199件中 71 - 80件表示
  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た岡本克道

    監督・コーチについては原則としてNPB出身者としているが、コーチ1名はリーグで1年以上の在籍経験のある元選手でも可としている。2012年に香川の元選手である近藤智勝がコーチに就任し、NPB在籍経験のない初のコーチとなった。また、近年は指導者としてのキャリアを当リーグでスタートさせ、NPBのコーチに転身するケース(加藤博人・岡本克道・前田忠節ら)も出ている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たディオーニ・ソリアーノ

    外部組織との連携での受け入れもあり、カープアカデミー(ドミニカ共和国)や、オーストラリア野球連盟などから選手を受け入れた実績がある。2009年にカープアカデミー出身のディオーニ・ソリアーノが育成選手として広島東洋カープに入団し、リーグに在籍経験のある外国人選手としては初のNPB入団者となった。在籍経験のある外国人選手のうち、2010年までに3人(うち1人はベースボール・チャレンジ・リーグ経由)がNPBに入団している。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た瀬戸山隆三

    この構想に対しては、社会人野球側から「育成選手制度の本来の趣旨と異なる」との指摘が出て、NPB内のほかアマチュア野球側とも調整が必要な状況となった。また、他の一部の球団からは「(イースタン・リーグの混成チームである)フューチャーズの活用が先ではないか」といった意見が出たため、2007年11月6日のプロ野球実行委員会でも継続審議となった。ロッテの瀬戸山隆三球団社長は育成選手を獲得した上で実現に向けて努力を続けるとコメントした。ロッテはこの構想に沿って11月11日に公開のトライアウトを実施し、アイランドリーグからも複数の選手が参加した。そして、11月19日のドラフト会議でリーグ出身者3名(高知2名、徳島1名)を含む5名を育成選手枠で指名した。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た水落朋大

    在籍者の中には将来NPB(日本プロ野球機構)やMLB(メジャーリーグ)の審判を目指す者もおり、過去には市川貴之・水落朋大・大和貴弘がNPBの審判に進んでいる。このうち市川は、2010年8月1日のヤクルト対横浜戦において一軍初球審を務めた(独立リーグ経験者として初)。またセ・リーグ入局4年目にしての球審は16年ぶりという異例の早さであった。2011年1月には20歳の柳内遼平がNPB審判に新規採用された。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    森田丈武(香川) - 東北楽天ゴールデンイーグルス育成1位(2011年退団)四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た石川ミリオンスターズ

    2007年10月28日 北信越BCリーグ(出場は石川ミリオンスターズ)との間で行われた日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップに、香川が3勝1敗で優勝。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た高松市

    2005年6月1日 本社が東京都目黒区から香川県高松市扇町一丁目25番52号へ移転。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た富山サンダーバーズ

    2008年10月28日 香川とBCリーグ優勝の富山サンダーバーズとの間で行われたグランドチャンピオンシップに、香川が3勝2敗で2年連続優勝。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たオークランド・アスレチックス

    2006年9月22日 - 10月12日 オークランド・アスレチックス傘下3Aサクラメント・リバーキャッツに所属の多田野数人が四国アイランドリーグ・徳島にスポット参戦。初のMLB経験者受け入れとなった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た日本プロバスケットボールリーグ

    新聞に関して、初年度は四国4県の地元紙でも取り扱いに大きな差があり、高知新聞では自社サイト上で試合結果、試合への記者独自の解説、特集・連載を掲載した一方で、愛媛新聞・四国新聞のサイトではほとんど扱われなかった(四国新聞はプロバスケットボールリーグ・bjリーグの高松ファイブアローズの方に紙面を大きく割いている)。この地元新聞での露出度の違いが初年度、高知の開催が最も当日券入場者の割合が多いといわれた要因の一つと考えられる。しかし、2年目では地元4社全てのほか、読売新聞大阪本社でも記事にしており、新聞での露出はかなり多くなった。2008年に加入した九州2球団については西日本新聞・西日本スポーツ・長崎新聞といった地元メディアのほか、読売新聞西部本社も記事にしており、四国4球団の発足時と比較すると露出度の格差は少なかった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

199件中 71 - 80件表示

「四国アイランドリーグplus」のニューストピックワード