199件中 61 - 70件表示
  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た前田忠節

    監督・コーチについては原則としてNPB出身者としているが、コーチ1名はリーグで1年以上の在籍経験のある元選手でも可としている。2012年に香川の元選手である近藤智勝がコーチに就任し、NPB在籍経験のない初のコーチとなった。また、近年は指導者としてのキャリアを当リーグでスタートさせ、NPBのコーチに転身するケース(加藤博人・岡本克道・前田忠節ら)も出ている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た松下進

    松下進 - リーグと四国4球団のマスコットのデザインを手がけた。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た内村賢介

    最初の4年間に支配下登録された選手からは一軍に定着した選手が現れず、後発のBCリーグ(内村賢介が2008年に一軍に定着)の後塵を拝した。リーグ創設以来1年を除いて2球団で監督を務めている西田真二は、2008年5月23日に放映された日本BS放送の番組「大人の自由時間」の中で、「チームでは社会人野球のトップクラスの方がまだ(レベルが)高いところもあるし、個人的な能力でも各チームによって差がある。だがトップクラスになれば、社会人の一流どころ(と互角の選手)もいるのではないか。プロ(NPB)でもやれる力はある。ただ一軍で本当の実績を上げた選手がまだいないので、その辺が今からだと思う」と述べていた。その後、2010年8月に登録された福田岳洋が初めて抹消を経験せずにシーズンを終了した。2011年は三輪正義が開幕から主に代走として終盤まで54試合に出場、角中勝也が8月から閉幕までに主に右投手の試合でスタメン起用され(シーズン通算では51試合に出場)、ようやく野手でも一軍である程度の試合数をこなせる選手が出た。投手では金無英が8月以降に中継ぎとして9試合に登板した。2012年には角中が、国内の独立リーグ出身者として初のオールスターゲーム出場とタイトル(首位打者)獲得を実現した(規定打席到達も独立リーグ出身者として初)。一方、2008年からは戦力外通告を受けた選手も発生している。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た村田康一

    その後、プロアマ規定などの問題により四国地区全日本軟式野球連盟が審判運営より撤退したことや、新規参入チームの九州地区への拡張等の理由により、リーグ独自の審判員を育成することになり、2008年のシーズンより審判部が発足した。初代の審判部長は元パ・リーグ審判部長の村田康一。副部長は2005年のリーグ発足時から実質の現場責任者として最多試合出場している神谷佳秀。2010年のシーズンは、部長・副部長のほかに審判員約30名が在籍している(ただし、部長は実際の試合に出場することはない)。他にレギュラー出場している審判員には、高校野球選手として甲子園に出場経験のある山本哲也らがいる。2008年からはシーズン終了後に最優秀審判の表彰も行われるようになり、田村光弘が最初の表彰者となった。2009年は神谷佳秀、2010年以降は山本哲也が3年連続で表彰されている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た天野浩一

    2006年5月から元NPB所属選手も受け付けることになった。NPB経験者については、当初よりトライアウト時の年齢制限がない。NPB経験選手第1号は広島東洋カープから香川に入った天野浩一。2009年8月には元阪神タイガースの伊良部秀輝が高知に入団し、NPBで個人タイトルを獲得した選手としては初の加入者となった。同年福岡に入団した元福岡ソフトバンクホークスの山田秋親は、シーズン終了後にトライアウトを経て千葉ロッテマリーンズに入団し、アイランドリーグに所属した元NPB選手でNPBに復帰した最初のケースとなった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た大和貴弘

    在籍者の中には将来NPB(日本プロ野球機構)やMLB(メジャーリーグ)の審判を目指す者もおり、過去には市川貴之・水落朋大・大和貴弘がNPBの審判に進んでいる。このうち市川は、2010年8月1日のヤクルト対横浜戦において一軍初球審を務めた(独立リーグ経験者として初)。またセ・リーグ入局4年目にしての球審は16年ぶりという異例の早さであった。2011年1月には20歳の柳内遼平がNPB審判に新規採用された。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た福井宏

    リーグ発足当時に、元セ・リーグ審判副部長の福井宏、NPO法人UDC(Umpire Development Corporation、本部東京/平林岳理事長)、四国地区全日本軟式野球連盟の三者の協力により運営が開始された。発足時のリーグの審判責任者は福井宏で、自ら当時の石毛代表にリーグの審判になることを志願して採用されたという逸話がある。福井は2006年のシーズンまでリーグの審判を務めた。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た加藤博人

    監督・コーチについては原則としてNPB出身者としているが、コーチ1名はリーグで1年以上の在籍経験のある元選手でも可としている。2012年に香川の元選手である近藤智勝がコーチに就任し、NPB在籍経験のない初のコーチとなった。また、近年は指導者としてのキャリアを当リーグでスタートさせ、NPBのコーチに転身するケース(加藤博人・岡本克道・前田忠節ら)も出ている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た西田真二

    最初の4年間に支配下登録された選手からは一軍に定着した選手が現れず、後発のBCリーグ(内村賢介が2008年に一軍に定着)の後塵を拝した。リーグ創設以来1年を除いて2球団で監督を務めている西田真二は、2008年5月23日に放映された日本BS放送の番組「大人の自由時間」の中で、「チームでは社会人野球のトップクラスの方がまだ(レベルが)高いところもあるし、個人的な能力でも各チームによって差がある。だがトップクラスになれば、社会人の一流どころ(と互角の選手)もいるのではないか。プロ(NPB)でもやれる力はある。ただ一軍で本当の実績を上げた選手がまだいないので、その辺が今からだと思う」と述べていた。その後、2010年8月に登録された福田岳洋が初めて抹消を経験せずにシーズンを終了した。2011年は三輪正義が開幕から主に代走として終盤まで54試合に出場、角中勝也が8月から閉幕までに主に右投手の試合でスタメン起用され(シーズン通算では51試合に出場)、ようやく野手でも一軍である程度の試合数をこなせる選手が出た。投手では金無英が8月以降に中継ぎとして9試合に登板した。2012年には角中が、国内の独立リーグ出身者として初のオールスターゲーム出場とタイトル(首位打者)獲得を実現した(規定打席到達も独立リーグ出身者として初)。一方、2008年からは戦力外通告を受けた選手も発生している。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たアレッサンドロ・マエストリ

    リーグの鍵山CEOは、2011年12月にウェブに寄稿した文章の中で、NPBにアピールする機会を設けるため、2012年シーズンより米国の独立リーグ出身の選手を各球団で雇う方針であると表明し、同シーズンに入団が実現している。その一人であった香川のアレッサンドロ・マエストリは2012年7月にオリックス・バファローズに入団した。シーズン中にリーグに在籍する外国人選手がNPBに入団するのはマエストリが初めてである。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

199件中 61 - 70件表示

「四国アイランドリーグplus」のニューストピックワード