前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
245件中 1 - 10件表示
  • 河原美結

    河原美結から見た四国電力四国電力

    2016年9月、四国電力CM出演河原美結 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市

    高松市から見た四国電力四国電力

    瀬戸内海に面する港町で、かつて国鉄の宇高連絡船が就航していたこともあり、四国の玄関口として四国を統轄する国の出先機関のほとんどや、多くの全国的規模の企業の四国支社や支店、また四国電力やJR四国といった、四国全域を営業区域とする公共サービス企業の本社などが置かれ、四国の政治経済における中心拠点である。高松市 フレッシュアイペディアより)

  • 清水収吉

    清水収吉から見た四国配電四国電力

    清水 収吉(しみず しゅうきち、1885年(明治18年)8月 - 1967年(昭和42年)8月5日)は、明治末期から昭和にかけて活動した日本の官僚、実業家。逓信官僚から実業界に転じて東邦電力副社長や四国配電社長を務めた。岐阜県出身。清水収吉 フレッシュアイペディアより)

  • 伊方町

    伊方町から見た四国電力四国電力

    四国電力伊方発電所(原子力発電所)があり、一時は四国の電力消費量のおよそ4割を供給していたが、全発電機が定期検査に入った2012年(平成24年)1月13日から送電を停止している。伊方町 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市の歴史

    高松市の歴史から見た四国電力四国電力

    この他にも四国電力本社の誘致に成功したり、都市銀行の支店設置などが多く行われ、この時期から高松市は四国地方の政治・経済の中心都市として中枢性を高めていった。高松市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 坂出送電塔倒壊事件

    坂出送電塔倒壊事件から見た四国電力四国電力

    坂出送電塔倒壊事件(さかいでそうでんとうとうかいじけん)は、1998年2月に香川県坂出市で何者かが四国電力の送電鉄塔を倒壊させた器物損壊事件である。坂出送電塔倒壊事件 フレッシュアイペディアより)

  • 大内三郎

    大内三郎から見た四国電力四国電力

    大内 三郎(おおうち さぶろう、1903年(明治36年)4月18日 - 1988年(昭和63年)8月27日)は日本の実業家、元四国電力社長・会長。福島県出身。大内三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 穴内川ダム

    穴内川ダムから見た四国電力四国電力

    四国電力が管理を行う発電専用ダムで、吉野川総合開発計画によって建設されたダムである。高さ66.6メートルの中空重力式コンクリートダムで、同型式では四国地方において大森川ダム(大森川)とこのダムの二基しか存在しない。穴内川発電所による揚水発電のほか、四国山地を貫き国分川にも導水を行っている。ダムによって形成された人造湖は穴内川貯水池と呼ばれ、通称はない。穴内川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 西条太陽光試験発電所

    西条太陽光試験発電所から見た四国電力四国電力

    新エネルギー総合開発機構から四国電力と電力中央研究所が共同受託して、1981年9月建設に着手、1986年2月完成した。約4万平方メートルの敷地に2万7千枚、合計1千KWの太陽光発電パネルが設置され、太陽光発電の普及に向けた各種実験が行われた。西条太陽光試験発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 早明浦ダム

    早明浦ダムから見た四国電力四国電力

    その翌年1950年(昭和25年)には、治水に加えて四国地方の懸案事項であった灌漑用水の新規開発による吉野川の利水も検討課題にするべく、経済安定本部が主体となって「吉野川総合開発計画」の策定が開始された。この計画には河川事業を司る建設省、灌漑事業を司る農林省、電気事業者である四国電力及び四国四県が参加し、1952年(昭和27年)には電力事業を促進すべく発足した電源開発が加わった。この総合開発計画では治水の他水力発電、銅山川分水の計画も含まれていた。当初の計画では吉野川本流に早明浦ダムと小歩危ダムの二大ダムを建設、さらに下流に池田ダムと川崎ダムの2ダムを建設するほか、銅山川には柳瀬ダム下流に岩戸ダムを、穴内川には樫谷ダムを、大森川には大森川ダムを建設して洪水調節と灌漑、及び水力発電を行うという壮大な計画であった。早明浦ダム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
245件中 1 - 10件表示

「四国電力」のニューストピックワード