199件中 81 - 90件表示
  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た任意引退

    2010年10月13日 解散の決まった長崎の選手に対する救済ドラフトを非公開で実施。希望者16人中8人が他のチームの指名を受けた。うち7人は10月28日までに指名先への入団が内定したが、1人は合意に至らず任意引退となった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たケーブルテレビ

    地上波テレビでの中継は、初年度開幕の愛媛対高知の試合がテレビ愛媛の制作で高知さんさんテレビにネットされた。2年目は、初年度優勝の高知対徳島の開幕試合がテレビ高知で放送された。ケーブルテレビでは十数試合放送されており、四国内のケーブルテレビネットワークにて配信・放送されている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た埼玉西武ライオンズ

    水口大地(香川) - 埼玉西武ライオンズ育成1位四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たドラフト会議

    なお、2005年度は特例としてアイランドリーグ所属選手全員がドラフト会議指名の対象となった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た日本野球機構

    当リーグは「地元ファン拡大」を目指しつつ人気・集客を第一にする「興行としてのプロリーグ」の側面と、日本野球機構 (NPB) 入りできる選手の育成にあたる教育リーグの側面とを合わせ持っている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たオリックス・バファローズ

    梶本達哉(愛媛) - オリックス・バファローズ育成1位(2011年退団)四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た日本プロ野球

    将来のNPB選手を目指そうとする選手たちによる、地域文化に根ざした従前のプロ・アマに属さないリーグ創設を目指す目的で設立された。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た阪神タイガース

    2006年5月から元NPB所属選手も受け付けることになった。NPB経験者については、当初よりトライアウト時の年齢制限がない。NPB経験選手第1号は広島東洋カープから香川に入った天野浩一。2009年8月には元阪神タイガースの伊良部秀輝が高知に入団し、NPBで個人タイトルを獲得した選手としては初の加入者となった。同年福岡に入団した元福岡ソフトバンクホークスの山田秋親は、シーズン終了後にトライアウトを経て千葉ロッテマリーンズに入団し、アイランドリーグに所属した元NPB選手でNPBに復帰した最初のケースとなった。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た四国

    四国アイランドリーグplus(しこくアイランドリーグプラス)は、四国4県を活動地域とするプロ野球独立リーグ。株式会社IBLJが運営を行っている。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見たプロ志望届

    なお、NPBのドラフト指名を拒否して加入した高卒選手及び大卒選手や、プロ志望届を出さなかった高卒選手に関してはこの限りではなく、他の社会人選手同様の指名制限を受けることとなる。これは、一度入団を拒否した選手がアイランドリーグを迂回して、結果的に社会人・学生経由よりも早くNPBに入団できてしまう事を防ぐための措置である。現時点ではプロ入りを拒否してアイランドリーグに入団した選手はいない。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

199件中 81 - 90件表示

「四国アイランドリーグplus」のニューストピックワード