北側は、瀬戸内海式気候に属する温暖寡雨な気候であり、台風等の直撃も比較的少ない。そのため、オリーブやミカンの栽培が盛んである。その反面、大規模な河川は太平洋や紀伊水道に流れ込む形となっているため、水資源に恵まれず、過去幾度かの渇水に見舞われてきた。このため、満濃池を初めとするため池が多数造られている。その中でも特に、香川県は古来から水不足に悩まされ続けており、渇水対策として吉野川の水を送水するための香川用水が建設されたほどである。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た観光

    昭和40年代の観光宣伝において、四国の主要観光地を効率よく回遊するルート提案として、松山市-高知市-高松市をつなぐルート(国道32号、国道33号)が考えられ、ちょうどアルファベットの「V」字状であるため、V字ルートと呼ばれるようになった。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た西日本

    石鎚山(1982m,西日本最高峰):愛媛県四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た四国八十八箇所

    弘法大師が拓いた四国巡礼・八十八箇所はお遍路さんで有名。四国 フレッシュアイペディアより)

381件中 71 - 80件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード