199件中 11 - 20件表示
  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た平林岳

    リーグ発足当時に、元セ・リーグ審判副部長の福井宏、NPO法人UDC(Umpire Development Corporation、本部東京/平林岳理事長)、四国地区全日本軟式野球連盟の三者の協力により運営が開始された。発足時のリーグの審判責任者は福井宏で、自ら当時の石毛代表にリーグの審判になることを志願して採用されたという逸話がある。福井は2006年のシーズンまでリーグの審判を務めた。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た荒張裕司

    2009年10月29日 NPBドラフト会議で福田岳洋・荒張裕司が指名され、引き続き行われた2次(育成枠)ドラフトで松井宏次が指名される。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た伊良部秀輝

    2006年5月から元NPB所属選手も受け付けることになった。NPB経験者については、当初よりトライアウト時の年齢制限がない。NPB経験選手第1号は広島東洋カープから香川に入った天野浩一。2009年8月には元阪神タイガースの伊良部秀輝が高知に入団し、NPBで個人タイトルを獲得した選手としては初の加入者となった。同年福岡に入団した元福岡ソフトバンクホークスの山田秋親は、シーズン終了後にトライアウトを経て千葉ロッテマリーンズに入団し、アイランドリーグに所属した元NPB選手でNPBに復帰した最初のケースとなった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た山田秋親

    2006年5月から元NPB所属選手も受け付けることになった。NPB経験者については、当初よりトライアウト時の年齢制限がない。NPB経験選手第1号は広島東洋カープから香川に入った天野浩一。2009年8月には元阪神タイガースの伊良部秀輝が高知に入団し、NPBで個人タイトルを獲得した選手としては初の加入者となった。同年福岡に入団した元福岡ソフトバンクホークスの山田秋親は、シーズン終了後にトライアウトを経て千葉ロッテマリーンズに入団し、アイランドリーグに所属した元NPB選手でNPBに復帰した最初のケースとなった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た石毛宏典

    2007年3月10日 石毛宏典が社長を退任、コミッショナー職として留まる。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た福田岳洋

    2009年10月29日 NPBドラフト会議で福田岳洋・荒張裕司が指名され、引き続き行われた2次(育成枠)ドラフトで松井宏次が指名される。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た千葉ロッテマリーンズ

    角中勝也(高知) - 千葉ロッテマリーンズ大学・社会人7位四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た日本トリム

    IBLJの直接出資で運営されていた2007年9月、財政負担を理由に経営者を一般公募。これを受けて大阪の不動産会社タップの北古味鈴太郎社長が新たなオーナーとなり、大阪の整水器メーカー日本トリムがチームスポンサーにつく形で、チーム休止の危機はひとまず回避された。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たソフトバンクモバイル

    四国アイランドリーグ時代は四国旅客鉄道(JR四国)、四国コカ・コーラボトリングなどの地元企業がスポンサーとして支援していた。リーグが拡張した2008年はソフトバンクモバイルがメインのオフィシャルスポンサーとなった。この関係で同社と競合関係にあるNTTドコモ四国が離脱したりしたため、支援企業の顔ぶれには変化が生じた。2009年以降はソフトバンクモバイルに代わり、従来より支援を行ってきた四国コカ・コーラボトリングがメインスポンサーとなっている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た四国コカ・コーラボトリング

    四国アイランドリーグ時代は四国旅客鉄道(JR四国)、四国コカ・コーラボトリングなどの地元企業がスポンサーとして支援していた。リーグが拡張した2008年はソフトバンクモバイルがメインのオフィシャルスポンサーとなった。この関係で同社と競合関係にあるNTTドコモ四国が離脱したりしたため、支援企業の顔ぶれには変化が生じた。2009年以降はソフトバンクモバイルに代わり、従来より支援を行ってきた四国コカ・コーラボトリングがメインスポンサーとなっている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

199件中 11 - 20件表示

「四国アイランドリーグplus」のニューストピックワード