199件中 51 - 60件表示
  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た長崎セインツ

    2008年の発足を計画していた九州リーグとは、2007年に業務提携を目的としたパートナーシップ契約を結んでいた。クラブチームだった長崎セインツとはアイランドリーグと練習試合・交流試合を複数回実施した。しかし、予定されていた九州リーグの発足が困難になったことから、同年10月24日には長崎セインツと福岡の新球団を加えた6球団で2008年のシーズンを開催することが発表され、2007年12月1日よりリーグ名称が「四国・九州アイランドリーグ」に変更された。九州の2球団はIBLJとは別の運営会社が統括し、両社が業務提携を結ぶ予定と報じられていたが、2008年のシーズン終了時点では九州側の運営会社は具体化しておらず、リーグ事務局の「九州オフィス」という形で存在していた。2009年1月30日をもって「所期の目的は果たした」ことを理由に九州オフィスは閉鎖された。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たボストン・レッドソックス

    2008年3月29日 香川の松尾晃雅がメジャーリーグ・ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだことを発表。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た東京ヤクルトスワローズ

    伊藤秀範(香川) - 東京ヤクルトスワローズ育成1位(2008年退団)四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た三重スリーアローズ

    2010年のシーズンをもって九州からリーグ戦に参加するチームがなくなる一方、2011年度から初の本州の球団として三重スリーアローズが新たに参加(このため四国プラス本州一県となる)するため、2011年度のリーグ名について検討・審議を経て2011年1月27日、同年2月1日よりリーグ名称を「四国アイランドリーグplus(しこくアイランドリーグプラス)」に改称することが決定、発表された。鍵山誠CEOは新名称について「6年間一緒にやってきた四国4球団と地域に敬意を示した。その上で日本や世界を舞台に進化していきたい、という願いを『plus』という言葉に込めた」と説明した。しかし、2011年の公式戦終了後の9月24日、2012年度は四国4県のチームで公式戦を実施し、三重は不参加・脱退することになったと発表された。2012年以降は、四国4チームで公式戦をおこなう形に戻っている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た広島東洋カープ

    2006年5月から元NPB所属選手も受け付けることになった。NPB経験者については、当初よりトライアウト時の年齢制限がない。NPB経験選手第1号は広島東洋カープから香川に入った天野浩一。2009年8月には元阪神タイガースの伊良部秀輝が高知に入団し、NPBで個人タイトルを獲得した選手としては初の加入者となった。同年福岡に入団した元福岡ソフトバンクホークスの山田秋親は、シーズン終了後にトライアウトを経て千葉ロッテマリーンズに入団し、アイランドリーグに所属した元NPB選手でNPBに復帰した最初のケースとなった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た福岡ソフトバンクホークス

    西山道隆(愛媛) - 福岡ソフトバンクホークス育成2位(2009年退団)四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た四国放送

    巨人戦)のネットを行なわなかった。その後NHKでは高松に加え、NHK松山放送局・NHK高知放送局でもAM第一放送で数試合中継をおこなうようになった。NHKラジオは最初の香川も含め、当初は開催県のみの放送であったが、2010年からはこれら3県に関しては、対戦相手チームの県でも放送をおこなうケースが出てきている。一方、徳島では2010年から四国放送が年に数試合の中継放送をおこなうようになっている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た西日本放送

    地上波AMラジオに関しては、数試合中継がある程度だが、2006年はNHK高松放送局にてAMローカル放送で、オリーブスタジアムで開催の金曜日のナイター試合に限って「ガイナーズナイター」と銘打ったオリーブガイナーズ贔屓で放送する中継を行っている。これは広い意味での定期放送にあたり、アイランドリーグ初の定期ラジオ中継となった。2007年からは西日本放送(RNCラジオ)でも、不定期の日曜にデーゲームを、月曜にナイターをそれぞれ中継しており、6月までに3試合が放送された。9月には初めて日曜日のナイター中継を実施し、全国ネットのプロ野球中継(TBSラジオ制作の横浜-四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た日本BS放送

    最初の4年間に支配下登録された選手からは一軍に定着した選手が現れず、後発のBCリーグ(内村賢介が2008年に一軍に定着)の後塵を拝した。リーグ創設以来1年を除いて2球団で監督を務めている西田真二は、2008年5月23日に放映された日本BS放送の番組「大人の自由時間」の中で、「チームでは社会人野球のトップクラスの方がまだ(レベルが)高いところもあるし、個人的な能力でも各チームによって差がある。だがトップクラスになれば、社会人の一流どころ(と互角の選手)もいるのではないか。プロ(NPB)でもやれる力はある。ただ一軍で本当の実績を上げた選手がまだいないので、その辺が今からだと思う」と述べていた。その後、2010年8月に登録された福田岳洋が初めて抹消を経験せずにシーズンを終了した。2011年は三輪正義が開幕から主に代走として終盤まで54試合に出場、角中勝也が8月から閉幕までに主に右投手の試合でスタメン起用され(シーズン通算では51試合に出場)、ようやく野手でも一軍である程度の試合数をこなせる選手が出た。投手では金無英が8月以降に中継ぎとして9試合に登板した。2012年には角中が、国内の独立リーグ出身者として初のオールスターゲーム出場とタイトル(首位打者)獲得を実現した(規定打席到達も独立リーグ出身者として初)。一方、2008年からは戦力外通告を受けた選手も発生している。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たNHK高松放送局

    地上波AMラジオに関しては、数試合中継がある程度だが、2006年はNHK高松放送局にてAMローカル放送で、オリーブスタジアムで開催の金曜日のナイター試合に限って「ガイナーズナイター」と銘打ったオリーブガイナーズ贔屓で放送する中継を行っている。これは広い意味での定期放送にあたり、アイランドリーグ初の定期ラジオ中継となった。2007年からは西日本放送(RNCラジオ)でも、不定期の日曜にデーゲームを、月曜にナイターをそれぞれ中継しており、6月までに3試合が放送された。9月には初めて日曜日のナイター中継を実施し、全国ネットのプロ野球中継(TBSラジオ制作の横浜-四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

199件中 51 - 60件表示

「四国アイランドリーグplus」のニューストピックワード