245件中 111 - 120件表示
  • 大橋ダム

    大橋ダムから見た四国電力四国電力

    大橋ダム(おおはしダム)は、高知県吾川郡いの町、吉野川水系吉野川に建設されたダム。高さ73.5メートルの重力式コンクリートダムで、四国電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・大橋発電所に送水し、最大5,500キロワットの電力を発生する。また、揚水式水力発電所・本川(ほんがわ)発電所の下池を形成。上池・稲村ダムとの間で水を往来させ、最大61万5,000キロワットの電力を発生する。土木学会選奨土木遺産。大橋ダム フレッシュアイペディアより)

  • 大橋ダム

    大橋ダムから見た四国配電四国電力

    その後、四国中央電力は大橋ダムの上流から仁淀川へ通じる分水路の建設を進め、1940年(昭和15年)に分水第一発電所(2万6,600キロワット)を、1941年(昭和16年)に分水第二発電所(7,800キロワット)・分水第三発電所(1万900キロワット)を運転開始。しかし、その間にも日本政府は電気事業の国家管理を目指して着々と準備を進め、1939年に日本発送電を設立した。四国中央電力は大橋ダムや分水系発電所を始めとする多くの水力発電所を日本発送電や、同じく国家管理の下に設立された配電会社である四国配電に出資し、1943年(昭和18年)に現在の住友共同電力に改名した。日本発送電は四国中央電力が進めていた開発を引き継ぎ、1949年(昭和24年)に大橋ダム上流で長沢ダムおよび長沢発電所(5,200キロワット)を、1950年(昭和25年)に分水系最下流にして最後の分水第四発電所(8,100キロワット)を完成させている。大橋ダム フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀高等学校 (旧制)

    佐賀高等学校 (旧制)から見た四国電力四国電力

    山口恒則(四国電力社長、四国経済連合会会長)佐賀高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2013年5月

    訃報 2013年5月から見た四国電力四国電力

    5月9日 - 近藤耕三、日本の実業家、四国電力元会長(* 1929年)訃報 2013年5月 フレッシュアイペディアより)

  • 大森川ダム

    大森川ダムから見た四国電力四国電力

    四国電力が管理を行う発電専用ダムで、吉野川総合開発計画の一環として建設された。高さ73.2メートルの中空重力式コンクリートダムで、四国地方では同じ四国電力が管理する穴内川ダム(穴内川)とこの大森川ダムの二基しか存在しない。吉野川本流にある長沢ダムとの間で揚水発電を行う。ダムによって形成された人造湖は大森川貯水池と呼ばれ、通称はない。大森川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 電力系通信事業者

    電力系通信事業者から見た四国電力四国電力

    STNet(旧 四国情報通信ネットワーク) - 四国電力電力系通信事業者 フレッシュアイペディアより)

  • 企業内学校

    企業内学校から見た四国電力四国電力

    四国電力 四国電気高等学院企業内学校 フレッシュアイペディアより)

  • コミュファ

    コミュファから見た四国電力四国電力

    コミュファ光テレビは2010年10月1日からサービスを開始したケーブルテレビサービス。電力会社系列ではeo光テレビ(ケイ・オプティコム=関西電力系列)、ピカラ光てれび(四国電力)、鹿児島光テレビ(九州電力系列)などに次ぐ。サービスエリアは三重県名張市及び伊賀市を除くコミュファ光提供エリア。地上波・BSともデジタル放送のみをパススルー方式で配信する。詳細はコミュファ光テレビの項を参照。コミュファ フレッシュアイペディアより)

  • 尾道短期大学

    尾道短期大学から見た四国電力四国電力

    経営情報学科:しまなみ信用金庫・玉島信用金庫・国民生活金融公庫・四国電力・東芝・トマト銀行・三井造船ほか。尾道短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 亀岡謙太郎

    亀岡謙太郎から見た四国電力四国電力

    愛媛県温泉郡三津浜町(現松山市)で、八原久治郎の三男として生まれた。松山高等商業学校(現松山大学)卒業。1934年、亀岡謙太郎家の養子となり、四国電力に定年まで勤めながらも家業をもり立てた。天神商工会の三代目会長として商工業の振興にも努力した。1962年から五十崎町議会議員を2期務めた。人権擁護委員として永年勤続した。亀岡謙太郎 フレッシュアイペディアより)

245件中 111 - 120件表示

「四国電力」のニューストピックワード