533件中 71 - 80件表示
  • 四国

    四国から見た南紀

    四国は、畿内から南西側に位置しており、海路で移動するために、五畿七道では南紀や淡路島と一緒に南海道に含まれていた。近畿・九州航路の要所であった四国の西北部に位置する伊予国の道後温泉などは、舒明天皇や斉明天皇の入浴記録(日本書紀)があるほか、山部赤人・額田王の来浴記録(万葉集)もあるなど、古くから栄えていたと思われる。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た日本の空港

    全国の空港の乗降客数は日本の空港参照四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見たお遍路さん

    空海が拓いた四国巡礼・八十八箇所はお遍路さんで有名。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た松山自動車道

    四国は、国内で高速道路の整備が特に遅れた地方であった。四国で最初に高速道路が計画されたのは徳島自動車道であり、最初の開通は1985年、松山自動車道の三島川之江IC〜土居IC間である(沿道には四国における高速道路発祥の地と書かれた看板がある)。その1986年度末における高速道路整備率は、全国が34%であったのに対し、四国は2%と非常に低い水準であった。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た世界遺産

    神社・仏閣では江戸時代以前より全国からの参拝者を集める金刀比羅宮(こんぴらさん)や四国八十八箇所霊場があり、地元住民によりお遍路さん(巡礼者)をもてなすお接待文化が根付いている。特に四国八十八箇所霊場と遍路道は、近年世界遺産登録を目指す活動が行われている。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た日本の道州制論議

    高松市と松山市の間では以前から「四国の中心都市」という座を巡って論争が繰り返されているが、特に近年は道州制に伴う州都(道都。以下では「道都」と表記する)の誘致に関連した論争が激化している。以下の都市がそれぞれ中心とされ、競合している。(→四国の道州制論議、日本の道州制論議四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た早明浦ダム

    さめうら湖(ダム湖):高知県四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た自衛隊

    自衛隊と共用:徳島飛行場四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た中予地方

    徳島県の吉野川流域以北、香川県全域、愛媛県東予地方、中予地方の、瀬戸内海に面した北側は、瀬戸内海式気候に属する温暖少雨な気候であり、台風等の直撃も比較的少ない。そのため、オリーブやミカンの栽培が盛んである。その反面、大規模な河川は太平洋や紀伊水道に流れ込む形となっているため、水資源に恵まれず、過去幾度かの渇水に見舞われてきた。このため、満濃池を初めとするため池が多数造られている。その中でも特に、香川県は古来から水不足に悩まされ続けており、渇水対策として吉野川の水を送水するための香川用水が建設されている。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た今治城

    城では現存12天守のうち、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城の4つが四国にあり、この他にも日本三大水城の今治城、高松城などがある。四国 フレッシュアイペディアより)

533件中 71 - 80件表示

「四国のできごと」のニューストピックワード