前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
185件中 1 - 10件表示
  • 高松市

    高松市から見た四国電力四国電力

    瀬戸内海に面する港町で、かつて国鉄の宇高連絡船が就航していたこともあり、四国の玄関口として四国を統轄する国の出先機関のほとんどや、多くの全国的規模の企業の四国支社や支店、また四国電力やJR四国といった、四国全域を営業区域とする公共サービス企業の本社などが置かれ、四国の政治経済における中心拠点である。高松市 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市の歴史

    高松市の歴史から見た四国電力四国電力

    この他にも四国電力本社の誘致に成功したり、都市銀行の支店設置などが多く行われ、この時期から高松市は四国地方の政治・経済の中心都市として中枢性を高めていった。高松市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 伊方町

    伊方町から見た四国電力四国電力

    伊方町(いかたちょう)は、愛媛県の南予地方、佐田岬半島に位置する町である。四国電力伊方発電所(原子力発電所)があり、四国の電力消費量の約35%を供給している。2005年(平成17年)4月1日、西宇和郡瀬戸町、同郡三崎町と合併(新設合併)し、新たに伊方町となった。伊方町 フレッシュアイペディアより)

  • 坂出送電塔倒壊事件

    坂出送電塔倒壊事件から見た四国電力四国電力

    坂出送電塔倒壊事件(さかいでそうでんとうとうかいじけん)は、1998年(平成10年)2月に香川県坂出市で何者かが四国電力の送電鉄塔を倒壊させた器物損壊事件である。坂出送電塔倒壊事件 フレッシュアイペディアより)

  • 大田黒重五郎

    大田黒重五郎から見た四国電力四国電力

    当時経営が悪化していた芝浦製作所(現東芝)を再建し、同社専務等を務めた後に、各地で水力電気会社を設立した。これらの水力電気会社は現在の東京電力、九州電力、四国電力などの前身の1つとなっている。大田黒重五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 早明浦ダム

    早明浦ダムから見た四国電力四国電力

    その翌年1950年(昭和25年)には、治水に加えて四国地方の懸案事項であったかんがい用水の新規開発による吉野川の利水も検討課題にするべく、経済安定本部が主体となって「吉野川総合開発計画」の策定が開始された。この計画には河川事業を司る建設省、かんがい事業を司る農林省、電気事業者である四国電力及び四国四県が参加し、1952年(昭和27年)には電力事業を促進すべく発足した電源開発が加わった。この総合開発計画では治水の他水力発電、銅山川分水の計画も含まれていた。当初の計画では吉野川本流に早明浦ダムと小歩危ダムの二大ダムを建設、さらに下流に池田ダムと川崎ダムの2ダムを建設するほか、銅山川には柳瀬ダム下流に岩戸ダムを、穴内川には樫谷ダムを、大森川には大森川ダムを建設して洪水調節とかんがい、及び水力発電を行うという壮大な計画であった。早明浦ダム フレッシュアイペディアより)

  • 火力発電所

    火力発電所から見た四国電力四国電力

    日本で火力発電所を所有している会社は、主に10の地域電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)や電力卸売り会社(電源開発)である。火力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 商用電源周波数

    商用電源周波数から見た四国電力四国電力

    標準周波数60Hz - 中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力商用電源周波数 フレッシュアイペディアより)

  • 大森輝和

    大森輝和から見た四国電力四国電力

    大森 輝和(おおもり てるかず、1979年9月3日 - )は、香川県小豆郡土庄町出身の陸上選手。四国電力所属。世界陸上選手権ヘルシンキ大会10000m代表。大森輝和 フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛県

    愛媛県から見た四国電力四国電力

    1977年(昭和52年) - 四国電力伊方原子力発電所稼動開始。愛媛県 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
185件中 1 - 10件表示

「四国電力」のニューストピックワード